全体表示

[ リスト ]

木屋谷川(台高)

2008年8月31日  2名  7時間  曇




前日迄の雨の為、千秋林道・出合の橋から観る木屋谷川には
激流がほとばしっており、溯行にはちと厳しいかなという状態である。


右岸に登山道がついているので、ダメならよじ登ればいいかっ、
とりあえず行けるところまで行こうか・・と思う。


入渓8:05。入るなり対岸に渡ろうとするが、流れが急すぎて渡れない。
更に石飛びで足を滑らせ、流れに落ちて流されかけた(><)
もう全身ずぶ濡れ・・のっけから前途多難やね〜

イメージ 1



ここはやさしい右岸巻き

イメージ 2


渡渉、へつり、石飛び、泳ぎ、高巻きを繰りかえし、必死で前進を続ける。
流れとの格闘が続く。渡渉で足を取られ、又もや流されたぁ〜岩で止まる〜ほっ!


切れ落ちた崖っぷちで、20m下は急流で、落ちたらアウトという高巻きに出くわす。
あたりはどこも草付きの土壁で、岩のホールドがあるのはその細いバンド部分だけだが、
足元が切れ落ちていて、ぱっと見にはとても行けそうもない。しかし、ここを行くしか手はない。


泥と落葉で足は滑る急斜面、手元の岩角はあるが上の木枝までは手が
届かない・・じりじり乗り込んでやっと木枝を掴んだが、やや心もとない細さである。
次のホールドも遠く、掴んだ木にようやく足を乗せて上に這い上がった。


ここは絶対に落ちれないという私にとっては初めての核心部だった。


12m滝はトラロープでトラバースし右岸を登る。



9:54、奥山谷出合着。本谷は右手だが激流がほとばしっている。

苦難はまだ続くのだろうか・・。

イメージ 3




右の本谷を進み、鉄砲谷を左手に見てやり過ごすと、やがて谷は大きく右手にカーブする。
流れはやや穏やかとなり、自然林の癒し渓が展開する。


イメージ 4


イメージ 5




1100mを過ぎた辺りで二俣があり、右俣の方が水量が多かったので
右の小滝を登っていく。【ここは左が本谷だった】 楽しく登れる小滝の連続〜♪


イメージ 6


イメージ 7




傾斜は次第に急となり、流れはだんだん細くなる
やがて水が染み出している源頭部に達した

イメージ 8




詰めはミズナラとブナの原生林の美しい森

イメージ 9



飛び出た処は木梶山へ向かう馬駈場の直下の林道だった

イメージ 10



見覚えのある看板〜木梶山へは右手に北上する

イメージ 11



北部台高縦走路〜きのこの森は満艦飾
赤・白・紫・茶と色彩々。

イメージ 12



国見山山頂、12:21着。 2人握手を交わす、やったね!

イメージ 13



明神平をへて奥山谷沿いの登山道を下る

イメージ 14



奥山谷出合〜左岸より右岸に渡る

イメージ 15



出合の橋着、14:58。




千秋林道を下っていくが、
林道の途中で立派なクロアゲハ?に遭遇した
蝶に出遭うのは何だか幸せな気分になれるよね

イメージ 16





無謀ともいえる増水時の沢登り〜



無事に帰ってこられたのは、運が良かったからだろう



明日は墓参りに行ってこなくっちゃ〜



こんなアドベンチャーランドに心良くお付き合いくださったTさんありがとうございました!

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

今日はこの辺りに行こうかと思ってて雨降ってそうなので止めました。止めて正解だわ。
こんな水量の中、よく遡れましたね。拍手〜〜〜。

2008/9/2(火) 午後 6:03 はっさく 返信する

風邪ひいてる今はいや、入れない!(>_<)

2008/9/2(火) 午後 6:26 mamb_o_5 返信する

顔アイコン

国見山頂上の看板、木彫りで立派ですね。
以前に霊仙山で設置してるのに遭遇しましたが、同じ看板のようです。
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/92/6c/urania/folder/1036322/img_1036322_29216856_7?1142544054

2008/9/2(火) 午後 7:45 [ urania ] 返信する

顔アイコン

>はっさくさん、拍手〜ありがとうございます。
激流の中を突き進むのは、無我夢中でした。
よく無事で帰ってこれたと思います。

2008/9/2(火) 午後 11:07 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

>mamboさん、夏風邪はつらいですね。
お大事になさってくださいませ〜

2008/9/2(火) 午後 11:10 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

>uraniaさん、まったくプロ級の看板ですね。
字体も味があっていい。大普賢岳にも立ててほしいな〜

2008/9/2(火) 午後 11:14 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

水量によって沢は大きくその姿、難度が変わってきますね。
ドキドキだけど素晴らしい沢登りになりましたね。
この沢は私の相棒(だった?)T氏と知り合って最初に同行した沢です。
私達の場合は二俣を左へ入り、国見岳へ直登しました。30mくらいの滝があってその上は庭園のような素晴らしいブナ林が広がっていた光景が鮮烈に記憶に残っています。

2008/9/3(水) 午後 11:29 はなゴン 返信する

顔アイコン

>私も沢デビューがこの沢でした(^^)
穏やかな癒し渓でいい沢ですね。

2008/9/4(木) 午後 0:34 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

台高山系のほうが、いままで雨も多かったけれど、鈴鹿山系が、豪雨で、御在所など石が流され、しばらく鈴鹿山系、はいれない状況です。

2008/9/4(木) 午後 6:27 [ - ] 返信する

顔アイコン

>そうですか〜鈴鹿は豪雨で大変だったのですね。
沢筋も荒れているんでしょうか。

今年は台風まだ一度も来てませんが、台風来ない方が
かえって不気味で心配しますねぇ〜

2008/9/4(木) 午後 11:19 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事