全体表示

[ リスト ]

中ノ谷(岩湧山)

2009年3月8日   2名  4時間半  曇のち晴




岩湧山北面の谷・中ノ谷本谷を溯行・右俣谷を降渓してきた。



7:20 岩湧の森駐車場発。
7:31 中ノ谷林道取り付き。



7:41 最初の滝・2m。
イメージ 1


7:55 林道中ノ谷線終点。沢沿いに仕事道が続いている。
7:58 8m直瀑、左岸に明瞭な巻き道があった。


沢中の春(^^)
イメージ 2


8m斜瀑 〜 500m付近  
滝のすぐ右を乗り越えるが見た目より悪い〜Hさんにザイルを出していただく
イメージ 3



連瀑帯の楽しい登り
イメージ 4


進むほどに、沢は岩屑でガレガレとなり、更に蔓ブッシュが前進を阻む。
イメージ 5



やがて明るく開けた自然林の急傾斜の林床を登っていく
イメージ 6



長尾(支稜線)に辿り着く〜9:11、725m。
イメージ 7



五ツ辻でダイトレに合流。



9:45。いわわきの道を少し下った辺りから右下の自然林の中を下り始める。




落葉敷き積もる急峻な山肌を立木に掴まりつつ転がるように降りていく。
最後はザイルをたらし、中ノ谷源頭部に降り立った、10:06。
ここで初めてハーネスを装着する。



中ノ谷・右俣谷源頭部
イメージ 8



滝場が現れ、懸垂下降で降りる。
イメージ 9



イメージ 10



綺麗な流れ〜
イメージ 16



更に2回目の懸垂下降




3段30mの連瀑帯〜ここが岩湧山とは思えぬなかなかの迫力!10:43。
イメージ 11



サカモギ谷の連瀑帯より綺麗やん〜(^^)
イメージ 12



迫力の10m直瀑も懸垂下降で降りる。
イメージ 18



イメージ 13



手付かずの綺麗な沢
イメージ 14




やがて植林が現れ、沢沿いに仕事道が出てくる。
最後はこの堰堤に辿りついた、11:25。
イメージ 15




堰堤からほどなくで中ノ谷林道に出ることができた(二俣)11:28。



岩湧の森駐車場着、11:50。




イメージ 17




今回降渓した中ノ谷・右俣谷は500mを越えると



踏跡すらないまったくの手付かずの沢であった。



只、古い山地図には“ワラジ必要”となっているので



過去には溯行されていたのだろうね。




しかし、岩湧山にこのような綺麗な沢があるとは驚きである。



金剛山には悪いけど、丸滝谷より綺麗やん!



南葛城山には悪いけど、老舗のサカモギ谷よりずっと綺麗やん!

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

おつかれさまでした〜!
花の季節にまた行ってみたいと思いました。
今度は登りで。。(;^_^

2009/3/9(月) 午前 8:08 [ urania ] 返信する

顔アイコン

大変そうなところですね。見学だけにします。(笑)

2009/3/9(月) 午後 1:21 POT 返信する

ここがこんな谷だったとは思わなかったですね。
良いとこ教えていただきました。
行きたいリストに入れときます(笑)

2009/3/9(月) 午後 2:42 はっさく 返信する

顔アイコン

お〜。意外な所に、ハートをくすぶる谷あり・・・かな。
なかなかマニアックな谷ですよねぇ〜。

どこでも行ってみるべし、遡行してみるべし・・・やね(^O^) 削除

2009/3/9(月) 午後 4:24 [ tubonee ] 返信する

顔アイコン

>uraさん、中ノ谷・右俣谷は良い谷でしたね(^^)
“近場でほとんど知られてない穴場の良い谷がある”というのは
内緒にしておきましょう!(>瀑<) 削除

2009/3/9(月) 午後 8:28 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

>ポットさんならきっと大丈夫でしょう。
溯っていくのも面白いと思います。
詰めは落葉敷き積もる明るい自然林の森
なんで気分的に楽です。 削除

2009/3/9(月) 午後 8:38 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

>はっさくさんの“行きたいリスト”に加えて
いただき光栄です。地下足袋溯行でど〜ぞ! 削除

2009/3/9(月) 午後 8:46 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

>tuboneeさま〜(^^)
近場谷歩きマニア垂涎の谷となりそうです。
次に行ったらテープだらけだったらどうしよう〜(>瀑<) 削除

2009/3/9(月) 午後 8:51 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

uraさんとなら心強いですね。
横目で見ていた沢ですが、素敵な谷なのですね。

そろそろ沢の季節ですね。
お二人には沢の季節は関係なさそうですが・・・

2009/3/10(火) 午前 3:30 [ yoc*o*8 ] 返信する

顔アイコン

>yoccoさん、そろそろ沢の季節ですね(^^)
今年も安全第一で参りましょうね!

2009/3/10(火) 午後 5:50 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

こんな時期から沢なんて、お二人ともホントに沢○○ですね〜(笑)
こんなところにこんないい谷があったなんて、よく見つけましたね。

2009/3/10(火) 午後 7:30 はなゴン 返信する

顔アイコン

>はなゴンさん、知り合いの沢○○は1月からすでに
雪のない沢で溯行をしておられます〜
同行のuraさんの地図読みとルート取りの確かさには
いつも感心させられます。私は後をついていくだけの
お気楽沢ノボラーです。 削除

2009/3/10(火) 午後 11:58 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

はっさくさんのブログで知りました。でも、情報元はikkoさんだったんですね? 先日、3月末にわくわくしながら行ってきました。すばらしい谷でした。おっしゃるとおり、金剛山の丸滝谷・勘助屋敷よりもずっと雰囲気よかったです。満足でした。テープはつけてません。これからもあまり荒されない谷であってほしいですね? ありがとうございました。 削除

2009/4/4(土) 午前 9:25 [ ARAJIN ] 返信する

顔アイコン

>アラジンさん、ご訪問ありがとうございます。
早速中ノ谷・右俣に行ってこられたのですね!
“良い谷だった”とのお言葉嬉しいです。
私も溯行してこなくてはと思っています。 削除

2009/4/4(土) 午後 9:12 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

昨日、中ノ谷左俣に行きました。あの右俣の鮮烈な印象が強すぎて物足らない感じでしたが、三段の斜瀑では恐い思いをしました。(やっぱりはっさくさんは超人です。)
実は、つい最近まで、ikkoさんていうのは「一光」さんというお坊さんのようなハンドルネームの男性だと思ってました。(すいません)あまりに精力的に難所の谷を一人で行かれるので、てっきりそう思い込んでいたのです。認識を改めます。これまでイワゴノ谷やクソマル谷を行かれた記録など自分が登る参考にさせていただきました。改めて感謝します。ありがとうございました。 削除

2009/4/6(月) 午前 7:55 [ ARAJIN ] 返信する

顔アイコン

>おっしゃる通り、中ノ谷左俣の3段の斜瀑はツルツルっぽく、
滝を登るのは難しいようでした。我々は滝の右からあがり
トラバースしていき、立木を掴んで上がりましたが、
直下が切れ落ちていて怖く(私はビビリです)
上からザイルを出していただき乗り越えました。
もっと右から大巻きした方が楽だったかもです。

こちらこそ記録読んでいただきありがとうございます。
書く張り合いが出て、励みになります(^^)
イワゴノ谷>高天谷>クソマル谷も面白いですね。
近場の谷の情報があれば、また是非教えてくださいね! 削除

2009/4/6(月) 午後 11:19 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事