全体表示

[ リスト ]

2009年9月19日  単独  3時間  晴



和泉葛城山・南面の谷、コースケ滝谷を溯行してきた。
其処此処のバリエーションルートにぶら下がっている
“山は楽しい”の木札でおなじみのショウタンさんお勧めの谷である。




朝6時前に秋風吹きすさび、誰もいない和泉葛城山山頂トイレ前の駐車場に
着いたときはモチは下がりっぱなしだった。


茶店の下の広場に降りると、薄ぼんやりと飯盛山と龍門山の稜線が見えていた。
東屋の横からブッシュに覆われた踏跡を辿ると赤いテープが出てきた。
明瞭な登山道が下へ向かっている〜ここがコースケ滝谷西尾根に違いない。


沢支度をし(長靴・沢靴・鮎足袋を持ってきたが脱着がしやすい鮎足袋をチョイス)、
尾根道を下っていく。6:28発、840m


初めのうち快適な登山道は、やがて激下りとなる。
松葉と落葉でフェルト底はよく滑るね。




7:05、350m。薄暗い小沢に降り立つ、すぐ前に堰堤があった。
イメージ 1



小沢を横切り、踏跡をしばらくで、明るい沢を渡り、林道に出た。7:09、360m
イメージ 2



林道をやや下ると橋が見えた。山地図上の三ツ股か〜ここまで車で入れるようだ。



しばらく右往左往するが、結局、最初に降り立った小沢(おざわではなくこざわ!)が
コースケ滝谷だとわかった。


コースケ滝谷出合・堰堤前発、7:14、350m。


最初の堰堤は右から越える。
すぐに2つ目の堰堤〜左から越える。7:24、365m。


5m滝〜薄暗い左岸を巻く〜巻きの手元にマムシがとぐろを巻いてて緊張する。
イメージ 3             


5m滝の落ち口、7:38


8m斜瀑・左岸を巻く〜7:40、395m
イメージ 4



スラブ一枚壁が出てきた〜幸助滝か・・8:02、500m
イメージ 5



逆層・つるつるで手も足も出ない
右岸の疎林の中を樹木を掴みながら這い登る
イメージ 6



イメージ 7




幸助滝・最上部の階段状の滝
イメージ 8



幸助滝・落ち口〜8:20、565m
イメージ 9


10m滝〜右岸を登る
イメージ 10



二俣(ブッシュに覆われわかりにくい)は左へとる〜8:48、665m



水は涸れ出し、前方は酷い倒木で谷が埋まっている。
ここで初めての休憩を摂ろうとするが、黄色い偵察蜂が1匹すぐに
やってきて周りをブンブン飛び出した(><)
イメージ 11



もうここら辺りが潮時かと、尾根に上がることにし、藪の薄いところから
左手へ植林の急斜面を登っていく。8:52、680m
イメージ 12


明るい植林の立木のあちこちに黄色いテープが巻かれている箇所があった。
9:07、750m
イメージ 13


トラバース気味に斜上を続ける〜降りてきた登山道にぶつかるはずだが・・。
登山道らしき横道に出てほっとするが、やがて道はブッシュに消えてしまった(><)
9:15、770m



気がつけばいつものパターンで、笹ブッシュの中にすっぽりとはまり込んでいた。
とりあえず、北を目指して上に登れば必ず道に出るはずやね・・。又、藪漕ぎ!



前方に白いガードレールが見え出したのはまもなくだった(^^)
車道に飛び出した。9:20、790m
イメージ 14



山頂より紀ノ川市側にしばらく下った車道だった。
登り返して、駐車場に到着。9:30、800m



イメージ 15



コースケ滝谷は全般にやや薄暗い箇所が多い、狭い谷だった。
谷中にテープはまったくなかったが、ゴミや踏跡も散見され、
人は結構入っているようだった。


幸助滝は急傾斜のナメ状スラブ岩盤を流れる落差70m以上は
あろうかという滝で水量の多いときは迫力があるだろう。
滝を横目に見て右岸を登っていくのは楽しかった。


この谷は蔓や木枝が輪状になってぶら下がって
溯行の妨げになることが多かったので、冬枯れの方が歩きやすい。
又、水量の多い時の方がお勧めだろう。

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

意外に楽しめるかな・・・。
夏場は辛そうでうね。

2009/9/21(月) 午前 4:37 はっさく 返信する

三俣手前に車を停めれま〜す。もう少し寒くなってからですね。お疲れ様です

2009/9/21(月) 午前 6:49 POT 返信する

顔アイコン

>はっさくさん、今の時期は木枝ブッシュを振り払うのに
骨が折れます。冬枯れの水量が多い時に是非! 削除

2009/9/21(月) 午後 6:51 [ ikko1175 ] 返信する

顔アイコン

>ポットさん、この谷は小滝・中滝・大滝と
楽しめますね。巻きはあまり難しいものは
なかったです。 削除

2009/9/21(月) 午後 7:51 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

秋に単独沢はモチを上げるのが大変では無かったでしょうか?
雨が降らないので沢はカレカレ状態ですね。

2009/9/22(火) 午後 9:00 たろー 返信する

顔アイコン

>たろーさん、単独の沢はいつもながら出発するときには
不安でいっぱいで嫌なものですね。
私は臆病者なんで常に引き返すことを考えながら進んでいきます。
ここは近場の植林の谷のわりに楽しめました。 削除

2009/9/22(火) 午後 10:42 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

凄藪の祈滝谷ご苦労様でした。帰ってシャワ−を浴びたら真っ黒けの
だし汁が出てきました。おまけに引っかき傷+すり傷+打ち身のオンパレ−ドでした。私は結構面白かったのですが、今度は滝のある所に行きましょうね!! by motoyan 削除

2009/9/24(木) 午後 8:14 [ motoyan ] 返信する

顔アイコン

>すいません!まだUPしておりません。
藪漕ぎ2時間は強烈でしたね。
楽しかった!と言っていただいて
行った甲斐ありました。
次は冬枯れの時に致しましょうね(>瀑<) 削除

2009/9/24(木) 午後 11:44 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

水量の加減で随分違う谷になってしまいますね。
槇尾山の清水の滝も水量があまりにも少なくて
びっくりしました。

2009/9/26(土) 午後 1:59 [ yoc*o*8 ] 返信する

顔アイコン

>yoccoさん、近場の谷は水量が多い方が楽しめますね。 削除

2009/9/26(土) 午後 5:49 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事