全体表示

[ リスト ]

大天井ヶ岳(大峰)

2009年 1月11日  3名  6時間40分   曇



新笠木トンネルを抜けると辺りの景色が一変した。
道路には積雪があり真っ白、辺りの山々は冠雪し、
雪国に一歩踏み込んだようだった。


雪道は母公堂の先のゲマタ橋の袂で通行止となっていた。
林道毛又谷線は10cmくらいの積雪で車で入れないことはないが、
先が見えないのでここから歩くことにする。8:30発。
イメージ 1


50分の車道歩きで五番関トンネル前。
イメージ 2


更に20分の急登で五番関・女人結界前。
イメージ 3


有難いことにトレースが続いている。
イメージ 4



ワカンを出すことなしに、ツボ足で進む。
イメージ 5



五番関から1時間余りで大天井ヶ岳山頂(1438m)10:42着。
ガスで展望はなく愛想なし・・。北側の尾根を下り、百丁茶屋に向かうことにする。



モノレール索道に沿って激下りを降りていき、植林の中をどんどん下って行く。
イメージ 6


イメージ 7



山頂から1時間余りで百丁茶屋の小屋に着いた。11:48。
おや、煙が上がっているね!
イメージ 8


小屋には、単独で前鬼まで行かれるという年配の男性が居られ、
しばし山の四方山話に花が咲く。


帰りは安全策をとり、川上村側についている車道を帰ることにする。12:23発。


小屋から吉野方面に500mほど進むと、車道に出ることが出来た。12:36。
前方に大所山らしき山が見えたがすぐにガスに覆われる。
イメージ 9


長い長い、まだかまだかの横道の林道歩き〜川上村から天川村に抜ける林道に
合流する。10cmほどの積雪があるが、川上村側から乗用車が
ひっきりなしに登ってくる。天川村側は通行止のはずだが・・。


1時間半ほどで東屋が見えた。13:51。
東屋から大天井滝が眺められる〜左半分は見事に氷結していた。
イメージ 10


3段・大天井滝の下部
イメージ 11


五番関トンネル入口が見えたときは嬉しかった。14:26。
イメージ 12


ゲマタ橋、15:08着。




やっぱり、雪は楽しいね〜♪

この記事に

閉じる コメント(8)

大所山でしょうね。川上からは、規制が無かったようです。
帰りはチョー長かったでしょうね

2010/1/12(火) 午前 5:34 POT 返信する

顔アイコン

長靴さんが足に付けてるのは何かな?
有ったら便利かと思ってた、長靴用のアイゼン??

2010/1/12(火) 午前 5:41 はっさく 返信する

顔アイコン

>POTさん、林道歩きはとても長く、
行けども行けどもトンネルには辿りつけずでした。
今シーズンはあと何回雪の上を歩けるのかと思うと貴重な一時
だなぁ〜と思いながら歩いておりました。

2010/1/12(火) 午後 0:37 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

>はっさくさん、ご本人に伺ったら、あのアイゼンは
普通の登山靴でもOKだそうで、韓国で買われたそうです。
着脱も楽そうだし、外れにくそうで、なかなかの
優れ物のようですね〜

2010/1/12(火) 午後 0:42 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

沢もいいけど雪も楽しいですね。

ikkoさんのパワーも然る事ながら、
車のパワーもikkoさん譲りですね。

2010/1/12(火) 午後 10:11 [ yoc*o*8 ] 返信する

顔アイコン

>yoccoさん、まったく雪は楽しいですねぇ〜
スノーハイク、又ご一緒いたしましょう!

2010/1/12(火) 午後 11:10 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

その単独で前鬼まで行かれる予定の方にめちゃめちゃ興味シンシンなのですが(ホンマに行けたんやろうか)。

2010/1/18(月) 午後 11:14 [ 臆崖道 ] 返信する

顔アイコン

>臆崖道さん、前鬼まで行かれるとこともなげにおっしゃるのに
ビックリしました。単独で泊装備で真冬の奥駈道というのは、
山慣れた方でも難しいですよね。恐らくラッセル三昧でしょうし、
天候次第ではハイリスクですね。その方は綺麗に管理の行き届いた百丁茶屋の小屋にしばしば訪れるといわれていました。
ホンマに行けたんやろうか??

2010/1/20(水) 午後 0:33 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事