全体表示

[ リスト ]

上谷(大峰)

2010年5月30日  4名  5時間半  晴



大峰・茶屋ノ谷に行くつもりが、上多古林道崩壊。
いまだに通行止となっていた(><)やっぱり〜。
で、急遽、上谷(こうたに)に行くことになった・・。


駐車場発、7:46。
しばらく行った右岸林道から沢床に降りるが、結局は滝を巻いて又、林道に出た。


8:05、鉄の橋が見えてきた。
この谷は鉄の橋から溯行する方がよいだろう。


芽吹き前のこの4月に溯行したときは明るい谷だと思ったが、
樹林が生い茂り、やや暗い鬱蒼としたところが多くなっている。


8:28、V字滝
イメージ 1


ロープを伝い馬ノ背滝の釜へ降りる
イメージ 2


美しい滝〜木の根を掴んでの易しい右岸巻き
イメージ 3


2段30m〜水量が多くとても登れそうもない。
今回は釜が深く、前に落としたATCなどとても探せないね〜
ここは易しい左岸巻き
イメージ 4


岩の隙間を潜ると〜
イメージ 5


牛呼滝、9:10
イメージ 6


悪い垂直右岸巻き〜ベテランMさんがザイルを引っ張って一気に抜けた。
立木を掴んでのモンキークライムだが、足元は泥つきの岩壁で木はぐらぐら。
核心は立木が遠い2ピッチ目。掴むところが遠く、足は泥壁で滑る。


2ピッチ目〜Mさん、支点をまったく取らずに最速で抜け上がる
イメージ 7


9:50、全員林道へ這い上がる。


滝の落ち口を眼下に見てから、再び沢床へ降りる。
二俣は左へとる。


10:22、植林小屋(廃屋)
ビール瓶がケースごと積んであったが、ラベルのところだけ瓶ごと切り取られていた。


小屋前の滝
イメージ 8


癒し渓が続く〜
イメージ 9


イメージ 10


美瀑
イメージ 16



イメージ 11



イメージ 12


やがて目の前に大きな滝が姿を現した〜2段30mはあろうか
11:28、1150m。
溯行はここで打ち切りとなる。
イメージ 13


イメージ 14


目の覚めるような翠
イメージ 15



右岸に続く仕事道を辿り駐車場まで戻る、13:19着。
1時間10分の最速下山だった〜。



上谷は、牛呼滝の右岸巻き以外は初級者向きの谷である。
初級者にあの泥壁・垂直モンキークライムはちょっときついやろうなぁ〜。

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

岩の隙間を潜る時に中間で動けなくなりました〜〜
地下足袋を脱いで素足の摩擦でクリアーでした
懐かしい〜〜〜^ ^;
最後の滝は、確か〜左岸からは登れずに、右岸に逃げたと思います。
不確ですが。

2010/6/1(火) 午後 1:05 POT 返信する

顔アイコン

昨年ワタクシの家内が、会の教室山行で遡行しました。
稜線まで出たみたいですが、ズタボロになって帰ってきました。
初心者にはちょっとキビシメだったようです。
でも私も行ってみたいな〜イツニナルコトヤラ

2010/6/1(火) 午後 3:59 [ 臆崖道 ] 返信する

顔アイコン

>POTさん、あの隙間には流木がかけてありました。
体が硬いと通過はしんどいですね(>笑<) 削除

2010/6/1(火) 午後 10:48 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

>臆崖道さん、奥様も沢をされるのですね〜
きっと病みつきになられたのでは・・?
沢登りは危険で、きついですが、面白いですね。 削除

2010/6/1(火) 午後 11:03 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

2ヶ月連続で同じ沢に入るとは、
好きでんな〜〜!(笑)

2010/6/2(水) 午前 7:16 [ urania ] 返信する

顔アイコン

>uraさん、次は違う沢に行きたいです〜(>笑<)

2010/6/2(水) 午後 0:18 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

ご無沙汰してます。
懐かしく拝見させていただきました。
以前、牛呼滝は洞穴のすぐ右側を直登しましたが、今は登れそうにないですか?

2010/6/9(水) 午後 11:37 yo-ka 返信する

顔アイコン

>よかさん、お久しぶりです。
牛呼滝は見るからに厳しそうでした。
登れるルートがあるんですか〜
岩の熟達者でないと難しいと思います。 削除

2010/6/10(木) 午後 11:43 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事