全体表示

[ リスト ]

日野谷(京都北山)

2010年11月3日   3名  6時間   晴のち時雨のち晴



京都北山の東端、安曇川の支谷・日野谷(上部は足谷)を溯行してきた



湖西道路・真野ICよりR367(鯖街道)へ抜ける道路・R477号は
何故かレインボーロードと呼ぶらしい・・
そのレインボーロードをへて、“途中”から鯖街道を北上、
栃生バス停の手前に見える白い橋が栃生橋である
橋を渡ったすぐのスペースに駐車


日野谷出合発、6:43


水はいたって冷たいね(><)〜もう膝から上は濡らしたくない季節
なかなかの癒し渓である


7:13、325m二俣〜左の足谷へ入る
真っ直ぐな大木が目印

イメージ 1



イメージ 2


イメージ 3


黄葉が輝く
イメージ 4


8:18、480m二俣、左へとる〜方向が西側に向かう


苔蒸す蛸の足を持つ巨木
イメージ 18


大栃
イメージ 5


小滝の登りが楽しい
イメージ 6


巨樹
イメージ 7


谷を振り返ると逆光に黄葉が眩しい
イメージ 8


9:09、最後の二俣、左へとる
イメージ 9


ちょっと悪い岩溝をお助けロープで上がる


すぐ上のお化けのような大木
イメージ 10



眼前に岩壁(障子裏)が立ちはだかる
岩壁の黄葉が日に映え輝く
イメージ 11


水が切れて、ガレ場の登りとなる
次第に傾斜が出てくる


岩盤の裾、右手に斜上するバンドがあり、
このバンドを伝うが、上部でつまり懸垂で降りる


枯谷に戻り、次は左手の尾根にトラバース


苔蒸してよく滑る急斜面を木の根を掴んでのモンキークライム
ぼろぼろの木が多く、手堅いホールドまでが遠い
手を離せばたちまち滑落してしまうような際どい登りが続く
急傾斜のシャクナゲブッシュを潜り、跨ぎ、引っ掛け、這いながら進む


ブッシュ帯を抜け、更に潅木の中を進むこと約10分で登山道に出た


白倉岳(950m)山頂着、10:38
イメージ 12


樹林に覆われ展望はないが、真っ赤な紅葉が垣間見える
じっとしていると寒い〜合羽をはおり下山にかかる、11:10発
雨がぱらつき出す


中岳、11:21
樹齢400年を越えるという大杉
イメージ 13


時雨が降り出した
南岳〜大ブナの幹に熊の爪あと
イメージ 14


イメージ 15


紅葉・黄葉を愛でつつ尾根を下っていく
イメージ 16


山栗の毬が登山道のいたるところに落ちていた
イメージ 17


天気の移り変わりが激しく、降りてきたら青空が拡がっていた
稜線上での雨が嘘みたい


登山口着、12:56






夏場はヒルが多いというこの谷も



この時期は実に快適に溯行できた



苔蒸す岩に清流



面白い小滝登り



黄葉に色どられた栃の巨木



朱赤・緋色・橙・褐色・赤銅色・黄金色〜色とりどりの紅葉の尾根道



癒し渓の秋を堪能できた佳き一日だった

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

この時期の沢は膝上厳禁ですね。紅葉の癒しの森が美しい。きのこ、無かったですか?

2010/11/7(日) 午後 7:22 たろー 返信する

顔アイコン

>たろーさん、今年はあと何回沢に行けるだろうかと
思っています。例年に比べて今年はまだ暖かい方ですね。
大きなホコリタケを見ましたが、もうトウがたっていました。

2010/11/7(日) 午後 9:14 [ ikko ] 返信する

壁に映える、黄色いが良いですね、なかなか見れないし、空とのコントラストが素敵です。

2010/11/7(日) 午後 10:25 沢味家 返信する

顔アイコン

まだ〜沢してるんですか〜〜(笑)
良い森ですね〜♪

2010/11/8(月) 午前 10:22 POT 返信する

膝から上は濡らしたくない季節と言いながら、直登でシャワーしてるような(笑)
秋の谷間もキレイで良いですよねー。

2010/11/8(月) 午後 0:37 はっさく 返信する

顔アイコン

>沢味家さん、こんな綺麗な黄葉に巡り合える
機会はめったにないことでラッキーでした。 削除

2010/11/8(月) 午後 7:11 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

>POTさん、はい、まだ沢やってます(^^)
懲りませんねぇ〜 削除

2010/11/8(月) 午後 7:13 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

>はっさくさん、この時期シャワーを浴びるのはきついです。
巻き巻きの連続ですよ。秋の谷もいいですね(^^) 削除

2010/11/8(月) 午後 7:22 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

白倉岳は一回登りに行って雨で芦生に変更してから、
念願叶わずの山です。。
綺麗なところですね〜!!

2010/11/12(金) 午前 11:05 [ urania ] 返信する

顔アイコン

>白倉岳の稜線を源頭とする谷が他にも
幾つかありますが、おもしろそうですね〜
この辺りは夏はヒルが多いと聞きました。 削除

2010/11/12(金) 午後 0:22 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事