全体表示

[ リスト ]

2011年 5月8日   5名   7時間    晴時々曇




鈴鹿・三池岳の東面の水を集める宇賀川の支谷、山秋谷を溯行してきた。
咲き始めた花々が目を楽しませてくれる、鮮やかな緑が眩しい癒し渓だった。



先日開通したばかりの石槫トンネルに向かうR421号線脇のスペースに
駐車し、法面を降りていき、うらびれた水晶キャンプ場発、7:18。
イメージ 1


吊橋を渡らず、手前に川に降りる階段があり、入渓。7:23。


イメージ 2


自然林に覆われた白い花崗岩の明るい沢である


10mほどの滝が左右に2本落ちている
イメージ 3


両岸は立っていて危険。少し戻った右岸ルンゼより巻くことにする。
親子連れが先にルンゼを登って行ったので、この谷が間違って
いるとはこの時点で誰も考えつかなかった。


小滝がたまに出てくるだけで平凡な谷が続く
イメージ 4


椿の多い谷で名残の花があちらこちらに残っており、
赤い花を赤テープと見間違えることが多かった。
実際にはテープは皆無だったが。

 
二俣・450m、8:16
イメージ 5


余りに変化に乏しいので、ここへきてルートミスを認識した。  
地図とGPSで現在地を確認すると、最初の吊り橋の下方にあった堰堤を
溯るのが正解だったようで、別の谷にはいってる!(><)


本来の山秋谷に戻るには東へ向かって尾根を越えてトラバースしていかなくてはならない。
20分余りほぼ水平に小尾根を幾つか渡り、自然林の森をトラバースし、
ようやく山秋谷に降り立つことが出来た。435m、8:52。


やがて、ゴルジュ。
6m滝が行く手を阻み、上にも滝が続いている、ここは右岸巻き。


ちょっと悪いトラバースで滝を2本まとめて巻いた
イメージ 6


夏ならば浸かって越えるがここは左の岩棚に取りつき越えた
イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9

小滝登りが続く〜♪
イメージ 10



イメージ 11


近づいても逃げないあまご君に驚いた、擦れてな〜い!
イメージ 12


白い岩が続く明るい谷〜馬酔木が満開だった
イメージ 13


???    
イメージ 14


次第に傾斜が出てきた
イメージ 15


岩場にひらひらと咲いていた
イメージ 16


楽しい岩場
イメージ 17


いよいよ詰め〜最後は薄い笹を掴んで登る、マムシを見て緊張した
イメージ 18


山頂近くの登山道に出た、11:42、960m


三池岳山頂(971m)11:46 〜 風が強い
S野さんから心尽くしの山菜料理を頂いた(^^)
イメージ 19


お菊池(ぬた場)12:22
イメージ 20



下山は自然林の中、群界尾根を下るが、上部は急でややわかり難いところがある。
概ね境界のポール沿いに踏跡を下る。木の幹に赤い印がつけてあるが、テープはまったくない。



林道で又、出会った〜ここはマムシに御用心!


やがて東海自然歩道に合流し、
大きなモミの木を見て、
本来の山秋谷を渡り、


最後は元の吊り橋に戻った、13:42
イメージ 21




ミツバツツジ、イワカガミ、イワウチワ、馬酔木・・


咲き始めた花と浅緑の自然林の中、谷と尾根を歩いてきた。


春の一日を楽しむことが出来た(^^)







イメージ 22
                                              クリックで拡大します

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

鈴鹿へようこそ。最初のルートミスは痛かったですが下山はバッチリですね。私は下山で道を外したようで帰りは少し手こずりました。
緑も増えていい雰囲気ですね。

2011/5/10(火) 午前 0:15 たろー 返信する

山秋谷は、なかなか面白そうなコースですね。
ぜひ一度行ってみようと思います。

2011/5/10(火) 午前 6:08 鈴鹿探検人 返信する

顔アイコン

鈴鹿らしい明るい谷ですね〜。
「次第に傾斜が出てきた」の写真にある四角いコンクリートみたいなのは何でしょうか?

2011/5/10(火) 午後 6:38 はっさく 返信する

顔アイコン

>たろーさんのブログを参考にさせて
いただきました。明るく穏やかな谷でした。
下山道もとても雰囲気の良い尾根でしたね。 削除

2011/5/10(火) 午後 11:01 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

>鈴鹿探検隊さん、お久しぶりです。
鈴鹿は今年もう3回目です。
鈴鹿にはいつも裏切られませんです。
今回も全山自然林の良い谷でした。
是非、お出かけくださいね〜 削除

2011/5/10(火) 午後 11:09 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

>はっさくさん、あれはまったく自然の岩ですよ。
鈴鹿の谷は大峰・台高の谷よりは穏やかで短いようです。
ヒルはまだ見当たりませんでした。 削除

2011/5/10(火) 午後 11:15 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事