全体表示

[ リスト ]

石谷川本流(鈴鹿)

2011年7月31日   4名  7時間   曇



鈴鹿・仙ヶ岳の南面を源流とする石谷川を溯行してきた。
仙ヶ岳への登山道へ向かう林道の駐車場(堰堤が直下に見える)に駐車した。



広い川原へ降り立ち入渓、7:00発。
イメージ 1


小滝を楽しく越えて行く
イメージ 2


花崗岩の明るい沢
イメージ 3


イメージ 4


泳ぐ・浸かる・飛び込む
イメージ 5


8:44 堰堤が出現(><)


8:50 白雲の滝10m〜楽しい登り〜♪
イメージ 6


9:49 白いスラブ4m滝は左の凹角を登る
イメージ 7


10:04 CS2m滝は右から越える
イメージ 8


10:10 御所谷と白谷の二俣??
左俣の御所谷の方が水量多いようである
左岸にアルミの梯子が2つかかっている
登山道がすぐ上を通っているようだ。ここでランチタイム。
イメージ 9


右俣の右岸に平行して登山道が走っていたので、右俣・白谷??の沢中を行くことにする。
すぐに水は涸れてしまい10m位の涸れ滝にぶつかる。
右岸の登山道も消えてしまい、オカシイと思いながらもどんどん
上に登っていく。誰も引き返そうとは言わなかった・・。
何とか直登できる涸れ滝が続き、最後には左岸の尾根に逃げる。
気が付けばえらい処に迷い込んでいた。


前方には急峻な樹林帯が立ちふさがった(><)


11:03 谷を挟んだ右手向こうに岩塔群が見える。
イメージ 10


右手の谷へトラバースして行く方が易しく思えた。


茶色の涸れ谷に降り立った〜ここを登っていくしか手がない!?
イメージ 11


崩れやすいガレ場を進む


最後のザレ場(><)
イメージ 12


下からはそうは見えなかったのだが、
登るにつれ傾斜が増して行く。
手を触れただけで崩れる砂状の泥岩に恐怖が一層増す。
蟻地獄とはこのことか〜1人足を滑らせば全員落ちてしまう、マジ!
樹林帯まで後10mのところで天を見上げてGIVE UP(><)


Yさんにトップを変わっていただき、後は祈るのみだった。
ナイスバランスで見事に修羅場を切り抜けてくれたYさんに
拍手したかったが両手は掴んだ地面から離すことが出来なかった。


11:30 ザイルを垂らしていただきようやく安全地帯に出た。
イメージ 13


取りあえず上を目指せば仙ヶ岳に続く稜線の何処かに出るだろう。
薄い藪を漕いで登り、展望が効く処へ出た。11:44
イメージ 14


前方にピークらしき山が見えるが一番奥の高い山までまだまだ距離があり
しかもUP・DOWNがきつい(><)日暮までに戻れるのだろうか・・。


藪に覆われた支尾根の稜線を辿る。岩塔は概ね左側を巻いて行く。
先の見えない灌木とイバラの中を突き進む・・。
イメージ 15


12:19 南尾根登山道に合流した!嬉しかった(^^)


仙ヶ岳山頂はまだまだ先でもう幾つかの小ピークを越える必要があった。
ここまで無事に辿り着いただけでも良しとしよう。
イメージ 16



12:45 寛いで小憩の後、南尾根登山道、下山開始。



林道脇のカラフルきのこ〜食べられる!?
イメージ 17


13:57 汗だくで駐車地点着。
暑さのあまり、河原の浅瀬に体を浸すと小魚たちが寄ってきた。





前半は快適溯行、


後半はピリッと辛いザレ場登り&


先の見えない藪漕ぎ縦走


例によって、喉元過ぎれば熱さ忘れるで・・


楽しい一日でした〜♪




お世話になった皆さんありがとうございました!



後日頂いたGRS軌跡ではやはり二俣まで行かずに手前の谷を溯っていたようである
イメージ 18

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

すごいですね〜。私はアルミのハシゴのところで遡行を打ち切るのですが・・。赤いキノコはタマゴダケ(可食)だと思いますよ。

2011/8/1(月) 午後 11:52 たろー 返信する

顔アイコン

>たろーさんならほんのお遊び程度の沢でしょうね〜
ブログ、参考にさせていただきました。
あんなポップな赤いきのこは初めて見ました〜
毒きのこではないんですね。 削除

2011/8/2(火) 午前 0:07 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

間違いありません。タマゴタケです。美味です。スープに良いと思います。

2011/8/2(火) 午前 11:57 POT 返信する

顔アイコン

>POTさん、卵の殻から生え出ているようでした。
美味ですかぁ〜!?ホワイトシチューの具材にいいですね。 削除

2011/8/2(火) 午後 0:22 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

最初の写真、円形にブレを効かしているのですが、どんなテクニックを使われたんでぃw

2011/8/2(火) 午後 0:40 [ 臆崖道 ] 返信する

顔アイコン

>臆崖道さんのような高等テクではありませぬ。
ただの手ブレですやん〜(>瀑<) 削除

2011/8/2(火) 午後 4:42 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

う〜〜ん、一枚目私もどうやって撮ったのかと思ってました。
見事なテクニックです(笑)
鈴鹿らしい色の谷ですね。あまり滑らないのかな?

2011/8/4(木) 午前 7:22 はっさく 返信する

顔アイコン

>はっさくさんのお褒めに預かり光栄ですわ〜(>笑<)
岩のフリクションは良好で滑りにくい快適溯行でした。 削除

2011/8/4(木) 午後 0:22 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事