全体表示

[ リスト ]

カズラ谷(鈴鹿)

2011年9月11日   3名   4時間   雨のち曇




朝7時、宮妻峡キャンプ場を過ぎ、
鈴鹿・鎌ヶ岳への登山口駐車場に着いた途端に本降りとなる


雨の中、傘を差してお花摘みに出かけるが・・
帰ってくるとヒルが4匹体に食らいついていた
うち1匹はおしりに・・ぎゃぁぁ〜!


待つうちに雨は止み、8:20溯行開始


最初は登山道を行く 増水のため沢はやや濁っている
堰堤を越え、2つめの石積みの堰堤を左岸から巻き降りて入渓


イメージ 1


水量が多く楽しい直登が続く
イメージ 2


雨が降ったり止んだりするが、一旦シャワーを浴びれば雨は気にならないね〜
イメージ 3


9:39、10m滝
イメージ 4



10:27、12mスラブ滝〜S字状の岩溝をステミングで這い登る
イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


10:27、三俣は中央を取る


切り立った岩溝の間を進む
イメージ 8


10:34、右手から飛沫を上げて落下する15m滝
右岸の急斜面をトラバースして木の根を掴み、滝の上に出た
イメージ 9



傾斜は次第に急となり、岩間にかかる滝が続く


10:49、最後にやや被り気味の岩(残置ピトン有)を乗っ越すと
      流れは穏やかとなる
イメージ 10



10:55、炭焼き場跡の上が最後の二俣〜自然林に覆われている
  ここで昼食〜濡れているのでじっとしていると寒い
       Oさんからラーメンを半分分けていただきほっこり(^^)



11:32、昼食の後、二俣を左にとり詰めの開始
イメージ 11


11:40、900m〜藪のない明るい穏やかな登りを10分ほどで登山道に飛び出た(^^)
イメージ 12


ガスに覆われているので鎌ヶ岳山頂は断念し、すぐ下山にかかる
1時間で元の登山口〜朝は濁っていた沢の水は透明で綺麗な流れになっていた


12:40、カズラ谷登山口着〜山中はガスだったが降りてきたら晴れていた
イメージ 13



首筋に一匹食らいついていたヒルをひっ剥がす
沢友2名は林道の真ん中で盛大にヒルチェック! 



前半は雨中溯行だったが、適度に増水していてかえって楽しめた 
白い花崗岩のフリクションは抜群で、直登できる滝が多かった



カズラ谷は短いが楽しめる沢だった〜♪



イメージ 14

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

台風の影響で大峰、台高はしばらく行けそうにないですね。
宮妻峡はヒルが多いので行くのはいつも春か秋になってしまいます。
お尻、大丈夫でしたか?

2011/9/12(月) 午後 11:17 たろー 返信する

顔アイコン

>たろーさん、お膝元にお邪魔しました。昨日は下は晴れていたのに
鈴鹿の山中はガスに覆われ雨が降っていました。
晴れていれば綺麗な明るい沢でしょうね。
お尻はいまだに痒いです(>笑<) 削除

2011/9/12(月) 午後 11:29 [ ikko ] 返信する

カズラ谷は遡行できる谷なのですね。登山道しか歩いたことがありません。
沢沿いは、結構急傾斜の谷なのですね。

2011/9/13(火) 午前 5:56 鈴鹿探検人 返信する

顔アイコン

相変わらず、ヒル攻撃の鈴鹿ですね。
しかし、入渓前から被害にあうなんて・・・。
地形図を見ると滝マークはないものの、等高線の細かい、連瀑帯でしょうか。

2011/9/13(火) 午前 6:37 瀑やん 返信する

顔アイコン

>鈴鹿探検隊さん、おひさしぶりです。カズラ谷の右岸尾根に
登山道が伸びていますね。上に行くほど岩が立ってきますが、
ロープを出すほどではありませんでした。 削除

2011/9/13(火) 午後 0:32 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

>瀑やんさん、沢中では小さなヒルが多かったです(><)
次から次と直登出来る滝が出てきました。
初級の沢として楽しめるところです。

2011/9/13(火) 午後 0:41 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事