全体表示

[ リスト ]

丸塚谷(台高)

2011年10月2日   7名   5時間   曇




台高・竜口尾根の西面から流れ出る橡谷川の左岸支流に位置する
丸塚谷(一説ではセイロ谷)を溯行してきた


早朝、上北山村・北山宮前で前夜泊組6名と合流
(R169号線は杉の湯手前の左岸大崩落により右岸迂回路を通るが、
一車線交互通行の為10分位待たされます)


橡谷川沿いに舗装林道左岸を走り、トンネルを抜け、橋を渡ってすぐのスペースに駐車
橡谷川本流に降り立ち、膝まで渡渉して進んでいくと、
左からすぐに入ってくる支谷がある 
これが丸塚谷、7:52発・400m


変化のないゴーロ歩きを20分余りで堰堤が立ち塞がる〜8:18
左から巻くが、木の梯子が朽ちており降りれない
ここはいきなりの懸垂下降である


N山監督が新人Mさんに技術指導
イメージ 1


変化のないゴーロ歩きに飽きたころやっとアクセントが出てきた
緊張が走る・・


8:39、前方に8m斜瀑
奥は両岸屹立したゴルジュになっていて中は伺いしれない
イメージ 2


N村さんが左の岩壁を軽くフリーで登り、私は浸かって斜瀑下から取りつく
ロープを出し一人づつ確保して引き上げる


続くゴルジュ内部も淵はへつりで突破し、一枚スラブ岩は
N村さんにひとりづつスリングで引き揚げていただいた
イメージ 3


9:20、ようやくゴルジュを脱出!
岩間を縫っての溯行が続く
イメージ 4


9:39、6m滝〜左岸から巻く
イメージ 5


10:09、落口に車が乗っかってる2番目の堰堤〜右から巻く、易しい
イメージ 6


10:14、3段10m斜瀑、上部は木の堰堤〜左から巻く
イメージ 7


10:29、2番目のゴルジュが現れた
巨大岩のCS〜右の滝に取りつくには泳ぐしかない!
イメージ 8


N村&M内さんが果敢に泳いで(ぶるぶる)淵を渡り滝を登った
イメージ 9


私は数回のずぶ濡れトライの後(岩棚に乗ろうとするが水中スタンスが全くない)
ロープとスリングアブミで引き揚げていただいた〜もう腕がパンパンやん
寒さでガタガタと震えが止まらない(><)


泳ぎは心臓に悪いという4名は左岸のルンゼより高巻いた
M内さんと私は寒さで震えが止まらない
イメージ 10


10:51、ゴルジュを抜けると癒し渓が眼前に拡がった
イメージ 11


10:54、またしても堰堤〜N山監督の的確なアドバイスが飛ぶ
イメージ 12


堰堤を越えると右岸上部にガードレールが見えた
イメージ 13


12:06、堰堤からしばらく進み、登り易そうなところから詰めの開始
イメージ 14


最後は藪ではなく疎林だった〜林道へ乗り込む、12:20・700m
イメージ 15


林道沿いにあちこち咲いていた赤い花
イメージ 16


13:07、駐車地点着



イメージ 17





澄んで美しい水


磨かれたゴルジュ


自然林の癒し渓


まではよかったが・・


3つの堰堤と仕事ゴミ(特にワイヤーが多い)がやや興覚めの谷





でも、アクセスも下山も楽だったし、2つのゴルジュも面白かった
お手軽溯行のわりには楽しめました(^^)
お世話になった皆さんありがとうございました〜!

この記事に

閉じる コメント(6)

この日は尾根上で寒さに震えてましたがね
まだ泳いでる人が居るとは思いませんでしたわ
元気ですね〜

2011/10/4(火) 午前 8:33 はっさく 返信する

顔アイコン

この辺りは無事なようですね。台風12号以来、紀伊半島は壊滅かと思っていました。情報を頼りにしています。

2011/10/4(火) 午後 7:46 たろー 返信する

顔アイコン

>はっさくさんは尾根歩きでしたか〜10月になって泳ぐとは思いませんでした。浸かったあとの寒さは強烈でしたよ(>笑<) 削除

2011/10/4(火) 午後 11:28 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

>たろーさん、この辺り一帯は崩落や倒木も
あまり見当たりませんでした。上北山村は凄い雨量だった
はずですが・・。大台ヶ原への道は崩落しているようで
迂回路の看板がありました。 削除

2011/10/4(火) 午後 11:36 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

ここも入れそうですね。

先週は銚子川へ入りましたが、発電所迄は難なく行けましたが、それから非常に悪く木を切ったり石どけたりしましたけどタイヤ横やられて、高い遡行に。

それにしても活躍されてますね。・・・・鳴谷へは何時になるやら

2011/10/15(土) 午前 1:14 [ りんご畑 ] 返信する

顔アイコン

>benigatakeさん、御無沙汰しています(^^)
紀伊半島南部の谷と林道はかなり荒れているところが
あるようですね。往古川周辺の谷はいかがでしょうか。

今は身の丈に逢った癒し渓を俳諧するのが楽しいです。
有名でない穴場の癒し渓を御存知でしたら教えてくださいね。 削除

2011/10/15(土) 午後 0:43 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事