全体表示

[ リスト ]

天狗山(奥美濃)

2011年11月13日    6名   6時間半   曇時々小雨



晩秋の一日、奥美濃の天狗山へ登った。



前夜発で集合場所の岐阜県揖斐川町の“道の駅・坂内”へ向かう。
今回は試しに湖西線周りで木之本へ向かうことにした。


京都東ICより湖西線沿いにR161号を北上、マキノを過ぎた交差点“野口”で右折、
R303・R8号を通り木之本へ。R303号を岐阜方面へ東進、
八草トンネルを抜けるとまもなくで、日付の変わる頃“道の駅・坂内”に到着した。


大阪の自宅より220km、約3時間かかった。
復路は北陸道・名神経由で自宅まで226kmだったので距離はさほど変わらないが、
信号待ち・いらいら一車線などの湖西線周りと比べて、
時間的には米原経由で高速道路を使った方が断然速いことがわかった。


すでに出来上がっているメンバーと合流し、2時過ぎ就寝。
翌朝6時過ぎ、団体さんの到着で目が覚める。
熟年のグループで三周ヶ岳へ行かれるという。


さて、天狗山・・えらい藪山らしいが、事前情報は少なく
てっきり沢詰めかと思っていたらピークハントの登山なんだそうである。
沢装備しか持ってきていないので沢靴でいくしかないよね・・。
登山であるが、沢装備でよかったと後に思えるハードな山行だったのだが、
この時はそれを知る由もなかった。


“道の駅・坂内”からR303号を徳山ダム方面へ約5km、
クレー射爆場の看板のある橋を渡り、奥揖斐湖畔沿いに進む。
1kmばかり進んだ林道の膨らみに駐車。


尾根の取りつきにはロープと梯子が
かかっておりわかり易い。登山口発、8:20、220m。
イメージ 1


急傾斜が続くが、踏み跡はいたって薄い
イメージ 2
 

どんどん高度があがる一本調子の登り
イメージ 3



600mを過ぎたころから薄い藪が出てくるが、
藪の下に踏み跡は続いている。
藪をかき分け進む。
天気は下り坂で山頂付近はガスに隠れて見えない



9:59、787m〜ぶなの木の下で小休憩、
イメージ 4



800〜900m辺りの紅葉が綺麗だった。
が、紅葉トレッキングなんていう悠長なものではない藪と急坂が続く。



イメージ 5



イメージ 6



900m辺りから笹が現れる。
豪雪地帯の為、樹木が下に向かって伸びているので登りは実に厄介である。
傾斜は相変わらず急で、細い木枝や笹を掴みながらの苦しい登り。


11:38、1140m、やっと台地に出た。
三角点らしき石柱が立っていてそばにぶなの木がある!


ここが山頂かと思ったが山名板がかかっていないやん(><)
イメージ 7


山頂はもう少し先のようだ。
少し下った向こうにぼんやりと見える丘が目指す山頂かもしれない。


ここから山頂までの100m余りが×伐▼×筏▽×跋▼×バツ▽×状態・・。
薄い踏み跡がなくなり、すっぽり藪のジャングルに迷い込む。
猛烈アスレチック!! たまに踏み跡が出てくるが・・。
ヌタ場の左を通り、少し登ると太いぶなの木があったがこれも違う。
あとは向こうに見えている最後の木しかないね〜
果たしてこの最後の木が山頂だった。ふうっ〜!



12:02、天狗山山頂・1149m



木の前には細長くやや切り開かれたスペースと三角点があった
イメージ 8


ぶなの木の地上遥か上に木のプレートが2枚かかっている
イメージ 9


Mさんがスリングを引っ掛け攀じ登る
イメージ 10



小雨の中の藪漕ぎでずぶ濡れになり、
寒さに震えながら昼食を摂る。
 


下山は、樹木が下を向いて生えているので
いたって降りて行きやすいが、滑りながら、転がるように降りて行く。



400m付近で道を失い、右往左往するが、最後は植林帯の藪に突っ込む。
蔓が足に絡まり、何度か蜘蛛の巣に引っかかった虫状態になるが何とか脱出!
駐車地点のすぐそばに飛び降りることが出来た、14:39着。


イメージ 13





予想外にハードな山行でしたが・・


山の幸“ムキタケ&ナメコ”を分けていただきました
イメージ 11



※お鍋でいただきましたが“ムキタケ“の食感が素晴らしく、超美味!※


そして、
麗しい“ムラサキシキブ”
イメージ 12



と、奥美濃の秋を堪能してきました(^^)

    

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

Hさく師匠はヤブ好きだが、おそらく雪国のヤブは知らないはず。
私も姥ヶ岳の山頂付近で、モーレツなヤブにヒィヒィ言わされました。
ikko先輩のこの山行の足元には及びもつきませんがw

2011/11/16(水) 午前 0:02 [ 臆崖道 ] 返信する

顔アイコン

>臆崖道さん、まったくもって豪雪地帯の藪は厄介です。
地を這って生えている樹木の間を掻き分け、這い潜り、跨ぎ、
すり抜けていくのは難儀ですわ〜特に赤坂山直下(うつろ谷)
の藪はひどかったです(><) 削除

2011/11/16(水) 午前 0:51 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事