全体表示

[ リスト ]

三田谷(奥高野)

2012年4月29日    4名  10時間半   晴のち曇



十津川水系・神納川、三田谷(ビタタニ・上部は上西谷)を溯行してきた。



前夜発、風屋ダムサイトで車中泊。
翌朝、168号を北へ戻り、川津でR733号に入り、神納川沿いに西進する。
三田谷バス亭の先に伯母子岳登山口があり、傍らの広場に駐車。



7:48発、広い河原に降り立ち溯行開始
イメージ 1


右に左に頻繁に渡渉を繰り返し、平流を溯る〜石飛びの連続で目が廻る
イメージ 2


10:17、2時間以上のうんざりするほど長い辛い河原歩きの末、
ようやくマツオ谷出合、550m。一息入れる。


芽吹きが綺麗だ
イメージ 3


11:07、ようやくアクセントが出現、7m滝
イメージ 4


11:12、右岸を登り7m滝の落ち口へ、眼前に2段20m滝直瀑がかかる
イメージ 5


続いて右岸を巻き登るが、壁が立っており、M内さんがトップで抜け、
上からロープを垂らしてもらう。持てば崩れる岩の為、
頻繁に落石が起こる危険地帯だった。



12:48、約20m懸垂下降して、沢床に戻る
この右岸巻きで1時間半以上を費やしたことになる
イメージ 6


連瀑帯
イメージ 7


13:23、18m滝〜滝のすぐ右を登る
イメージ 8


2段15m滝〜左岸より巻くが緊張のトラバース
イメージ 9


谷に面して左岸を高巻くが、最後の3mが切れ落ちスリングを繋いで
滝の落ち口に降り立った
イメージ 10


イメージ 11


癒し渓が展開する〜♪


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


谷の盟主
イメージ 15


15:14、3段13m滝は楽しく直登
イメージ 16


15:27、左手から湧水、1000m〜残り150m程か
イメージ 17


15:47、明るい源流の森〜この辺り雰囲気がよい処 
イメージ 18


次第に傾斜は増し、最初の一滴が染み出す源頭部
倒木と岩の間を縫って這い登る
イメージ 19


16:02、登山道に合流(^^)1200m
イメージ 20



靴を履き替え長丁場の下りに備える、16:22発



芽吹き前の明るい自然林の森を通り過ぎる。

色鮮やかなミツバツツジ、

遠望の山桜、

足元に咲くピンクの菫が目を楽しませてくれるが、

1000mの水平道が果てしなく長い。



16:50、素晴らしく綺麗な眺望の良い公園のような処に差し掛かった
上西家跡〜往年の繁栄が偲ばれる
イメージ 21



薄暗い植林帯〜登り返しが辛い(>汗<)




熊野古道(小辺路)は整備の行き届いたとても歩きやすい道だった
単調な植林道を飛ぶように降りて、1時間50分。



18:13、登山口着




最初の2時間の河原歩きと、下山道が長いのがネックの三田谷。
上西谷は自然林の明るい谷で、登れる滝が多く、源流部も綺麗で楽しめました。
体力勝負の癒し渓といった感じの三田谷(ビタタニ)でした。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

お疲れ様でした。
1時間以上、待たしてしまいました。
ごめんなさい。
もう少し体力を付けたいです。 削除

2012/5/7(月) 午後 6:40 [ KT渕 ] 返信する

顔アイコン

>KT渕さん、お疲れ様です。慣れてきて、エンジンがかかれば
きっと凄いパワーを発揮されることでしょうね。 削除

2012/5/7(月) 午後 6:55 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。昨日三田谷から戻りました。ミツバツツジっていうんでうか。今頃のツツジはアケボノツツジで統一しようかなと思ってました。(~_~)伯母子岳山頂は寒風フキスサビで5.8℃でした。(T_T)下山は長かったけど気持ちのよい道ですね。

2012/5/13(日) 午前 6:00 [ dai*ya*ura2*0* ] 返信する

顔アイコン

>dai*ya*ura2*0*さん、おはようございます。
三田谷は新緑が綺麗だったでしょう!伯母子岳山頂
まで行かれて達成感ある山行でしたね(^^) 削除

2012/5/14(月) 午前 5:46 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事