全体表示

[ リスト ]

雪の釈迦ヶ岳(大峰)

2015年2月15日   4名   5時間半   曇



4度目の冬釈迦



奥吉野発電所から奥に伸びる林道栗平線は、
凍結している上に落石が多く、恐る恐る進む

数台の轍に安堵しながらも、6名+忠犬1匹が3台に分乗して進むが、
普通車2台を途中に残し、最後の駐車地点まで辿り着けたのは、
4駆のスタッドレス車1台だけだった


橋を渡ってすぐの雪のない平坦地に駐車し、9:45発
イメージ 1


途中、朝4時から、峠の登山口から登ったという2人の若者が
車で帰り支度をしているのに出合う
“危険立ち入り禁止の看板”(赤井谷への下降地点)
のあるところまでしか行けなかったという
ここからの林道歩きはあまりにも長すぎる


雪は少なく締まっていて歩きやすいつづら折りの林道を登ること45分で
下の登山口に到着した
イメージ 2


雪が嬉しくてたまらないRIO君&Eさんご夫婦とここで別れて、
登山口発、10:45。
イメージ 3


有り難いことにトレースが付いている(^^)
だが、進むことしばらくで撤退してきた2人の若者が降りて来た
どうやらこれから先のトレースはないようだ(><)
植林帯を微かな踏み跡とたまに出てくる色あせたテープに安堵しながら
高度を上げる


眼前に大岩が立ち塞がる急な尾根登りではYさんの絶妙のルーファイで
登り易いところから取りつき小尾根を越える
更に前方の自然林の立木が多い急な崖を登り、
右へトラバースして行くと支尾根に出ることが出来た(^^)11:26


倒木だらけの狭い支尾根に出たところ
イメージ 4


11:50、1465P 道標有り 太尾の稜線に乗った
イメージ 5


極寒・強風の尾根を進む
右手に大日岳が見えだした


イメージ 6


イメージ 7


風で雪が吹き飛ばされて歩き易い

イメージ 8


12:57、1618P・古田の森〜以前は谷側へ巻いて通過したので 
                 この看板は見なかった
イメージ 9              


13:08、古田の森からやや進んだところから
前方に釈迦ヶ岳の全景が拡がった(^^)
残念ながら曇天で山頂はガスに隠れている


しばらく待つと微かに山頂が現れた
イメージ 10


イメージ 11


山頂まであと1時間はかかるだろうし、
お天気の回復は期待できそうにない
時はすでに1時を過ぎており、残念ながらここで撤退とする
13:14、下山開始



イメージ 12


イメージ 13


15:19、駐車地点着



イメージ 14




今回も山頂までは行けずに残念!
2011年1月9日の記録http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/51686928.html



青空の下、雪の釈迦ヶ岳はどんなに素晴らしいか・・
2006年2月11日の記録 http://www16.ocn.ne.jp/~ikko/syaka.htm



機会があれば再び訪れたいものである!

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ikkoさん
御釈迦様には会えなかったけれど、雪の釈迦ヶ岳は夢の又夢でした。稜線を歩けただけで、釈迦ヶ岳に会えただけで大満足でした。
本当にありがとうございました。

2015/2/18(水) 午後 7:36 [ yoc*o*8 ] 返信する

顔アイコン

> yoc*o*8さん、
こちらこそありがとうございました。
あいにくの荒天、残念でしたね。
晴れた日に又行きたいですね!

2015/2/18(水) 午後 11:19 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

山頂ねらうのだったらやっぱり前鬼からでは 削除

2015/2/24(火) 午後 9:24 [ ショウタン ] 返信する

顔アイコン

>ショウタンさん、前鬼からでは泊装備(深仙宿)となりますね。
トレースは期待できないので多人数でラッセルするしかないです よね。

2015/2/26(木) 午後 9:04 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事