全体表示

[ リスト ]

鈴鹿・中ノ谷

2015年4月19日    10名   6時間   曇時々小雨




鈴鹿の鋭鋒・鎌ヶ岳の南西尾根(鎌尾根)から流れ出る
中ノ谷を溯行してきた。



8:07、宮妻峡の奥、カズラ谷出合の駐車地発。



林道ゲートから歩き出し、不動滝を過ぎ、30分ほどで中ノ谷に掛かる不動橋。
8:33、不動橋が中ノ谷出合。左岸道をしばらく進み、入渓。堰堤は右から超える。


8:39、2段10m、最初の滝
イメージ 1


水量が多く、シャワー必須である。
滝の左手から取りつき、バンドを斜上し、水流を跨いで左岸に移り、巻き上がる

ロープを張っていただき、一人ずつブルージックで登る。

イメージ 2


花崗岩の明るい沢である。
アクアステルスで快適に越えていける。


9:38、8mの滝〜ミニゴルジュの最初の滝
イメージ 3


Nさんがトップで抜け、後続はロープで一人ずつ登る


10:01、続くゴルジュ内で全身水を浴びて震えあがる
イメージ 4045


10:14、6m滝は、水流を避け左から登る
イメージ 5056



苔の絨毯に咲くイワウチワ
イメージ 15



10:37、右に滝が落ちている、前方に岩間滝が見える
イメージ 6


岩間滝は狭いすき間をボルダームーブで這い上がる。


11:09、白い8m滝は、下部が細かくバランスが要
      ロープ確保で一人ずつ登る  
イメージ 7


沢は初めてというYさんの登りに拍手が湧いた
イメージ 8


滝の上の二俣で昼食。


11:31、二俣は右にとり出発
イメージ 9


11:41、前方は切れ落ちた岩壁
水流は途絶えて、谷は崩れて、塞がれている様子
イメージ 10


左岸の小尾根に乗り巻き上がる。


11:59、再び沢床へ
イメージ 11


12:08、源流地帯の最奥部〜穏やかで明るい詰めが嬉しい(^^)
イメージ 12


最後は右の小尾根に取りつき、灌木を掴み急登。


12:19・1050m、鎌尾根の稜線登山道に到着

イメージ 13


鎌ヶ岳
イメージ 14


13:51、カズラ谷右岸登山道を降りること50分でカズラ谷出合着。



直登出来る滝が目白押しの明るい谷。
詰めも明るく明瞭で、下山も道標完備の登山道。



中ノ谷、鈴鹿では、お勧めの一本だろう!



しかし、今回、ヒルはまったく見かけなかったが、
これからのヒルの発生期にはえらいことになりそうですよん(><)

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

やはり沢屋さんの行かれる場所は凄いですね。
滝屋とは住む世界が違います。

・・・寒そう・・・

2015/4/24(金) 午後 9:25 瀑やん 返信する

顔アイコン

>瀑やんさん、シャワーをまともに浴びたら寒かったです。
ウエットの上着着てましたけど・・震えてました。

2015/4/24(金) 午後 10:19 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事