全体表示

[ リスト ]

ホタガ谷(鈴鹿)

2015年5月17日   2名   7時間   晴



1週間前まではこの谷の存在すら知らなかった
鈴鹿・ホタガ谷は日本百名谷なんだそうである


日本百名谷を早速ひも解いて、茂木完治さんの宇賀渓・ホタガ谷についての
文章を読んで、この谷に行って見たくなった
登攀系で沢3級だが・・・


タイミング良く、登攀系沢屋のYさんと日にちが合い、
己の技量も顧みず無謀ながらも、早速出かけることにした



7:26、宇賀渓 有料駐車場(¥500)発

7:47、白竜丸太橋  宇賀川に架かるかつての白竜橋は流され、
            跡型もなく、変わりに丸太橋が渡されていた
            橋の手前に休憩場とホタガ谷道の登山口(立入禁止のロープ有)がある
            ここから谷に降りていく(奥にホタガ谷出合の滝が落ちている)
イメージ 1


7:50、ホタガ谷出合の滝は左手から登る〜入口は薄暗く陰気で重い気分


7:56、15m直瀑〜最初の核心
イメージ 2


Yさんトップで左手から取りつくが下部がツルツルでスタンスがない・・
やゝあって、中段すぐ下の右手の錆びたハーケンに支点をとりやっと一息、
ふうっ!
中段の乗越は、左手の木枝に支点を確保し見事に上部を抜けられた
イメージ 3
     
    

 笛が鳴って、顔面蒼白(だったらしい)の私の番だが、やっぱり下部で難渋・・
 支点まで何とか上がり、震える手でスリングを回収
 登ったというより引っ張り上げて貰ったという方が正しい

  
  登り着いた樹木の支点から滝の落ち口へは5mほどだが立っていて降られ気味となる
  そのままロープで懸垂して降りる
イメージ 4


8:58、15m直瀑の落ち口


薄暗いゴルジュを進む〜不気味だ(><)どきどき・・
イメージ 5


ここは右岸のきわどい崖をへつる
イメージ 6


9:18、2段13m滝〜第2の核心(上部の滝はまったく見えない)
イメージ 7


滝の左岩壁より取りつく


ぱっと見では立っていて登れそうにないが、以外にホールド・スタンス
は豊富で、直上して後、右手の中段岩棚に乗り上がる
イメージ 8


中段岩壁には錆びたハーケンの支点があった


中段から右手へ降りて行き、落葉に埋もれたツルッツルッの白いスローパー岩を
2段這い上がる
ここは手懸かり足掛かりなく飛びついて腕力で登るしかない・・
イメージ 9


ビレー地点から2段13m滝の上部が見渡せた
イメージ 10 


上部岩壁を見上げると容易そうな登り(5・8位)であるが、
触ると崩れる脆い土壁で落石が多く緊張が増す
イメージ 11


10:30、2段13m滝を抜けた渓畔〜悪場を抜けてほっと一息入れる


谷はようやく穏やかとなり
廊下・小滝が次々と現れる
魚影がとても濃いね〜


登れる小滝が楽しい〜♪
イメージ 12


まるでプール!
イメージ 13


小鳥の囀りに苔むす沢床〜思わず“ 素敵!”の若緑の癒し渓
イメージ 14


木枝が邪魔する6m滝はシャワーで直登
イメージ 15


12:18、木橋が谷を横切る


12:23、650mの二俣は左へとる



12:42、分れ滝
イメージ 16


分れ滝は上段10mは見えず、下段のナメ状30mが見えるのみ
水量が少ないせいか、全貌が見えない為か、滝姿はイマイチ(><)
この滝は登攀意欲無く、右岸から巻き上がる


12:57、730m〜右岸の土溝を登って登山道に合流した


分れ滝から上は自然林ののどかな渓となる
蛇紋岩や石灰岩の変化に富んだ谷床を溯っていくが、伏流し、ほとんど涸れ谷状態


蛇紋岩
イメージ 17


蛇紋岩
イメージ 18


13:32、910m〜笹原の稜線が見える源頭部にて溯行終了!
イメージ 19


13:51、緑陰にて休憩後、下山開始


テープ明瞭・ロープ・木橋完備の整備されたホタガ谷道を下る
眼下のホタガ谷を眺めながら左岸登山道を降りていく
なんと険しい暗い谷を登ってきたことかとあらためて想う


15:05、 ホタガ谷道登山口着


険しい谷溯行から無事下山出来て、ほっと安堵する
帰路、癒しの水場で美味しい水をいただいた(^^)

  
幸いなことにヒルは見当たらなかった
日本百名谷・ホタガ谷は前半は厳しく、後半は楽しい、変化に富んだ谷だった(^^)

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

癸隠下命拭▲廖璽襪髪召Δ茲蠏彁擦型圓された日本庭園のようです。
光っているような蛇紋岩の紐も素晴らしいです。

2015/5/20(水) 午前 9:03 瀑やん 返信する

顔アイコン

>瀑やんさん、まるで人口のプールのようでした。
この谷の渓相・岩層はとても変化に富んで
いました。蛇紋岩は分れ滝から上部に多かったです。

2015/5/21(木) 午前 7:42 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事