全体表示

[ リスト ]

2016年5月22日   3名    7時間半   晴




台高の名渓・東ノ川本流の支流古川(坂本貯水池に注ぐ)の左岸枝谷である
ゴミキ谷・滝谷を溯行&下降してきた。




R425号線の備後橋が通行止の為、R169号線河合から
林道サンギリ線を越えて、坂本ダムへ下る。

出合橋、不動橋を渡り、かくれ滝の看板を過ぎ
トンネルを出てすぐの橋が“ミキ谷”出合。



7:56、入渓
深紅のウツギが出迎えてくれた
イメージ 1


8:04、20m滝〜左岸の樹林帯から巻き上がる
イメージ 2


8:32、20m滝の落口のすぐ上に堰堤有り


イメージ 3


8:55、3m斜瀑〜左岸よりの巻き
イメージ 4


10:04、トイ状ナメ10m
イメージ 5


11:04、水が切れるとガレ場の急登〜見上げると稜線が見えた
イメージ 6


11:26、1040m稜線着


涼やかな木陰で一息入れるが、虫がぶんぶん纏わりつく


11:56、下山開始〜滝谷を下降
イメージ 7


クライムダウン
イメージ 8


右岸に岩塔〜踏み跡を辿り下る
イメージ 9



岩塔を降りて見る〜岩の重なる15m滝
イメージ 10


13:21、斜滝5mは懸垂下降〜キンゴさんの残置をありがたく使わせていただく
イメージ 11


懸垂で降りた斜滝5m
イメージ 12


どんどん下るが、たまに振り返って見ると・・
イメージ 13


13:50、鹿ノ子滝・3段90mの落口
イメージ 14



さて、ここからが本日の核心である。
右岸をしばらくトラバースした後
もう一段下のテラスまで5m程降りる。


14:25、1回目の懸垂・30m
木枝が絡まり先が見えない
イメージ 15


14:49、2回目の懸垂・30m
切れ落ちた崖を下る


傾斜は幾分かは緩やかになり、滝まで左手に20mばかり
トラバースして行くと・・。


そこは・・鹿ノ子滝の上段テラスを見下ろせる場所だった!



あまりにも素晴らしい光景に絶句!
イメージ 16


ここまで降りてきた者にしか味わえない感動である(^^)
イメージ 17



15:30、踏み跡を辿り出合着
イメージ 18





イメージ 19




鹿ノ子滝90mは林道からは全く見えず"かくれ滝”と呼ばれている。
一見の価値がある巨大な滝である。


2本の谷の登下降と最後は大滝との邂逅・・。


何の変哲もない樹林に覆われた谷中にこんなにも
変化に富んだ面白くも楽しい世界が広がっているとは!


鹿ノ子滝の上部を真近に眺めての光景は今まで遭遇した滝の中では、
一番素晴らしい光景だった。


沢の世界に埋没して久しいが、今さらながら沢をやって
いてよかったと感じる溯行だった。




今回、滝の全貌を写してこなかったのが心残りである。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

鹿ノ子滝(隠れ滝)中段にこんな綺麗な釜があるのですか・・・
いいもの見せていただきました。

沢屋さんの世界の輝きに、圧倒されます。

2016/5/25(水) 午後 4:03 瀑やん 返信する

顔アイコン

> 瀑やんさん,かくれ滝出合から木橋を渡り、
上に向かう薄い踏跡が続いています。
それを辿ればあの釜を見ることは可能
だと思います。

2016/5/25(水) 午後 4:45 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

カクレ滝の懸垂、見事に短時間で下降してますね。さずがベテラン。私たちは4〜5ピッチかかったような・・。下が見えない懸垂は怖いですね。

2016/5/25(水) 午後 10:42 たろー 返信する

顔アイコン

たろーさん、あの滝は右岸の滝寄りに残置がありましたが、
我々はしばらくトラバースして行き、狭いテラスの太くはない
木の幹から降りて行きました。最初の30mは木枝の間を潜って
行くもので下が見えず厄介でした。ロープ回収もスムーズには行かず
に登り返してようやく回収できました。懸垂を待っている間、体を置く場所もほとんどない状態でした。多人数だと時間がかかりもっと大変だったと思います。

2016/5/25(水) 午後 11:17 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

2007年に私が入った時は稜線には小さな道がありまして、ゴミキ谷一つ上流を下降しましたけどロープも要らずに簡単に下れました。

ゴミキ谷は好きな谷の一つで何回も行こうと思いましたけど未だに行けずです。

2016/5/30(月) 午後 11:53 [ りんご畑 ] 返信する

顔アイコン

> りんご畑さん,ご無沙汰しております(^^)
その稜線の道を辿ればどんなに楽か〜(>瀑<)

滝谷下降はスリルの連続で、特に
カクレ滝の懸垂は藪がらみで緊張しました。

しかし、滝の中段から見た景色は、
今まで見た滝の中では、一番感動したもので、
震えが来るほど素晴らしかったです(^^)

2016/5/31(火) 午前 5:38 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事