全体表示

[ リスト ]

モジキ谷(大峰)

2017年6月11日   9名   8時間半   曇


道の駅 黒滝にて前夜泊。

三々五々、到着したメンバーは総勢12名。
芝生広場にて所属会代表のOさんのお誕生会。
お酒、ケーキ、手作りのご馳走が並び、クラッカーを鳴らし、唄を
歌い、賑やかに皆でお祝いをした。

イメージ 1



翌朝7時、モジキ谷9名、白子谷5名に分かれて、黒滝を出発。



さて、沢登りの入門コースとして定評のあるモジキ谷。
標高差976mのロングコースだが、
今回は体験2名を含む多人数である。

車を1台、白倉林道の下山予定橋の袂にデポし、2台でモジキ谷出合へ。
先行の釣屋さんの車が1台。


7:52、出合発
イメージ 2


イメージ 3


9:41、二俣980m〜右はバリゴヤ谷、左はモジキ谷本流


10:50、18m大滝〜水が少なく迫力なし
イメージ 4


大滝は左岸ルンゼから巻き上がる〜FIXロープあり
イメージ 5


トラバースで谷に戻る(そのまま巻き上がれば7m滝も容易に巻ける)
イメージ 6


朽ちた巨樹
イメージ 7


CS4m滝、以前は左岸の小尾根を登った箇所だが、
Oさんが岩を突破し、アブミをFIXされた 


CS4m滝〜アブミに乗り岩を越える
イメージ 8


土砂が堆積した
ガレの押し出しを過ぎると、


癒しの森が拡がった
イメージ 9


12:44、3段12mを楽しく登る
イメージ 10


傾斜が出て来る〜前方の岩壁を左に進むといよいよ最後の難所
イメージ 11


13:21、1610m〜最後の難所・岩越え
イメージ 12


岩を越えると後は100m程の明るい藪のない詰め。


階段状の獣道を辿り、シャクナゲの群落を愛でつつ、詰め上がる
イメージ 13


13;50、山頂まで僅かの登山道へ出た
イメージ 14


13:57、稲村ヶ岳山頂着 、1726m


立派な山名板も幾星霜をへて随分と色褪せた
イメージ 15


14:24、山頂発


クロモジ尾は明瞭な登山道を降りていく、
イメージ 16


切り開きを過ぎ、フェンス沿いに降りる。
小道はフェンス沿いに林道まで尾根通しに続いていて、
以前のように迷うところはなかった。


16:24、山頂よりクロモジ尾を下ること2時間で林道に降り立った。


クロモジ尾入口にはテープが有った
イメージ 17


沢初体験の2名の方も遅れることなく歩かれて、ロープ出し3回と
多人数のわりには迅速な溯行だった。


稲村ヶ岳山頂付近は、この時季に!信じられないことに、
シャクナゲが今が盛りで美しく咲いていた。
イメージ 18


梅雨のさなか、幸いなことにお天気に恵まれ、
大峰の渓を楽しむことが出来た楽しい溯行だった(^^)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事