全体表示

[ リスト ]

小橡川左俣谷(台高)

2017年6月17日   3名    8時間    晴




CS滝の連続する面白い谷として定評のある台高・小橡川左俣を溯行してきた。



大台ヶ原ドライブウエー標識NO79地点に車2台をデポし、1台で狭隘1車線の林道・辻堂山線を
小処温泉方面に向かって下る。途中、展望の良い東屋と駐車場があった。


小橡川が真下に見える右岸林道入口に駐車し、6:18発。


入渓6:25〜いきなりの急斜面を下って谷に降り立つ。
       樹林が覆いかぶさり、薄暗く陰気な谷である。



6:38、最初の滝〜この谷は2度目で勝手知ったるSちゃんは躊躇なく泳ぎ出す
イメージ 1


泳ぎを嫌うシニア2名は左岸からの渋い巻き〜結果的には浸かった方が早かった。


6:54、大堰堤
イメージ 2


大堰堤は右岸コーナーから巻き登るが、背丈以上のコンクリートの段々越えがきつい。
ショルダーと腕力をフルに使い疲れるわ〜。
 

7:21、ヒウラ谷出合


7:33、ヤッカンの滝10m〜右岸から亀ノ甲谷が出合う
イメージ 3


ヤッカンの滝は左岸からの渋い巻き〜切れ落ちたトラバースが怖い
滝の落ち口へ降りるのにロープ出しで、約30分程かかる
懸垂で降りた方が早い。


7:59、ヤッカンの滝落ち口

8:06、カクシ平〜平坦地


8:16、魚止の滝・8m〜右岸から巻く
イメージ 4

滝の上でトユ渕を飛び渡り、続いて6m滝。


8:28、トユ状のナメ滝〜釜を浸かって取り付く


8:31、美しい15m斜瀑
イメージ 5



8:50、二俣700m



8:51、大岩のCS8m滝〜左岸から巻く
イメージ 6



9:11、12m滝〜Yさんがリ−ドで突破された、上部がやゝ悪い
イメージ 7


9:51、8m滝
イメージ 8


10:25、悠然と大アマゴ泳ぐミニゴルジュの淵
イメージ 9

      全く逃げない、擦れてない!
      ここまで来る釣屋さんもいないだろう
      ミニゴルジュは右岸から巻く


10:43、930m、左から谷が出合ってる地点〜先に18m滝が見えている
イメージ 10


 
大滝はこのまま直進だが、急遽、恐らくは未踏未知の左の谷を詰めることに・・。



イメージ 11


イメージ 12



水切れが早く、涸谷を進み、高度を上げる。
残念ながら、滝は出て来なかった。


11:48、左岸壁にカムを噛まして1ピッチで抜ける
イメージ 13


12:31、1170m 8m岩壁に阻まれる
イメージ 14


下部が悪く10A位か〜なんせ沢靴なもんで
イメージ 15


岩壁の上の立木を支点にトップロープ登攀
カム&ハーケンを打ち、あーや、こーやとムーブを変えて取り付くお2人
イメージ 16



14:00、ひとしきり遊んだ後は、再び詰めの開始



どん付きは右手の尾根に逃げ、
イメージ 17



明るい尾根を灌木を掴みつつ、虫にブンブン纏わり付かれつつ、喘ぎ登る。
登るほどに傾斜は増して行き、滑る土壁と落石。最後は藪もなくドライブウエーに出た。



14:37、1375m、標識NO,83地点
イメージ 18



大滝は拝めなかったけれど、それなりにスリル満点の楽しい山行だった。 
小橡川左俣谷・・・又、是非、再訪したいね!



イメージ 19

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事