全体表示

[ リスト ]

滝洞谷(鈴鹿)

2017年9月24日   2名   10時間    晴
 



7:28、大君ケ畑(おじがはた)集落の墓場をスタート。
堰堤を右から超えるとすぐに滝洞谷の入口。谷には全く水がない。



薄暗い谷の入口は岩が覆いかぶさり、髑髏が半分覗いているように見えた。
余りの不気味さに、何かが写り込むのではないかと、
写真を撮るを止めた(>汗<)



最初の3m涸滝は、手前から右岸を巻いて懸垂で降りる
イメージ 1



8:02、第1の核心〜白いつるつる5m滝はアブミ3本の架け替えで通過
イメージ 2


最初の取り付きがやや遠くカムが決めにくそう。
抜け口のトラバースで緊張した。
イメージ 3



しかしここで大失敗!回収の際にカムを落としてしまった。
釜に飛び込んでカムを探す。
胸までの釜の水はあまり濁っておらず、底に沈むカムを探し回り
なんとか拾いあげたが、側壁が高く、しかも、つるっつるっで脱出できない(><)
岩の隙間にカムを噛まして、スリングアブミを作りようやく抜け出ることが出来た。




ボルダー力で越える岩場〜左足のスタンスが全くない
イメージ 4

引っ張り上げてもらうが、ここですでに疲労困憊!



石灰石のゴーロ
イメージ 5


滑るスタンスは慎重に通過
イメージ 6



ここは右岸の草付き泥壁から
イメージ 7



U字・涸滝3m・・・鳥がけたたましく鳴くが、人の声のように聞こえた
イメージ 8



左手へトラバース
イメージ 9



11:47、第2の核心・井戸底ゴルジュ
イメージ 10



イメージ 11



イメージ 12


ハーケンとカムとアブミ2でYさんはするするっと登られた。


何とかフォローで登り、やれやれと。
ギヤチェックをして顔面蒼白となる。又もや大失態!



回収して後ろにつけたはずのアブミを一つ落としてきた(>嘘や!<)
Yさんに懸垂で降りて回収し、登り返していだたいた。(>謝<)




眼前には釜の向こうにつるつるの壁!
釜を渡って登れそうには到底思えない
イメージ 13



まだましそうな左岸草付き泥壁にロープを伸ばす
イメージ 14


左岸は見た目よりは悪い滑る泥壁で、しかも岩が脆い。


ビレーしている私を目掛けていきなり20僂らいの丸い白い岩が降ってきた。
リードしている方向とは違う方向からなんで、何かに
狙われているように感じた。気持ち悪〜い。



14;15 懸垂で降りる



14:27 第3の核心・涸滝8m&3段25m
イメージ 15  


ここで大休止。
時はすでに3時前。
今までのペースで行くと眼前のゴルジュを抜けるのには
かなりの時間がかかりそうで、稜線に上がるまでに
暗くなるだろう・・闇下は何としても避けたい。


最後の核心を前に撤退を決める。
この陰湿で恐怖に満ちた谷とおさらば出来ると、
内心は嬉しかった。


谷を少し戻り、右岸の明るい尾根に取り付く。
暗い谷底から遠ざかるにつれ、今日はこんなにも明るい青空が
拡がる良いお天気の日だったんやと初めて気がついた。


明るい疎林の尾根を300mも登ると729P手前のコルに出た、16:17。
729Pの真下の鉄塔からは北方向の尾根を下り(テープ有り)
明瞭な登山道へ合流した、16:48。


集落の車道へ出て墓場着、17:21。
怪我なく明るい内に帰り着いたのが嬉しかった。


足元にはヒルが数匹、吸血3箇所。虻さされ1箇所。
更にYさんにはマダニが3匹食らいついていた。


この谷は安易に踏み込む谷ではないようだ。
侵入するものを何処かで誰かが見ているような気配を感じ、
鳥の鳴き声さえ人為的なものに思えた。


トップを行く者はクライミングとボルダーに長けた者でなければ難しい。
ザックを荷揚げして、カムやハーケン打って通過するというパターンの繰り返し。
トライされるなら、くれぐれもトレーニングを積んでからココロシテ出かけましょう。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ドキドキしながら読みました・・・少しの時間なのに肩がこります。
石灰岩の岩は滑りやすいのですか・・・ツルツルですね。

2017/10/3(火) 午前 6:00 瀑やん 返信する

顔アイコン

> 滝洞谷は全く異次元の世界です。
石灰岩が浸食されたつるつるの白い岩の
間をドキドキしながら潜り抜けていきます。
白い岩が乾いておれば、フリクション抜群で
登り易いですが、濡れていたら恐怖です。

2017/10/3(火) 午前 7:19 [ ikko ] 返信する

顔アイコン

滝洞谷はちょっと普通の沢とは違いますよね。井戸底ゴルジュの次の滝は手前のクラックをカム&アブミで越えました。
最後は迷路ゴルジュは簡単なのであそこまで行っちゃえばって思いましたが、そういえば我々も闇下で下山だったなあ。ラバーソールだったらもっと簡単だったかも

2017/10/3(火) 午後 10:55 たろー 返信する

顔アイコン

>谷中はクライミングシューズで通したパーティも
あるようです〜岩屋さんですが。確かにその方が登り易いですね。

最後の迷路ゴルジュは簡単なんですか!?前に立って観てとても
行く気にはなれませんでした。

2017/10/4(水) 午前 7:26 [ ikko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事