全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全86ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

霊仙山(鈴鹿)

2019年1月13日  霊仙山(鈴鹿) 単独  5時間  快晴



年末寒波以来降雪はなく、まだ雪は残っているだろうか・・。
出発直前まで迷った末、鈴鹿・霊仙山に行ってみることにした。


米原IC下車、R21号線沿いにしばらく走ると、
JR醒ケ井駅前に出た。


醒ケ井駅前からみた伊吹山〜雪はいたって薄い
イメージ 1


醒井渓谷沿いに林道を登っていくが、雪は全くなし。
朝8時前に榑ヶ畑の林道終点駐車場に着いた時は、2つの駐車場はすでに
満車状態。辛うじて唯一空いていた片隅に駐車する。


8:11、榑ヶ畑登山口発
イメージ 2

8:37、二合目・汗拭き峠を過ぎるとしばらくで雪が現れ出す。

9:15、五合目・見晴台から六合目は自然林の道。


樹林帯を抜けた六合目から七合目は、急傾斜の尾根をジグザグに登っていく
イメージ 3


9:39、七合目の広い台地で、単独の男性が2人ワカンを装着していた
イメージ 4

ふーんここから着けるんや・・。
私もすり減ったスパイク付き長靴に6本爪アイゼンと竹のワカンを装着した。
なるほどここからは雪が深い。


雪原の楽しいプロムナードを進む〜雪は大層重い
イメージ 5


経塚山への登り
イメージ 6


10:30、九合目・経塚山山頂
眼前に伊吹山
イメージ 7


経塚山山頂から見て、左が最高点、右の山の向こうが山頂
イメージ 8


一旦、鞍部まで降りて登り返す


経塚山を振り返る
イメージ 9


登りきると山頂が見えてきた
イメージ 10


御池岳・藤原岳方面
イメージ 11


10:59、山頂着、眺望絶佳〜風も比較的弱く暖かい
イメージ 12


下山はダイレクトに北斜面を下る


途中、風を避けて小休止
イメージ 13


イメージ 14


11:50、七合目に帰り着いた
イメージ 15


下山道は雪が融けてドロドロ状態〜長靴で正解。

駐車場着、13:02。



最高のお天気に恵まれ雪山を満喫することが出来た(^^)

雪がもう少し多ければ・・というのは贅沢過ぎるよね!


イメージ 16

この記事に

開く コメント(0)

1月6日 風折滝(台高・水越谷)  4時間  3名  曇



台高・奥香肌峡、宮ノ谷の右岸支谷・水越谷。
氷瀑で有名な風折滝を見物に。本年の初沢になるのだろう。
残念ながら氷結は一部のみだったが、時折風花が舞い散る中、
適度にスリリングな谷歩きだった。



林道終点駐車場発 8:14
蛇滝       8:45
水越谷出合    9:10
風折滝      10:05
水越谷出合    11:27
駐車場着    12:14


池木屋山登山口である宮ノ谷林道終点の駐車場までは車で入ることが出来た。
2名は長靴、1名は冬用登山靴にスバッツ。
水越谷出合までは美しい自然林の中を進み、
渓谷を眼下にみる整備されたハイキング道。


30分で蛇滝
イメージ 1


55分で赤い橋を渡って水越谷出合
イメージ 2


水越谷出合の道標には風折滝まで40分とあったが、1時間近くかかった。
谷に沿って巻き道とテープが付いている。


最初の左岸巻き道は谷中を歩いた方が簡単に通過出来る。
まだ新しいロープの付いた岩場が4箇所あった。


ロープに思い切り縋って谷に下り降り、
続いて、暗い岩場の隙間を掻い潜る

イメージ 3

イメージ 4


谷は水量多く、雪はまったくなかった。
真冬の沢登りは手や足を濡らすと体が冷えて命とりとなる。


イメージ 5


冬枯れの谷も又良し
イメージ 6


イメージ 7


ここが厄介
イメージ 8


イメージ 9


最後のロープ
イメージ 10


小1時間で眼前に風折滝が現れた
イメージ 11


残念ながら、氷瀑は下部にほんの少しだけ
イメージ 12


イメージ 13



強風で滝がくの字に折れている〜風折滝たるゆえん
イメージ 14


自然林の落葉に覆われた冬枯れの谷歩きをのんびりと愉しむことが出来た。


イメージ 15

この記事に

開く コメント(0)

 
2019年、本年もよろしくお願いいたします!



1月1日  二上山・雌岳  単独  快晴


元旦は例年のごとく、二上山・雌岳にて初日の出を拝みました。
今年は定刻通り7時10分にすっと気持ち良く朝日が揚がりました。
太陽が顔を出した瞬間、おおっとどよめきが沸き上がり、
いつもながらですが、感激しました。
シャッターを押すなり、いつものように元旦来客の準備の為、
飛んで岩尾根を駈け下りました。


イメージ 1


1月2日 金剛山  3名  曇


さて、怒涛のような元旦が過ぎ去り、2日は金剛山へファミリーハイク。

シルバーコース(細尾谷)の入口から少し進むとに右手に尾根に登る細い道が
出てきます。最初は胸突く急登ですが、ロープ―ウエーの鉄塔まで来ると
傾斜はやや緩くなります。
イメージ 2


ロープウェイの真下を横切るこの尾根道は歩きやすく、
比較的短いように思います。
最後はロープウェイ駅と香楠荘の間の遊歩道に出ます。
イメージ 3


残念ながら雪はほとんどなかったのですが、
孫と遊べてそれなりに楽しかったです。
下山は細尾谷を下りました。
イメージ 4


1月4日  大和葛城山  2名  快晴


奈良県側からかつて通行禁止だった櫛羅の滝からの尾根道コースを親友のSさんと登りました。
植林の尾根道は掘割状で結構長くしんどかった。
最後は自然林のジグザグ道で、落葉敷き積もるこの辺りはとても雰囲気がよく癒される
思いでした。山頂まで2時間半位かかりました。360度の展望が、楽しめました。



櫛羅の滝8m
イメージ 5


落葉の小径
イメージ 6


振りかえれば金剛山
イメージ 7

この記事に

開く コメント(0)

妙見谷(金剛山)

2019年12月30日 単独   4時間半  曇
    


年の瀬の半日、正月の準備をうっちゃって金剛山へ行くことにした。

久しく行ってない妙見谷へ行ってみよう。
9月の台風の影響で谷は多分荒れているだろう。


妙見谷の手前は倒木でずいぶんと荒れていた
イメージ 1


妙見滝〜水量がとても多い
イメージ 2


岩はベルクラ状で滑る滑る
イメージ 3


核心の2段の滝〜水量多く見ごたえあるなあ!
イメージ 4


左岸のロープを伝い、中段に乗る。


上部の滝は左側のロープを攀じる
イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


源頭部の目印の木は健在だった
イメージ 10


谷の源頭部の位置〜あと70m尾根道を登る
イメージ 11


山頂広場は積雪1
イメージ 12


妙見谷は妙見滝の手前は倒木で塞がれていた
そして、上部は谷の形状が変わるほど荒れていて別の谷
になったようだった。源頭部の目印の木を見た時はホッとした。

下山はタカハタ谷を降りたが、こちらは台風の被害は全くなかった。


妙見谷  上り2時間    
タカハタ谷下り1時間半

この記事に

開く コメント(2)

2018年12月23日 単独  5時間半  曇時々晴 


師走も残り僅かであるが、穏やかで暖かく師走とは思えない暖かさの中、久々の山歩き。
午後からは下り坂とのことでお手軽尾根歩きに出かけることにした。

和佐又口トイレ前発8:06−最初の東屋9:32−稜線尾根道(ピストン)10:29− 
2番目の東屋10:53−笙ノ窟への道標11:01−トラバース道欠落地点11:26−
巨樹ふれあいコースの道標11:32−見返り台地12:01−
和佐又ヒュッテ12:10着12:30発−トイレ前着13:29


和佐又口トイレ前に駐車し、8:06発〜先行車が1台駐車していた
イメージ 1

落葉を踏みしめつつジグザグ道を登っていく。
雰囲気の良い沢を渡るところで下にR169号線が見えた。

途中、一箇所倒木が道を塞いでおり、下の斜面へ降り迂回する
イメージ 2


道は高度を上げ1050m辺りで西に向かってトラバースして行くようになる。
薄暗い植林帯の中、道は明瞭に続いている。


9:32、最初の東屋にて休憩、展望なし
イメージ 3


引き続き杉の植林道。
稜線まで最短30m位のところで稜線尾根に上ってみることにした。
枯枝敷き積もる斜面を5分も登ると明るい稜線に出た、10:29。


伯母峰から日本岳への笙ノ窟尾根である。

テープが多く巻かれており、
明瞭な道標もあるところだった
イメージ 4


イメージ 5


このまま尾根を西に進めば日本岳だが、根性なしの私は、
冒険は次回にしようと再び元の道に引返した。


やがて植林帯を抜け、辺りは明るい自然林となる。


10:53、2つ目の東屋〜和佐又山が見えてきた
イメージ 6


以前、積雪期に樹氷バスに乗ってこの尾根道コースを通り、
ここを通過した際、この辺りの雪道トラバースは切れ落ちていて
ずいぶんと怖ろしかったことを思い出した。


11:01、苔蒸した岩稜帯を過ぎると明瞭な道標があった。


道標は笙ノ窟へとあり、踏跡は上方に向かっている
イメージ 7


道標のあった地点です
イメージ 8


イメージ 9


次に広い枯れ谷を渡る箇所でテープがふっつり途絶えた。
GPSで確認すると道はあくまでトラバースで、上へも下へも行ってない!?
眼前の小尾根に取り付き上って行くと下にテープが見えた、11:26。
和佐又から来る時にはテープがはっきり見えるが、逆方向からだと全く
わからない。ガスや悪天候時には迷いやすいところである。


11:32、巨樹ふれあいコースの道標あり、このコースは沢の上部に向かっている
イメージ 10


落葉に膝まで埋まる師走道
イメージ 11


12:01、見返り台地の裏に出た〜3つの石碑
イメージ 12


12:10、和佐又ヒュッテ着、小屋前のベンチで一息入れる
イメージ 13


12:30、和佐又ヒュッテ発。

下山は最初、林道をショートカットしながら舗装林道を降りていく。

13:07、沢道コース入口。

13:29、和佐又口トイレ前着。


イメージ 14


和佐又口から和佐又ヒュッテに向かう尾根道・展望コースは
前半の植林帯の道は明瞭であるが、後半の自然林の道は不明瞭で、
テープ頼りの箇所がある。

見返り台地でも和佐又ヒュッテでも人には遭わず、
終始誰にも出遭わずの山行だった。



♪〇◇▲◎◆▽※●□△♪〇◇▲◎◆▽※●□△〇◇▲◎◆▽※●□△♪〇◇▲◎◆▽♪



いつも弊ブログを訪問していただきありがとうございます。

本年も足の不調を抱える中、山行回数は沢中心に遠近長短含め60回となりました。
長年の念願だった屋久島縦走・十国山・スケン谷、滝洞谷のリベンジ、
そして雪の鈴鹿も。それぞれに目一杯楽しむことが出来て満足、満足!

これからも細く、長く、マイナーな沢を中心に歩いて行きたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

この記事に

開く コメント(0)

全86ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事