過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

上葛谷供並臺)

2010年9月12日  5名  10時間  晴



前夜、大阪を発ち、五条・本陣よりくねくね十津川街道(R168号)をひた走る。
十津川の道の駅を過ぎ、しばらくで左折してR425号へ。
民宿うらしまの看板に従いトンネルを抜け、上葛川の集落へ降りていく。
舗装道を道なりに進んだドンつきが笠捨山登山口である。
家からは丁度3時間で到着した。


この7月に雨の為途中撤退した葛川上流部を
http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/50934588.html
今回は笠捨山頂まで詰めあがろうという計画である。

満天の星空のもと小宴の後、明日の晴天を期待して眠りにつく。



6:10発。
水量は少なめで溯行スピードはいたって速い。
イメージ 1


つるつる斜瀑擂り鉢状は、トップが左側壁をへつり、
ザイルを垂らしてもらいゴボウで抜ける
イメージ 2


7:06、20m滝に阻まれる。ここは少し戻った右岸のバンド状の岩壁を登る。
最初のワンポイントのみザイルを固定して抜ける。
イメージ 3


7:32、枝又の滝
この滝の巻きは左岸ならば大巻き、右岸ならば最初は樹林の中を
登れそうだが、上部は壁が立っている。
イメージ 4


この支谷(枝又谷)の溯行記録は未だ見たことはない。
上部に滝マークがあり、余り長くはない谷なので、
行ってみても面白いかもしれない。w


斜瀑を直登
イメージ 5


7:54、不動滝〜水量少なく迫力なし
イメージ 6


8:59、5m滝〜巻くなら右岸よりの大巻きとなる
逆層スラブの滝の右上部に錆びた残置ハーケンあり
    イメージ 7




右上部はつるつるの1枚岩で悪い。
ここもトップが垂れ下がった頼りない倒木に縋って決死で抜け、
ザイルを出していただき1人ずつ登る。
イメージ 8



10:02、15m美瀑〜左の暗い岩壁にもう1本細い滝が見える
イメージ 9


最右岸のガレた岩溝を登っていく。(ここには踏跡がない)
ピッチを1回きり、トラバースして細い滝の落ち口に出た。
トップのナイスルート取りに脱帽!


小尾根を跨いで15m滝の落ち口に出るが、大釜を持つ15m斜瀑が上に続いており
引き続き右岸を巻く。斜瀑の落ち口へのトラバースがやや悪くザイル確保で抜けた。
10:45
イメージ 10


11:01、8mトユ状の滝〜右岸壁を登る、5・9の登りか。
イメージ 11


釜を泳いで斜瀑の直登〜♪
イメージ 12


ナメが多い、水が綺麗で魚がよく見える。
ナメ&小滝の連続に嬉しい悲鳴を上げるが・・


水に浸かれば寒い!
歩けば暑い!
・・って贅沢いうな!!



イメージ 13



11:37、立ち塞がる要塞のような3段18mの滝〜水はほとんど流れていない
この滝の左岸巻きの途中で
イメージ 14


1000mを超えてきた。
左岸に朽ちた小屋の残骸あり。
ここからは凡流が続く〜長い!


12:20、二俣〜右へとる


12:33、水がほとんどない3段15m滝〜苔蒸した階段状の滝、
これが最後の滝となる。


滝の右から取り付き2段目へ乗る、左へトラバースして苔蒸した階段状の岩壁
を登り、3段目は滝の右手から樹林帯のブッシュの中を巻き登る。


12:44、3段15m滝の落ち口にて〜この登りは面白かった!
イメージ 15


この滝を最後に水はだんだんと枯れてきた。
ガイドではここから更に連瀑が続くとなっているが、
まったく地形が変わってしまっているようだ。
20分ほども登るとついに水は途絶えた。


13:05、左手にとり、詰めの開始。


植林帯の苦しい登りを約20分で
笠捨山の山頂(1352m)にダイレクトに詰めあがった(^^)13:22着。
イメージ 16



秋茜と蝶が舞う山頂で、憩いのひとときを過ごした後、下山にかかる。



葛川辻から長い長い長い“郵便古道”を降りていき、
15:49、登山口着。



夏枯れの上葛谷・・。
水量は少なく、滝の迫力はなかったけれど、
泳ぎ・小滝の直登・ナメ歩きと存分に楽しめた。
ちょっと辛い箇所もあったりして面白い沢である。

後半の凡流歩きと下山道が長いのはつらいところであるが、
暑い夏にはお勧めの1本だと思う。





完全溯行出来て嬉しかったです!
お世話になった皆さんありがとうございました〜♪

この記事に

開く コメント(13)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事