過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

光谷(台高)

2017年8月12〜13日   光谷(台高)   9名   晴



銚子川水系・光谷右俣を溯行してきた。


【8月12日】
   
   清五郎橋・ゲート前P−二俣(入渓)−3段40m滝−末広30m滝−
   10m滝落ち口(撤退)−末広30m滝落ち口−左岸尾根−二俣(幕営)



前夜発。三重県紀北町R42号線沿いにある道の駅・海山(みやま)にて9名が集合。


翌朝、テントが立ち並ぶ種まき権兵衛の里を過ぎ、銚子川沿いに溯る。
青く澄んだ銚子川の美しい水面が何処までも続く〜さすが、日本有数の清流である。


銚子川第二発電所を過ぎると道は悪路となり、
清五郎橋までがとても長く感じられた。


やがて不動谷にかかる清五郎橋の先に白倉林道のゲートがあり、終点。


橋の手前のスペースに3台を駐車し、沢支度。ゲート発8:06。
まだ朝の8時過ぎだというのに、すでに汗たらたらの灼熱の林道歩き。


トンネルを4つ越え、橋を渡り、二俣着、9:00。


二俣は平坦で広く、槇もふんだんにある泊適地。
多人数で沢泊地の目途がつかないので、光滝までのピストンに予定を変更し、
荷物はここにデポすることに。
 イメージ 1


二俣より光谷右俣へ入渓、9:15。


イメージ 2   


イメージ 3    


10:00、3段40m〜この右岸巻きが核心か
イメージ 4    


左手のガリーよりブルージック登攀(二手に分かれて登攀する)
イメージ 5   


尾根の上部までどんどん追い上げられ、懸垂下降3回でようやく谷に戻る
イメージ 6   


12:11、直瀑12mは左の岩溝を登攀
イメージ 7   



12:30、すぐ上に大釜〜気持ちよさげに泳ぐNさん
イメージ 8   


13:00、大釜よりはすぐ左の尾根を巻き登り、末広30m滝前に降り立つ
イメージ 9 
  

末広30m滝は釜の対岸にへつり渡り、左岸より容易く巻き登る
イメージ 10
    


13:16、末広30m滝の落ち口〜開けた河原で初めての休憩を摂る。



13:39、10m滝〜右岸を大巻し懸垂で谷に降りる
イメージ 11   


9名で懸垂3回では結構な時間がかかる〜14:50ようやく沢床へ
イメージ 12   



前方には小滝が見えており、光滝はこの先左に曲がったところで、
もう一投足かと思われたが、時はすでに3時〜残念ながら二俣へ引き返すことにする。


懸垂で10m滝を下る
イメージ 13


末広30m滝の落ち口からは左岸の尾根を下って行く。


尾根をトラバースして、谷を渡り、再び尾根に乗り、寸断された植林の仕事道を伝い、
最後はどんぴしゃで二俣に降り立った(^^)16:40。


満点の星空の下、焚火を囲み、夜は更けていく・・。



【8月13日】
        
      二俣−清五郎橋P−清五郎滝までピストン



翌日は、清五郎滝を見物することになり、朝食はゆったりと
イメージ 14



8:35、清五郎橋・ゲート前まで戻り、橋の袂から谷に降りていく。



巨岩の間を縫って登っていくボルダー登攀が続く
イメージ 15


これ以上は進めず行き止まった地点〜上部に清五郎滝が見えてきた
イメージ 16



左岸の尾根に逃げ、ガレたルンゼを登り詰めた先に絶景が拡がった



今回最高の感動!


9:29、清五郎滝100m(二の滝)
イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20






光滝は見ることができなかったが、
変わりにこの清五郎滝100mを見ることが出来たので善しとしよう。


お世話になったみなさんありがとうございました!




清五郎滝へ行くには、谷中を行くのは危険。

せいごろうはしを渡ったゲートすぐ左横の岩壁を(白い木の根を伝って)
攀じ登って、左岸尾根を登って行き、炭釜跡を過ぎると微かな踏み跡が現れる。
そのまま谷に沿って尾根を登れば、古い太いロープが出て来る。

この左岸尾根もほとんど人が入っていない状態のようでした。

この記事に

開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事