過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2018年5月20日  5名  8時間   晴


雨上がりの癒し渓を溯行&降渓した。

イメージ 18


      ゲート前7:46発−林道終点 8:46−中のツボ谷出合発9:00−
     【中のツボ谷溯行】−二俣12:25−林道12:53−櫃倉谷下降地点13:26
      −櫃倉谷13:39−【櫃倉谷降渓】−中のツボ谷出合着15:08−
      林道終点15:30−ゲート着16:25


7:46、ゲート前発。
約1時間の林道歩きで、林道終点。

沢を渡渉し、数分の登りで横山峠。
峠からはいよいよ、芦生の森へ降りて行く。


9:00、中のツボ谷出合


9:09、最初の12m滝
左岸より巻きあがるが、滝の落ち口へトラバースが悪い
イメージ 1


沢は久方振りだというkさんがトップで登りルート工作をされた
落ち口への乗り移りの最初の一歩が踏み出せない
イメージ 2


悪場を越えて沢床に戻ると素晴らしい光景が拡がった(^^)


雨上がりの癒し渓
イメージ 3


10:15 岩間8m滝は右岸巻き
イメージ 4


10:24、2条2m滝
イメージ 5


10:32、斜滝3m
イメージ 6


10:41、13m滝〜右岸の悪い泥壁を巻き上がる
イメージ 7


11:23、13m滝は左岸より巻く
イメージ 8


11:52、4m斜滝は右岸をへつり抜ける
イメージ 9


12:08、15m滝は左岸璧から
イメージ 10


12:20、最後の多段30mはシャワー満載
イメージ 11


多段30mの落ち口が二俣だった
この滝を最後に穏やかな源流域となる
イメージ 12


この二俣は左へ進む。


いつもなら水が切れている源流域だが、
水が絶えることなく細い流れがどこまでも続く。


次の二俣は左へとる。


左手に出て来た小ルンゼを登り詰めると下に林道が見えた。


12:53、林道に着地。


長い長い横道の地道林道をてくてく歩いて・・。


13:26、櫃倉谷への降り口へは道標とカーブミラーが目印
イメージ 13


以前は明瞭だったこの下山道も上部は踏跡薄く廃道状態となっていた。


林道から50〜60m下ると櫃倉谷の沢床に到着した、13:39。
イメージ 14


右に左に頻繁に渡渉しながら櫃倉谷を下って行く。


栃の大木が多い
イメージ 15


台地はノリウツギの花盛り
イメージ 16



14:25、権蔵坂への出合〜ここからは右岸の巻き道を伝うようになる。



15:08、入口の中のツボ谷出合まで帰ってきた
イメージ 17


横山峠まで一登りして、急降下、沢を渡渉し、終了!


15:30、林道終点着。


帰りの林道歩きがまだか、まだかで、途方もなく長い。


16:25、ゲート前着。



滝は水量多く迫力満点だった。

巻きを余儀なくされた滝もあり、

雨上がりの泥壁はよく滑った。
 


雨上がりの緑滴る癒し渓を堪能出来た(^^)

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事