過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2018年7月14日〜16日   4名


中央アルプスの盟主・木曽駒ケ岳の北面より流れ下り正沢川本谷へ注ぐ細尾沢を
溯行してきた。白い花崗岩と澄んだ水の明るい谷である。

1日目は細尾沢出合までの単調なゴーロ歩きで半日コース。
結構な水量に阻まれ渡渉に手間取ることもあった。
2日目は標高差1000mを詰め上がり、その日のうちに下山予定だったが、
ルートミスによる藪漕ぎに時間を費やし、山頂直下のガレ登りが長く険しく、
山頂着が夕方となった。駒ヶ岳九合目の山小屋に1泊し、
3日目に福島Bコースを下った。



7月14日(土) 6時間  晴
8:20駐車場発−8:40沢登りコースの道標−9:20入渓−12:17玉ノ窪沢出合−
13:53細尾沢出合(幕営)


中央道・中津川IC下車、R9号線沿いの道の駅木曽福島にで前夜泊。
朝7時からの朝食バイキング(700円)をゆっくりと食べてからスタート。

木曽駒高原のスキー場先の駐車場から、20分も歩くと“沢登りコース”の道標があった。
イメージ 1

右手に踏み跡を辿っていくと、突然、藪に突入(><)しばらく笹藪を右往左往した後、
ようやく正沢川の左岸に降り立つた。のっけから思いやられる展開である。

正沢川本谷は明るい花崗岩と澄んだ美しい水がどこまでも続く。滝のないゴーロ帯だが、
水量が多くて渡渉に手間取る。、左岸の巻き道を進んだり、ジェラシックパークの世界を
彷彿させるような大羊歯の茂る右岸の巻き道を辿ったりしながら、進んでいくが、
言われているような退屈なゴーロ歩きでもない。 

イメージ 2

13:53、細尾沢出合着、1900m
本谷と細尾谷のV字の股の場所が高台の平坦地になっていて焚火後もある。

イメージ 3

薪を集めて火を起こし、カレーメシと鍋、ビールとワインでまどろんだ。
そのうち2人組が到着し、対岸に幕営の用意を始めるが大変沢慣れた様子である。
Tさんが挨拶に出向くが、東京から来られたらしい。沢で幕営地が被るのは
滅多にあることではない。と、いきなり雷鳴夕立がやってきて辺りは水浸しで谷は増水。
30分程で雨は上がり再び薪に火を点ける。
寝床はテントの下でシュラフカバーとインナーで丁度よいくらいか。
その夜は満天の星空だったそうである。

7月15日(日)   11時間   晴
5:35、細尾沢出合発−6:05細尾大滝40m−10:38二俣(右)−
11:20大岩の二俣(左×→藪漕ぎ)−12:25本谷へ復帰2575m−
13:57ガレ場2750m−15:54木曽駒ケ岳山頂2960m−
17:03九合目・玉ノ窪小屋着(泊)

6:05、細尾大滝40m
イメージ 4

左岸ルンゼのどん付き
イメージ 5

左岸のルンゼをどん付きまで詰める(最後は5.8位の岩場を左手に斜上する)と
左手の尾根に上がる道が出て来る。 尾根を乗り越して、やゝ下ると崩壊地が出て来るが、
上部の樹林帯との境目に
踏跡が付いており、その道を辿ると簡単に沢に復帰出来た。


ギンリョウソウ(透き通ったブルーグレイは正に幽霊草)
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


この滝は手強そうで左岸のルンゼをしばらく登り、藪をトラバースして本谷に戻る
イメージ 9


イメージ 10

10:38二俣は右へ
イメージ 11

11:18、次の大岩の二俣は左へ〜そろそろ水枯れかと給水
イメージ 12
左俣に入ると水はすぐに枯れてしまうが、右俣はまだ水音がしている。
しまった!ルートミス(><)

枯谷を登るほどに辺りは藪となり進めず、右手の藪に突入しトラバース
して本谷を目指すことに。
樹の枝がすべて下を向いて生えているのが厄介である。
右上へは斜上出来ず、右斜下へ進むしかない(>汗<)

12:22、2575m、広い草原にでる。
藪を抜けだし本来のルートに出たようだ。
イメージ 13

日焼け止めと虫除けを顔に振りかける。
灼熱のカールの底を高度を上げるが又もや藪に突入。
藪を抜けるとガレ場登りが始まった。
ルートは左へ左へと。

イメージ 14


イメージ 15


触ると崩れる白いガレ場を慎重に登る
イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


最後の100mはハイマツにすがって登る
登山道が見えてきた
イメージ 20


15:54、ぴったし!山頂の祠の前に出た(^^)
イメージ 21


九合目の玉ノ窪山荘に着いた時にはすでに5時を過ぎていた。
元気な御主人が快く引き受けてくれたので、山荘で1泊することに。
(1泊2食付7000円)バテバテの私には嬉しい選択だった。
100名収容のこじんまりしたワンフロアの山小屋で、その夜は20人位
の宿泊だった。



7月16日(月)   4時間半   晴

6:10玉ノ窪山荘発−8合目水場−7:52七合目避難小屋−4合目半水場−
五合目8:55−10:02幸ノ川渡渉−10:38駐車場着


御岳&乗鞍〜早朝の見事な雲海

イメージ 22


下山は福島Bコース。途中8合目と4合目半に美味い水場があった。
特に8合目の水が素晴らしく美味しかった。
七合目避難小屋は管理が行き届いており綺麗だった。


3日間最高のお天気に恵まれ、沢と山を堪能することができた。
沢溯行はゴルジュもなく難しい物ではなかった。最後の二俣は左俣でなく右俣に進めば
藪に突入することもなかっただろう。
山頂直下の踏むと崩れるガレ場登りは先の見えないルート取りと急傾斜に緊張したが、
岩壁にぶつかることなく、何とかハイマツ帯に這い上ることが出来た。
沢装備を背負っての2日目は体力的にきついものだったが、山頂にダイレクトに
詰め上がることが出来て満足のいくものだった。


白い明るい沢と澄んだ綺麗な水、大展望とお花畑を愉しむことが出来た。
お世話になった皆さんありがとうございました!

イメージ 23

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事