山が道楽〜♪

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全83ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2019年2月10日  単独  6時間10分  晴・風強し 



昭和山は泉南の374mの低山だが、
タイトル通りで大阪最後の秘峰とはよく言ったもの。

ちょっと骨のある箇所が随所に出てきて、
ドキドキハラハラとなかなかに面白い展開だった。


道の駅発7:21−川上新道取付7:27−つづら畑越7:46−
車道8:15−槌ノ子峠9:00−小ピーク9:19−尾根に乗る9:48−
鉄塔NO,5410:10−昭和山山頂10:50−楠峠11:32−
346P12:27−つづら畑越13:26−川上新道取付13:40−
道の駅着13:51


7:21、道の駅・根来さくらの里発。


非常に寒くおまけに風が強い〜こりゃ、前途多難やなぁ・・。
取り付きがわからず車道側道を北側へ歩いていくと、前方に鉄塔が見えてきた。
あの尾根あたりか。(広い車道を横切ったら早いけど、よゐこはそんな危ない
ことはやめましょう。いったん車道の下へ降りてトンネルを潜り向こう側へ。)


山の方に向かって行くと、玉ねぎ小屋の柱に川上新道の看板が架かっていた。
ピンポーン!

イメージ 1

イメージ 2


ジグザグの斜面を登るとそこはもう別世界。小さな沢沿いに
植林の薄暗い、湿気の多い小道が続いている。
20分足らずの歩きで、最後に一登りで、峠の稜線に出た。


峠はつづら畑越で4つ辻になっている。左手は昭和山へ、右手は尾根の縦走路?、
直進は信達楠畑へ通じているらしい。


今回周遊コースを考えているので
まずは槌ノ子峠を目指す為、信達楠畑へ降りることにする。
峠から当初は道もテープもあったが、ふっつりと途絶えた。
30mも降りれば沢に出るだろうと斜面を下っていく。


沢沿いの道のこのタコ足の木の辺りへ降りてきた
イメージ 3


右岸に明瞭な巻き道が続いていて、橋を左岸に渡り、20分足らずで車道に出た。


取り付きの関電道の標識が目印
イメージ 4


しばらく車道を歩き、信達楠畑の集落で橋を渡り、左岸沿いに道を進み、
槌ノ子峠まではひたすらに歩く。


9:00、槌ノ子峠発〜川上新道(昭和山)は左手へ、四ツ石山は右手へ
イメージ 5


テープと踏跡は明瞭である。最初の小ピークへの登りは左手へと方向が変わる。


登りの枯谷と尾根の両方にテープが随所にあるが、足元が見えない藪である。
登り易い所を登ると道が出て来た。


小ピークからは下りに転じる。
風を避けた陽だまりで最初の休憩を摂る。
牛乳とリンゴ1個を平らげ一息ついた。


この青い杭はコース中ずっと続いていた(楠峠から先の広い尾根にはなかった)
どなたか奇特な方が設置されたのか
イメージ 6


倒木が処理されていた
イメージ 7


急傾斜を下った後、向こう側の見晴らしの良い尾根に乗る。


尾根に乗ったところで方向が変わり右手へ。
方向が変わるところでは必ず道標がある
イメージ 8


道は緩やかに下っていき、この道標は左手へ進む(広い右手の道は境谷へとある)
イメージ 9


この辺り猪のヌタ場が多い。


10:10、道は登って行き、やがて鉄塔NO.54が姿を現す
イメージ 10


関電道を登り詰めると道は下りに転じ、
やがてアップダウンを繰り返すようになる。


槌ノ子峠からのコース上には立派なヤマモモが多い。


ヤマモモの木の向こうに昭和山が見えて来た
イメージ 11


泉南らしい羊歯に覆われた明瞭な歩きやすい道になって来た。


10:50、昭和山374m 
イメージ 12

山頂は小広場になっていて、和歌山・紀の川方面の展望が開ける。


昭和山から楠峠までは小さなアップダウンを繰り返すが、
倒木が多く、テープ・踏跡が薄い箇所もあり、注意が必要。
テープを忠実に伝わなければ迷ってしまうだろう。


11:32、楠峠

最後は突然切れ落ちていて、古い短いトラロープを伝い楠峠へ降り立った
イメージ 13

着地したところに楠峠の看板あり
イメージ 14


掘割状の楠峠から先はテープがない。大阪側は藪が酷く進めない。
対岸の崖が高すぎてどこから取り付けばよいかわからず、
和歌山側に少し下って対岸の尾根に乗った。


広い尾根を登って行くが、テープ・踏跡・青い杭が全く見当たらず(><)
とりあえず上へ上へと登って行く。


と、人声が聞こえて中年の男女ペアが降りて来られた。いや〜ほっとした!
テープ・踏跡がないので思案しているようである。
楠峠の崖の縁まで案内し別れたが、
無事に昭和山まで辿りつけたのだろうか。


稜線近くまで登るとテープと道が現れた。安堵!!
さて現れた明瞭な道とテープは左手に下りに転じている。
ジグザグの道は谷方向に下って行くではないの?


やがて道は酷い藪の下を潜るようになり、目の前に現れたのは、
“楠峠”の看板だった?!
先の楠峠より大阪側に位置している。


その先を確かめるゆとりもなく、踵を返してジグザグ道を上がり
最初のテープまで戻る・・。

倒木の大きな根っこを向こう側に越えると
果たして、その先に本来のコースの道とテープが現れた(>喜々<)
この稜線上のテープを最後に、楠峠までの下りの広い尾根は
故意にテープが外されているようだ。


誰が?何の為に?藪の楠峠に導く為?う〜ん、気になる!!
イメージ 15


北へ向かう稜線尾根歩きは極めて明瞭。(一部倒木で不明瞭)
12:27、346Pまでがとても長く感じた。


痩せ尾根を過ぎ、眼下に鉄塔が見えて来た時は嬉しかった。


13:26、つづら畑越
イメージ 16


13:51、道の駅着



2つの楠峠の謎〜解明しに行かないと!又、宿題がひとつ増えました。



イメージ 17

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

明神平(台高)

2019年2月3日  単独  7時間半  晴のち曇



久々に明神平。
一昨日降った雪はまだ残っているだろうか。

懸念していた大又林道・最後の橋を過ぎた坂道もバリバリに凍ってはいたが、
何とかクリアし、雪に覆われた駐車場へ滑り込んだ。本日の先行車は3台。


まずは、足ごしらえ。
だいちゃんお勧めのシマノのサーマルスパイクブーツももう3足目となっている。
ふくらはぎ部分のネオプレンはズタズタに裂けてしまったので上からスパッツを
着用している。先日、釣具屋へ買いに行ったが、24僂呂發ι弊擇譴箸里海箸如
来シーズンでないと購入できないらしい。


この長靴に8本爪のアイゼンとワカンを装着すれば、明神平近辺の緩傾斜であれば、
快適歩行が出来る。(あまりの急傾斜ではアイゼンは外れます)


駐車場7:03発。
最初の林道歩きが長い、辛い(><)


8:12、明神滝は両側が凍っていた
イメージ 1



薊岳
イメージ 2


9:53、明神平〜雪は少ない、テントが数張
イメージ 3


イメージ 4


東屋で竹のワカンを装着し、小憩の後、明神岳へ向かう


暖かく樹氷は僅か 
イメージ 5

前山
イメージ 6


10:53、明神岳
イメージ 7


10:31、判官平
イメージ 8


桧塚奥峰の手前の1394Pからヒキウス平を目指すことにする。


10:42、1394P〜道標がある
イメージ 9


この道標で方向が変わり、桧塚奥峰へは左方向へ進むが、
ヒキウス平へは右手の尾根を下っていく。
スノーシューの跡が右方向に付いていたので、それを伝い尾根を下っていく。


下っていくと、前方にヒキウス平らしきものが見えてきた
イメージ 10


踏跡はやがて途絶えたのだが、なおも雪面を下り続ける。
やがて急に傾斜がきつくなり前方は切れ落ちてくる状態に。
ここで間違いに気がつく。本来の尾根は右手(西側)に見える尾根だった。


尾根を登り返す〜左手に見える緩やかな尾根が正解だった
イメージ 11


つらい登り返しの後、1394Pには11:30に戻り着いた。
ここから桧塚奥峰まではあと30分以上はかかるだろう。
午後からは下り坂予報ですでに陽が隠れてきたようだ。
ここで撤退を決め、下山することにした。


下山道は明神岳への登り返しがきつい。
前を見ないようずっと下を向いて牛歩のあゆみ。


薊岳&木ノ実矢塚
イメージ 12


12:56、明神平


駐車場やゝ手前の左岸支谷の出合で、
薊岳稜線からダイレクトに尾根を下って来たという
単独の男性にばったり。
丁度、鉄階段を下って来られたところだった。
薊岳の稜線までは650m位の高度差がある。
テープは続いていたそうであるが、
かなりの傾斜のようである。興味あるなぁ。


14:33、駐車場着



今シーズンはもう雪は見込み薄だろうか・・。
真っ白な雪原と樹氷に覆われた明神平に再び訪れたいものである。
今一度、寒波の襲来を期待したい。

この記事に

開く コメント(0)

 2019年1月27日   単独  3時間半   曇のち晴



鳴り物入りの寒波襲来予想で大いに降雪を期待したのだが・・。

思いのほか少ない積雪で、金剛山は山頂で5僂らいか。

とりあえず、二ノ滝を覗きに行って来た。



タカハタ谷の木橋を渡り、ツツジ尾谷沿いに溯る
イメージ 1


完全氷結まではいかずだが、それなりに凍っている
イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


尾根に上がる分岐で谷への踏跡が続いていたので
右手にとり、そのままツツジ尾谷を詰めることにする。

一体どこに出るのだろう>ワクワク<


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


緊張〜太いロープが凍ってる
イメージ 9


最後は登山道に合流〜広場の手前の橋に出た
駐車場から2時間かかった
イメージ 10


わぉ!
イメージ 11


下山は松ノ木尾根道〜新雪の快適道!
イメージ 12



雪は少なかったけれどツツジ尾の谷詰めで楽しませて貰った。

ちなみに夏はこの谷の最後の方はごみだらけだそうです。

この記事に

開く コメント(0)

霊仙山(鈴鹿)

2019年1月13日  霊仙山(鈴鹿) 単独  5時間  快晴



年末寒波以来降雪はなく、まだ雪は残っているだろうか・・。
出発直前まで迷った末、鈴鹿・霊仙山に行ってみることにした。


米原IC下車、R21号線沿いにしばらく走ると、
JR醒ケ井駅前に出た。


醒ケ井駅前からみた伊吹山〜雪はいたって薄い
イメージ 1


醒井渓谷沿いに林道を登っていくが、雪は全くなし。
朝8時前に榑ヶ畑の林道終点駐車場に着いた時は、2つの駐車場はすでに
満車状態。辛うじて唯一空いていた片隅に駐車する。


8:11、榑ヶ畑登山口発
イメージ 2

8:37、二合目・汗拭き峠を過ぎるとしばらくで雪が現れ出す。

9:15、五合目・見晴台から六合目は自然林の道。


樹林帯を抜けた六合目から七合目は、急傾斜の尾根をジグザグに登っていく
イメージ 3


9:39、七合目の広い台地で、単独の男性が2人ワカンを装着していた
イメージ 4

ふーんここから着けるんや・・。
私もすり減ったスパイク付き長靴に6本爪アイゼンと竹のワカンを装着した。
なるほどここからは雪が深い。


雪原の楽しいプロムナードを進む〜雪は大層重い
イメージ 5


経塚山への登り
イメージ 6


10:30、九合目・経塚山山頂
眼前に伊吹山
イメージ 7


経塚山山頂から見て、左が最高点、右の山の向こうが山頂
イメージ 8


一旦、鞍部まで降りて登り返す


経塚山を振り返る
イメージ 9


登りきると山頂が見えてきた
イメージ 10


御池岳・藤原岳方面
イメージ 11


10:59、山頂着、眺望絶佳〜風も比較的弱く暖かい
イメージ 12


下山はダイレクトに北斜面を下る


途中、風を避けて小休止
イメージ 13


イメージ 14


11:50、七合目に帰り着いた
イメージ 15


下山道は雪が融けてドロドロ状態〜長靴で正解。

駐車場着、13:02。



最高のお天気に恵まれ雪山を満喫することが出来た(^^)

雪がもう少し多ければ・・というのは贅沢過ぎるよね!


イメージ 16

この記事に

開く コメント(0)

1月6日 風折滝(台高・水越谷)  4時間  3名  曇



台高・奥香肌峡、宮ノ谷の右岸支谷・水越谷。
氷瀑で有名な風折滝を見物に。本年の初沢になるのだろう。
残念ながら氷結は一部のみだったが、時折風花が舞い散る中、
適度にスリリングな谷歩きだった。



林道終点駐車場発 8:14
蛇滝       8:45
水越谷出合    9:10
風折滝      10:05
水越谷出合    11:27
駐車場着    12:14


池木屋山登山口である宮ノ谷林道終点の駐車場までは車で入ることが出来た。
2名は長靴、1名は冬用登山靴にスバッツ。
水越谷出合までは美しい自然林の中を進み、
渓谷を眼下にみる整備されたハイキング道。


30分で蛇滝
イメージ 1


55分で赤い橋を渡って水越谷出合
イメージ 2


水越谷出合の道標には風折滝まで40分とあったが、1時間近くかかった。
谷に沿って巻き道とテープが付いている。


最初の左岸巻き道は谷中を歩いた方が簡単に通過出来る。
まだ新しいロープの付いた岩場が4箇所あった。


ロープに思い切り縋って谷に下り降り、
続いて、暗い岩場の隙間を掻い潜る

イメージ 3

イメージ 4


谷は水量多く、雪はまったくなかった。
真冬の沢登りは手や足を濡らすと体が冷えて命とりとなる。


イメージ 5


冬枯れの谷も又良し
イメージ 6


イメージ 7


ここが厄介
イメージ 8


イメージ 9


最後のロープ
イメージ 10


小1時間で眼前に風折滝が現れた
イメージ 11


残念ながら、氷瀑は下部にほんの少しだけ
イメージ 12


イメージ 13



強風で滝がくの字に折れている〜風折滝たるゆえん
イメージ 14


自然林の落葉に覆われた冬枯れの谷歩きをのんびりと愉しむことが出来た。


イメージ 15

この記事に

開く コメント(0)

全83ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事