高機能「あったかウエア」強化 アルペン ミズノ デサントが新商品

 スポーツ用品各社が秋冬シーズンに向けて高機能ウエアを相次ぎ拡充している。アルペンが汗などの水分を熱に変える「吸湿発熱ウエア」の品ぞろえを拡充したほか、ミズノも保温性に優れ、手ごろな価格のインナーウエアを商品化した。冬場でも快適に運動を楽しみたいというスポーツニーズに加え、日常の防寒需要も取り込み売り上げ増につなげる狙いだ。 アルペンは今月17日に発売した吸湿発熱ウエア「アイ ヒート」の秋冬物で、従来の大人用インナーウエアなどに、新たに子供向け商品を追加。靴下や帽子などの小物類も充実させ、柄の数も増やした。 「アイ ヒート」は昨年から販売を始めた東レとの共同開発商品。今年の秋冬のインナーウエアでは、汗を吸収し素早く乾く機能や保湿、静電気軽減などの機能も加え、快適性を高めた。「日常的に使え、重ね着スタイルも楽しめる」として、全159品目で30すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事