憩いの水のほとり

貧困で、被災地で、苦しんでいる人のため、イスラエル及び世界の和平のために共に祈りましょう!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

最初に召された使命の場所
ガリラヤ行きなさい
 (新約聖書 マルコの福音書 16章1節〜8節)
イメージ 1

女たちの愛と心配

さて、安息日が終わったので、マグダラのマリヤとヤコブの母マリヤとサロメとは、イエスに油を塗りに行こうと思い、香料を買った。

そして、週の初めの日の早朝、日が上ったとき、墓に着いた。

彼女たちは、「墓の入口からあの石をころがしてくれる人が、だれかいるでしょうか」とみなで話し合っていた。

ところが、目を上げて見ると、あれほど大きな石だったのに、その石がすでにころがしてあった
  
ガリラヤで会う復活の主

それで、墓の中に入ったところ、真っ白な長い衣をまとった青年が右側にすわっているのが見えた。

彼女たちは驚いた。

イメージ 2

青年は言った。

「驚いてはいけません。

あなたがたは、十字架につけられたナザレ人イエスを捜しているのでしょう。
あの方はよみがえられました。
ここにはおられません。

ご覧なさい。
ここがあの方の納められた所です。

ですから行って、お弟子たちとペテロに、『イエスは、あなたがたより先にガリラヤへ行かれます。
前に言われたとおり、そこでお会いできます』とそう言いなさい。」

女たちは、墓を出て、そこから逃げ去った。

すっかり震え上がって、気も転倒していたからである。

そしてだれにも何も言わなかった。

恐ろしかったからである

           
 メッセージを聴いて、創造主であられる神様の御心を知ってください



主イエス様の空の墓は、復活の証拠であり望みです。

私たちが復活の主に御会いできる場所は、今も築かれている神様の御国の現場であること。
そして、死んだ伝統や観念的教理ではなく、救いの福音を伝え、神様の御栄光のために献身する場所、そこが主に御会いできるガリラヤであることを心に留めます。

初めて主に召された場所、初心を取り戻せる場所、使命の場所で、主に再会することができますように。
イエス様が言われたとおりにするならば、いつもイエス様が私たちより先に行かれて、全ての業をなしてくださることを信じ、感謝します。
主への愛に駆られて急いで早朝訪ねて行った女たちのように、私も主への愛によって御言葉の前に座り、復活の主に出会うことを慕い求めます。

死のような暗い時間の果てに、光り輝く復活の朝が続くことを期待し、信仰の目で苦難を見つめ、忍耐することができますように

                       ナザレ人主イエス・キリスト様の御名で祈ります  アーメン!

コメントをくださった皆しゃん、ナイスをくださった皆しゃん、そして、この記事を閲覧してくださった皆しゃんをナザレ主イエス・キリスト様の御名で祝福します。

開く コメント(8)

イメージ 1イメージ 1







2月22日2時22分2秒〜!
イメージ 5
 (´pω・`*)。o○こんばんは〜〜〜!!!^^♪ 美笑
イメージ 5
のろわれた者ども。わたしから離れて、悪魔とその使いたちのために用意された永遠の火にはいれ。
(マタイ25章41節)

良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、に投げ込まれます。
(ルカ3章9節)

もし、右の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい。体の一部がなくなっても、全身が地獄に投げ込まれない方がましである。
もし、右の手があなたをつまずかせるなら、切り取って捨ててしまいなさい。体の一部がなくなっても、全身が地獄に落ちない方がましである。
(マタイ5章29、30節)

もし、あなたの片手が罪を犯させるなら、それを切り捨てなさい。
両手がそろったままで地獄の消えない火の中に落ち込むよりは、片手になって命に入る方がよい。
もし、あなたの片足が罪を犯させるなら、それを切り捨てなさい。
両足がそろったままで地獄に投げ入れられるよりは、片足で命に入る方がよい。
もし、あなたの片目が罪を犯させるなら、それを抜き出しなさい。
両眼がそろったままで地獄に投げ入れられるよりは、片目になって神の国に入る方がよい。 地獄では、うじがつきず、火も消えることがない。
(マルコ9章44節〜48節)
イメージ 5
からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません。そんなものより、たましいもからだも、ともにゲヘナで滅ぼすことのできる方を恐れなさい。
(マタイ10章28節)

地獄への道は善意で舗装されている。

わが民に逆らって立つ国は不幸である。全能の主は、裁きの日に彼らを罰して、その体に火と蛆とを与え、彼らは痛みのため、永遠に泣くことになる。
(ユディト記16章17節)

どこまでも謙遜であれ。畏れを知らぬ者には、火と蛆の刑罰が下る。
(シラ書7章17節)
イメージ 1
生まれ変わるなら生きているうちに。
いつかでなく、今 今からでも遅くない。 今でしょ

でっ、「2月22日午後2時・・・」などは、しつこいのでやりません。。。


コメントをくださった皆しゃん、ナイスをくださった皆しゃん、そして、この記事を閲覧してくださった皆しゃんをナザレ主イエス・キリスト様の御名で祝福します。



開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事