イコロ動物病院スタッフのこぼれ話

北海道千歳市にある動物病院のスタッフブログ。犬のしつけや猫ボランティア活動などについてお伝えしてます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


このような事を地道に始めていくことにしました。

一番の理由は、病気や怪我をした時にケアが出来なくならないように…です。

若い時は元気で動物病院にかかる事がなかった犬が、年を重ねていくと次第に病気になりやすくなります。
病気になった時に薬を飲ませる、目薬をさす、耳の治療をする、軟膏を塗る、または入院をしなければならないといった必要な治療が出来ないという犬がいます。

だいたいは飼い主がお家でも出来る子がほとんどなのですが、中にはお家では何も出来ないという子もいます。
そういう子は、若い時から我慢を教えられていない場合が多いです。だから年を取ってからいきなり我慢して!と言っても出来る訳がありません。

小型犬であれば、力によって押さえつける(圧力をかける)事で何とか出来る事もありますが、それは決して犬に我慢してもらっている訳ではありません。
押さえつける事で余計に恐怖を与え、逆ギレしやすく、より暴れたり咬んだりがひどくなる可能性は大きいです。

また子犬は元々の性格によって、ビビリだったり、犬の行動を人が意図して制御する事を嫌うタイプの子もいます。
そういうタイプの犬に圧力をかけると、いい結果に繋がりません。初めの頃は何とかなっても次第に手がつけられなくなる事もあります。
その犬に合う対処方法を直接犬と接しながら見つけていく事が重要です。

お家では出来ても動物病院などの外や他人では全く出来ない犬もいます。
それも病気や災害、他人に頼らざる負えないシチュエーションで困ってしまいます。

犬が嫌な事をされると感じてしまう動物病院で、我慢を覚える、慣れる、平気になるをしておく必要性をひしひしと様々な犬達を診て接してきて感じています。

初診の方はカルテの作成等で初診料を頂戴しますが、当院にかかられている方は無料で対応します。
ご来院前にご連絡下さると、とても助かりますが、通りがかったからちょっと寄ってみた〜でも全然構いません。お待ちいただく事もあるかもしれませんが、待つという訓練にもなりますし、ウェルカムです(^o^)v
他の犬や他の人が苦手な子は、まずは休診時間中にも対応したいと思います。

当方は犬の訓練士でも動物行動治療の獣医でもありません。薬物療法も行いません。
訓練に関して勉強不足な所があるかもしれません。
愛犬救命訓練士の中村先生に相談しながらやる事もあると思いますし、預託訓練をお勧めする事もあるかもしれません。

ただ犬を見極めて、どう接するべきか、何が必要かを考えて実践し、それを飼い主様に見てもらう事は身近にある動物病院だから出来る事と考えています。
当院をどんどん利用していただき、飼い主様と犬との関係が良いものになるようにご協力していきたいです。

現在、犬で悩んでる方、悩んでないけど犬を動物病院に慣らしたい方、これから犬をしっかりと育てていきたい方など、しつけ訓練に関する大切な事を地道にお伝えしてていきます。

サークルで関連記事を探してみよう!

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事