イコロ動物病院スタッフのこぼれ話

北海道千歳市にある動物病院のスタッフブログ。犬のしつけや猫ボランティア活動などについてお伝えしてます。

全体表示

[ リスト ]

昨日、休診時間中の当院待合室に3匹の子犬に来ていただき、子犬の社会化レッスンを行いました。
生後2ヶ月の北海道犬、3ヶ月のラブラドール、4ヶ月のトイプードルです。
そこに成犬に接する練習相手として11才のポメラニアンと我が家の愛犬•大吉(10才)も参加です。

オラオラ系の子やビビリの子と悪い方向に行くと心配しかないタイプの子犬が来てくれたので、レッスンのやりがいありますね(笑)

始めはリード着けて制御しやすい状態から。
途中、おしっこしに皆で外に出てみました。トイプードルちゃんは外が怖いようで歩かないと飼い主様からのお話でしたが、ペースに合わせて歩くことを教えてあげたらトコトコ歩けるようになり、苦手の階段もスタコラサッサも上り降り出来るようになりました。
初めて、外に出したら歩かない…という子犬は多いですね。
震えて可哀想だからとすぐに抱っこしてしまうと動かなかったら抱っこしてもらえると子犬は覚えてしまいます。
子犬に少しずつ促しながら歩くのを待ってあげる、一歩二歩歩いたら褒める、これだけで安心して歩く事が出来るようになる子も多いです。
甘やかさない事、ですね。

おしっこも済んでリラックスして遊べるようになってきた子犬達。フリーにして遊ばせました。

イメージ 1


イメージ 2

ビビリのトイプードルちゃんは大吉とリードをつないで、大吉の良いエネルギーをお裾分け。
無理に遊ばせず他犬や他人のいる環境に慣れてもらいました。

イメージ 3

こちらはやんちゃ組の北海道犬ちゃん。
甘噛みで生身の手を噛ませないように手袋で接しています。首根っこ持たれてダラーン訓練中ですね。
子犬は母犬にこういう風に持たれるので、人も同じようにやってみます。

イメージ 4

レッスン中に来客があり、皆でフセマテしました。なんと子犬達も出来ました!素晴らしいですね!

イメージ 5

膝の上で仰向けレッスン。
飼い主で出来たら他人にもやってもらいます。もちろん抱っこも、ですね。
誰にでも大丈夫な犬に育てましょう。

イメージ 6

時間が経つにつれ、犬が苦手だったトイプードルちゃんが自分から近づいていけるように。
時間をかけてあげる事も大切です。

イメージ 7

遊び過ぎて寝る子犬達…。
今回は3時間もレッスンを行いましたので、さんざん遊んで、後半疲れて寝始めました。
それだけリラックス出来るようになったという事です。しかも動物病院で!
しかし、復活は早かったですね(汗)
起きて早々に遊んでました。エネルギー底なし。


また年明けも子犬のレッスンを行う予定です。
日時が決まり次第、お知らせしますので、参加出来る子犬(生後5ヶ月まで)お待ちしてます(^^)/
参加希望の方はご連絡ください。

サークルで関連記事を探してみよう!

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事