イコロ動物病院スタッフのこぼれ話

北海道千歳市にある動物病院のスタッフブログ。犬のしつけや猫ボランティア活動などについてお伝えしてます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

昨日(8/1)、TBS系列で放送された水曜日のダウンタウンで、愛犬ドミノチャレンジという説がありました。
人とそれぞれの動物(犬、猿、ニワトリ)が一緒の空間にいて、人がドミノ1500個並べを完成させられるかという内容です。
ダメダメで終わるのかなと思いきや、犬のしつけの観点からとても面白い内容でしたので、ブログで書かせていただきます。

具志堅用高さんが飼っているボクサー犬のグスマンと参加していたのですが、人が大好きで落ち着きのない子のようで終始、飼い主である具志堅さんのそばでウロチョロしています。
ドミノを並べ始めてもウロウロ。具志堅さんは「おすわり!おすわり!おすわり〜!」と連呼しながらグスマンを座らせます。
ただグスマンはお座りの体勢からずるずるっと伏せの体勢に…。すると伸びた前足が並べたドミノに当たり、パタパタと倒れていきます(笑)
倒れていくドミノが面白いのか、注視してたグスマン。楽しそうです。
ドミノを1/3ほど並べた所でもグスマンが歩き回っていて、また倒れていくという途方もない作業になっていきそうな感じでした。

結果から言うと4時間以上かかって終える事が出来たのですが、その間にグスマンは成長しました!それが面白かった!

ドミノを2/3ほど並べた所でグスマンがまた動き始めた所、また倒される!?とヒヤヒヤしていたら、グスマンはドミノの列の間で立ち止まりました。
そしてグスマンは明らかに考えていました。
後ろに下がってもドミノがあって、前足のすぐそばにもドミノがある。
『これ(ドミノ)を倒してはいけない』という事をグスマンは数時間の間で理解したようでした。
ドミノを倒さないように、その間を避けて歩いて渡ったのです。
それからもグスマンはドミノが完成した時に真ん中をヒョイヒョイ避けながら歩いていました(笑)

グスマンが触ってドミノを倒した時に、具志堅さんはグスマンを叱ってはいませんでした。その都度、大きいリアクションで落胆していただけです。
おそらくですが、グスマンの頭の中でこう考えたのでしょう。

ドミノ触る → ドミノ倒れる(面白い) → 飼い主悲しむ(あれ?) → ドミノに触ってはダメ

という思考回路になったんだと思います。
さらにグスマンがドミノを避けて歩いた時に具志堅さんが褒める訳ではないのですが「良かった〜!!」みたいなとても嬉しそうなリアクションをしていて、それがグスマンは『正解だったんだ!』と自分の行動を認められた事につながりました。

犬と人が一緒になってドミノをするというただ面白いだけの企画だったと思われるかもしれませんが、私は犬のしつけのあり方を見た気がします。

グスマンは実に素直で人が好きですね。
こういう子は子犬の頃から陽性強化だけでも良くなるタイプだと思います。

デビィ夫人は愛犬10匹とやっていましたが、こちらもドミノを成功させています。
デビィ夫人は近寄ってくる犬に細かくコマンドを出していました。その雰囲気を犬が感じ取ったのか、ほとんどの犬達が邪魔をしないように隅の方でまとまってくつろいでいる様子がありました。
これはこれで、また犬への対応の仕方がよく分かるものでしたね。

普段は犬を扱ったバラエティ番組は見てると眉をひそめるような事が多かったのですが、水曜日のダウンタウンという思わぬ番組で、犬の行動が学べました。

飼い主と犬がドミノを成功させられた理由は、犬と飼い主の信頼関係が出来ている事、犬に聞く耳がある事だと思います。
信頼関係を築く事と聞く耳を犬に持たせる事は、犬が人間社会で暮らしていく上で不可欠です。それが出来ていれば、犬との生活がより良くなりますし、犬にとってもストレスを感じづらく暮らしやすくなります。
犬を飼っている方はそれらを意識して飼育して頂ければと思います。
また、このような事を学べる犬の飼い主向けの勉強会を開催いたします。
興味のある方はぜひご参加ください。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事