今どきアニメ♪

ほぼ移転作業は終了しました。ここでは今までありがとうございました。

全体表示

[ リスト ]

変態度ゼロの「いぬかみっ!」

こんなの「いぬかみっ!」じゃね〜! でも見ようww


薫刺された〜((((;゜д ゜))ガクガクブルブル
なでしこの欲望を解放したのは薫の命でした・・・

そして絶望を手に入れた邪星。消えてから薫が赤道斎にすがり付くのを先読みしてとり付いたと。なんという奴だ!


致命傷の薫、苦しい中なでしこにいろいろ語ってました。
子どもの頃に既に人間ではないという隠し事をしていた薫はオープンな性格だった啓太に憧れていたようですが・・・こんなスケベでも本当に憧れていたんだww

最後にみんなを啓太に託しというメッセージを残して、
川平薫 消滅(つд`)

今まで仕えていた薫が消えた・・・みんなが絶望する中、立ち直ったのはてんそうでした。しかも初めて両目を見せてますよ、カッコいい!


誰かが大殺界に辿り着けば勝機はある!いぬかみ達が立ち上がり邪星に立ち向かいます!
ここでいぬかみ達の挿入歌も流れて本気モードです!

ここではみんなが主役でした、双子ですらカッコよく思ったので(ひどっ!
助け合う姿はいぬかみ同士の結束力が垣間見れました^^

しかし相手が悪すぎた、9人全滅・・・



残るいぬかみはなでしこ。しかし本気のなでしこがヤバかった!
強大な強さのあまり自ら封印していた力が解放された!
なでしこが初登場した回で、ようこは「なでしこは怒らせたくない」というようなセリフを言ってましたが説得力ありすぎです、これはまさに戦いに飢えたバーサーカー!

その力は邪星を圧倒するほど。苦しみを味わせるために打撃! 打撃! 打撃!

そしてとどめ! と思ったら邪星じゃなくて薫さま!?
もちろん邪星が化けたトラップ、見事に引っ掛かってしまい力を失ってしまった。
薫に出会ったあとにできたもろい所を突かれてしまいましたね。



形勢は振り出しに。しかしそれでもいぬかみ達は立ち向かった、この勝算の薄すぎる戦いに!
しかし自分に責任を全て押し付けているなでしこが・・・そんななでしこにようこが喝!

女の子が男の子に恋をするのは当然のこと。しかも戦いだけが生き甲斐だったなでしこには新たな幸せを見つけられたのですから。
いぬかみ10人みんなが好きなのだから誰かが抜け駆けしてしまうのも有り得る話ですよね。
まあ大殺界で戸惑ったのはいただけませんが^^;

そしてようこも勝算の薄い戦いへ。なぜ立ち迎えるのか・・・
「啓太がいるから!」


あ、啓太はどうしたんだ!?
仮名さんに背負われてみんなのもとへ!
しかしガイコツ達との戦いで啓太が奈落の底へ〜、そして流された〜、今回これだけか〜(つд`)

事情があって簡単めに。たぶん秋からはこんな感じで書くのかと。

かつて無かったであろう変態ナシの回。でもすっごく燃えた!
さすが「なのは」スタッフ。どうやったら燃えるか分かってらっしゃいます^^

それにしてもまだ啓太は赤ちゃんですか。
啓太が戻ったところで「ここからが本番だ!」 ♪パパパパパン、パ〜パパパパン・・・だったら「うは〜気になる!」だったのですがw


あ、今思ったのですが、変態ナシかと思ったらこんなセリフがありましたね。
「いかずの・・・やらずのなでしこ」
いかず、やらず・・・イ○ず、犯○ず・・・・・・やっぱり「いぬかみっ!」でしたww


そして最後の次回予告。
変態オールスターズキタ――――(゜∀゜)――――
最後はやっぱり愛すべき奴らが活躍するのですね。ただでは終わりませんね!

そういえば今まで全話見続けた僕たちは立派な変態ですね^^;
「さよならは言わない、また会おう」
それってCMで流れた劇場版ですねww

※お知らせ
金・土で里帰りをすることになったのでその間はコメント、TBを返せません。申し訳ございません。
土曜の夜か日曜に作業を開始する予定です。

また秋のラッシュを考慮して「赤ずきん」の長文を諦めることにしました。
「地獄少女」「はぴねす!」が加わり、土曜に3本も書く計算になってしまうので^^;
これからは雑記内で書いていきます。

というわけで次の記事は「ストパニ」になります。いつも通りの時間か日曜かわかりませんがw

ちなみに里帰りは滋賀ですがアニメは全然見れない、ていうか見ないだろうな〜wケーブルテレビで2時間だけあるキッズステーション枠に期待するしかww

開く トラックバック(17)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事