今どきアニメ♪

ほぼ移転作業は終了しました。ここでは今までありがとうございました。

全体表示

[ リスト ]

静馬やっと決断!

てかここで決断しないと最終回ですから! いよいよ最終回ラストです。


エトワール選前夜。渚砂と静馬、それぞれの想いが交差することがなく決戦の日を迎えます。
そして最後に夜々は『ベストオブシャワーシーン』を獲得しました^^;



エトワール選当日。千華留は席取りのため『一番乗り部』を新設!
サンタ姿かわいいね〜(*´▽`)

しかし今日は吹雪・・・千華留以外が乗り気じゃないのって初めてですよね^^;
しかも生徒会長は並ばなくても座れるということを指摘されてるし。やっぱり今回の千華留は暴走気味ですね。
そして絆奈が寝かけてる〜(; ̄□ ̄) 危うく遭難部になるところでしたww



ここからは支度風景。
スピカの方では、夜々は愛する光莉が行ってしまうということでやる気無し。代わりに蕾が光莉のコーディネートを。
しかしスピカ代表の証である『青のリボン』だけは夜々に結んでもらいました。

夜々が結び終えると少しでも接したい想いでしたが、天音が来てサヨウナラ。
無理して笑顔で見送った夜々がつらい(つд`)


そしてミアトルの方。メイド服の千代ちゃんカワイイ〜お持ち帰(ry
渚砂は玉青に『赤いリボン』を結んでもらって準備完了です。

代表4人を見送った千代と蕾。
そのあと千代はお茶会の準備をすると張り切ってます(`・ω・´)
慌しい1日のあとに落ち着く時間を設ける気遣いは最高ですね^^

いつものメンバーみんなが来てもOKということで、蕾は夜々に伝えようとします。
「べ、別に夜々先輩を心配してるわけじゃないんだからね!」
はいこれツンデレ試験に出ますよ〜ww
そして夜々と蕾のツーショット。もう1クール使ってこの2人を描いてくれ!!



いよいよエトワール選開始! まずは開会式です。
ル・リムは最前列をゲット(?) 千華留に譲ってもらったパーシバルは特等席ですw
でも遅れた千代に籠女が譲ってくれました^^

そして主役の2組が華やかに登場!
理想的な王子様とお姫さま、対して頑張ってる姿に初々しさのある同い年の2人。千華留ですらどっちがエトワールになるか。

そして前エトワール静馬の花束贈呈。
しかし渚砂の前に立つと未練が残ってしまう様子。
玉青はここで注意! このあとは大事なダンス、ここで渚砂を惑わせてはいけないのです。

静馬の役目を終えるとどこかへ行ってしまいました。最終回にして未だに引きずっていますよ^^;



ル・リムたち急げ〜〜!! 次はダンスホールだ〜〜! 面倒くさいなww
いよいよ今まで頑張って練習してきたダンス披露のときです!
ダンスは2組同時。全学園で同時に行なうルールでしょうね。

そして始まると千華留曰くどちらも素晴らしい出来。六条さんも渚砂たちの成長ぶりに驚いています。
それにしてもスピカ側は練習している風景無かったよね。前夜のシーンで描いて欲しかったです、寄せ合ってるより。


ル・リムたち急げ〜〜!! 今度は投票会場の教会だ〜〜!! ほんと面倒くさいよな〜ww
ついに結果発表のときが来た!

ドキドキ・・・ワクワク・・・・・・(*´▽`)

そのとき突然教会の扉が開かれた!
才人!?(違っ!

突然現れたのは静馬! さっきまでいろんなところに行って渚砂との思い出を走馬灯のように思い返っていました。
するとさらに突然、

「渚砂! 愛してるの!」

工工エエエエ(´д`)エエエエ工工 ここでですか!?

いきなりのことに戸惑っていると、背中を押したのは玉青でした、赤いリボンを解いてあげて・・・
そして静馬は渚砂を連れて愛の逃避行!
出席者、視聴者(;゜д゜)マジカルポカーン
そしてやっぱり取られた玉青は祝福しながら(つд`)



けっこう走った2人、しかし静馬は何も考えてなかったとw しかも可愛く拗ねちゃってるしww
着いたお花畑で2人だけのエトワールの証を作って、お互いに掛けました。

そしてさらった後は何も考えてなかったけど、このあとやることは1つ。
お互いに熱い口づけを・・・
そしてこのあとヤルことも1つなのですか!?(ぇ



さて、エトワールは天音と光莉に決定。てか不戦勝ですね。
ついにスピカからエトワールを選出されて詩遠会長は涙(つд`)

そしてエピローグ。
新エトワールは温室ゲットで共同作業ができましたね。あっちの共同作業も(コラ!
夜々は蕾という新たな幸せの架け橋を見つけたようです。光莉の未練を断ち切れるかな?


ラストシーン
突然静馬と行ってしまって玉青に会い辛い・・・
「お帰りなさい、渚砂ちゃん」
そして新たなる学園生活のはじまり・・・

う〜ん・・・これは・・・・・・わからないな〜。
果たしてこれが最良のエンディングかどうかは判断できないです。

とりあえずスピカに関しては問題なし。夜々は可愛そうになるかと思ったら蕾がアタック開始だし。
正直記憶喪失とかぶっ飛んだ展開はツッコミを入れたいですが、要と絡めてきたのは良かったです。

ミアトルはやはり玉青には可愛そうな想いをさせるエンドでしたね。
せめてこのあとは渚砂ストーカーを渚砂公認でやってほしいですw

あと千華留のサンタ姿は望んでたミニ+絶対領域じゃなかったww

短いwあとは総評ですね。


【総評】
おそらくスタッフが伝えたかったのは、「百合の世界は想像以上にハードなんだよ!」ってことですね。
シスプリとかを輩出した「G’sマガジン」だから。しかも序盤はキャラ萌えっぽくて油断していました。

しかしもしかしたら油断させるのが作戦で見事に乗せられたのかもしれません。
中盤からは思春期以降の恋愛は進んでいるのだぞと言わんばかりに性表現の描写開始!

光莉に要が襲いかかったり、静馬が渚砂に直前までいったり、夜々が光莉にキスして愛撫したり。
・・・要するにレズ(最後にして伏せずに書いたよww)
こういう性表現は愛情表現の延長線上にあるものですよね、そういえば。

この表現ってやはり恋愛モノには大事だと改めて思い知りました。
キスされて、愛撫されてその人への意識がガラっと変わる。光莉の夜々への印象もあのシーン1つで数話に渡って引っぱってきましたし。
1話ですぐに仲が戻ったと思ったら拒否反応を起こしてしまったり。

そんな中でも清涼剤が存在しました。1番の貢献は千華留でしょう。
千華留自身の恋愛は全く描かず、ただコミカル役と慰め役として動いてくれました。もう完璧超人ですw


そして終盤、ここに来て気になる展開にしてくれました。
個人的に良かったのは要の本心が分かったこと。
最初に出た時はほんとにムカついた。何言ってんだアイツ、バチ当たって退場してくれと本気で思いました。

しかし天音とのテニス、好きだからこそ理想でいてほしい、たとえ悪者に回ってもという不器用ながら本当の気持ちが分かって要に対する印象がガラっと変わりました。
そして#25で天音たちを一緒に待つところで確立、桃実との復縁でさらに↑。ここまで好感度が逆転したキャラも珍しいです。


最後は賛否両論の分かれそうなエンド。
しかしここまで見るとみんなが幸せになるエンドは存在しないんじゃないかと思ってたので割り切りました。
そして甘々な恋愛よりハードな恋愛のほうが見応えがありました。昼メロが流行る理由もこれですからね。
でもぜひ後日談を描いた話で玉青と夜々のそのあとを描いてくれるとスタッフに感謝しますよ!


百合アニメだからみんなが「マリみて」と比べてしまった作品。
しかしベクトルが全く違い、話ものめり込むことができて2クール見続けてよかったと思える作品でした。
まあこのアニメ最大の不満はやはり静馬の落ち込みの引っ張り過ぎだということですねww


うわ、こっちが全然長いよww ここまで見てくれた方有り難うございます^^;

閉じる コメント(6)

顔アイコン

静馬の告白のタイミングについては同意見。タイミング…悪ッ!!夜々には蕾か…。行こう、私も、アストライアの丘に…。(アストライアの丘も何かの暗喩だったら、そうとうヤバイ)

2006/10/2(月) 午前 8:47 [ nan*han*ne ]

顔アイコン

てか静馬は狙っててみんなの前でさらったに違いないww 夜々と蕾の結末が知れないまま終わるのは少し寂しい(´・ω・`)

2006/10/2(月) 午後 1:37 いざよい

顔アイコン

静馬には終始「やれやれ」でした。結局、渚砂無しではやっていけないんですねー。もっと大人になれー。玉青ちゃんが可哀想でなりません。ま、千華留先輩が雰囲気を明るくしてくれたからいいや。

2006/10/3(火) 午前 2:10 Geallza

顔アイコン

もはや渚砂依存症といったところですね、花織依存症が再発しないことを祈っています。玉青は最後まで渚砂の幸せこそ自分の幸せを貫いてましたね、もう渚砂ストーカーをやりまくってほしいww

2006/10/3(火) 午前 3:35 いざよい

顔アイコン

犠牲者を最小限に食い止めたEDでしたね、ラストのお帰りなさいをもう少し崩した演出ならOKなんですが、今思えばあのシーンは別に必要なかったかもね、あのシーンがあると余計玉青が不憫に見えます。 仰るとおり静馬の立ち直りが遅く途中のダラダラ感は否めませんでしたね。 一番の勝ち組は千華留さんでしょう、OVAかなんかでルリム限定の話やってくれないかな。

2006/10/4(水) 午後 6:41 AGAS

顔アイコン

しかしどうしても1人は生贄になってしまいますね>_< 最後のシーンも玉青がさらに無理しているように思えましたね。静馬のダラダラを描くならもっと他のシーンに注ぎ込めたかもしれませんね^^; ル・リム限定の話だといろんな部の活動を描きそうですね。あとはドラマCDで出るのかな? CMでミアトルはあるので。

2006/10/5(木) 午前 0:00 いざよい

開く トラックバック(20)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事