ここから本文です

書庫全体表示



ソウルのアパートの屋上には対空砲があったりする

軍事基地法および軍事施設保護法などに基準して設置
民間使用できなくても軍事施設の構築費は事業者負担


イメージ 1[ソウルミーナ]アパートに住んでいても、屋上まで上がって行ってみた入居者はそれほど多くなさそうだ。 普通は錠で堅く閉ざされているところであり、火災など、非常事態でなければ事実、あえて上がることがないからだ。 ロックされた屋上の扉を開けば何があるのだろうか。

ソウル汝矣島(ヨイド)をはじめ、都心の高層建物の上に首都ソウルの対空防御のための軍事施設があるという話は一般人たちも聞いてみたことのある、公然の秘密だ。
しかし、住居施設であるアパートの屋上にも軍事施設があるという事実は、該当アパートに住む人たちも知らない場合が日常茶飯事だ。

すべてのアパート屋上に軍事施設があるわけではないが、軍が首都防衛目的に要請する場合は、関連法令に基づき軍事施設が設置されることができる。

イメージ 3

▲最近分譲された漢江そばの高層アパートには対空陣地が設置される



最近、70倍を超える高い請約競争率を記録したAアパートは入居者募集公告文を通じて留意事項に軍事施設が設置されると発表した。

公告文には、"団地には軍事施設が設置され、屋上に軍事施設が設置されているので接近禁止区域に指定出入りが遮断されることがあります"と明記された。


イメージ 2

▲ 来年完成予定の聖水洞Cアパートの棟配置。101棟の上に「軍事施設」と表記されている。

このアパートだけでなく、B建設が、聖水洞に建てているCマンションの屋上にも軍事施設が設けられる。 2005年には軍用ヘリが、龍山(ヨンサン)のあるマンションに対空砲を運ぶ様子がメディアに報じられもした。

20階以上の高層ビルに軍事施設を設置するのは、軍事基地および軍事施設保護法第12条3・4項及び同法施行規則第7条に基づく。

また、軍事基地法によると、対空防衛協力区域内で大統領令で定める一定の高さ以上の建物を建てる場合は、建築許可の段階から国防部長官もしくは管轄部隊長の協議が必要である。 さらに、必要な場合、民間所有の建物でも対空作戦に障害になると、対空砲などの軍事施設を設置できるように規定している。


イメージ 5
イメージ 6


2006年当時、ハンナラ党の宋永仙(ソン・ヨンソン)議員が国防部の資料を分析した結果によると、軍事施設保護法によって、ソウルの高層建物の上に構築された対空陣地は計29ヵ所であり、業務施設15ヵ所と住商複合10ヵ所、ホテル2ヵ所、マンション1ヵ所が含まれていた。

国防部はしかし、軍事保安を理由に現在、ソウル市内の建物の上に構築された軍事陣地が正確に何ヶ所あるか言えないと明らかにした。


建設会社の関係者は"首都防衛司令部が軍事施設を設置しなければならないと連絡がくると、これを反映しなければならず、設置される軍事施設の具体的な規模と位置は軍部隊側が定める"と話した。
設置されるすべての軍事施設に兵力が駐留するわけではない。 Cマンションの場合も兵力が常駐する陣地ではなく、予備用に備えられた軍事施設が設けられる。 軍事施設が建てられたマンションでも兵力移動の際、別途に設けられているエレベーターを使うため、住民との接触は頻繁ではないという。

屋上に軍事施設があるとされた龍山(ヨンサン)のある住商複合マンションの住民は、
"てっぺんに軍事施設があるかどうか知らなかった"、"マンション周辺にコンビニ店を利用する軍人らをたびたび見たりしたが、近隣部隊の軍人だと思った"と話した。

入居者が使用できない軍施設だが、設置費用は、民間が負担しなければならない。 全体工事費に占める割合が多くはないが、現在、法令によると、軍事施設の設置費は事業施行者が負担しなければならない。
Aマンション施工会社の関係者は、"軍事施設を建設する費用は施行者負担"とし、"私たちの団地の場合、組合マンションと事業主である組合が負担することになる"と話した。


(翻訳:みそっち)



屋上にねバルカン砲が置いてあったりするんですよ、ところが実際に撃つとなると地上に実弾が降り注ぐことになるのです。東京でも昭和20年になるとグラマンの50口径の機銃の薬莢が降ってきて瓦が割れたりしたそうですから大変なんですよね。

もちろん地上のクルマとかが大損害ですよ。2005年のある試算では損害は計り知れない規模になるんだそうで、実戦になったりすれば民間の財産被害はうやむやになるわけですが、敵味方不明機が飛んできても警報を鳴らしてそれを撃つなんてことになると時間的にも告知が不可能だそうですからどうなっちゃうんでしょうね。

そういう事情なので訓練でもソウル上空に実弾を撃つことはありません。
ソウル防衛用のエリコン砲の不正なんていうのがありましたが、あれだって実弾を撃たないという前提で並べてあるものだったので銃身が割れたなんていうのは空砲発射で露見したものでした。


◇ ◇  ◇


軍納不正で半分以上が作動できなくて…訓練時破損・亀裂現象
 
交換砲身 無資格国内業者が製作→香港→逆輸入

 
イメージ 11[まとめミーナ]大統領府などソウル都心の上空を防御する核心戦力のわが軍の35㎜対空砲火(別名エリコン35mm連装砲)が軍納不正による不良部品のために最近までただの一度も正常に運営されなかったことが10日明らかになった。

イメージ 2特に国防部調査本部と警察がこの問題に対して合同捜査を進行していて最終捜査結果により波紋が拡大するものと見られる。
国会国防委と国防部核心関係者によれば国防部調査本部は最近米国武器仲介業体のT社の国内貿易代理業者のN社が契約と違いエリコン砲の(砲身)を無資格国内業者で製作して香港に送った後また国内で逆輸入して軍に納品した事実を摘発して調査中であることが分かった。 T社は当初海外で交換用砲身を調達するという契約を締結した。
調査結果によればN社はT社が国防部と契約したエリコン砲交換砲身の国外調達納品を代行しながら武器製作経験がない国内業者に廃用となった銃身と資材を送って納品する交換用砲身を逆設計して製作するようにしたことが分かった。 N社はこのようにさせたにせ物交換砲身を正常輸入品であると偽装するために香港に送って国内で逆輸入する方法で軍に納品したと分かった。

イメージ 2あれはね試射しないんですよ、空襲警報も無しで撃っちゃうとそのままソウル中が阿鼻叫喚しちゃうんです、
35mmのエリコン砲は通常弾頭ですから当たらないとそのまま降ってくるんです、空気抵抗を考えなければ発射した速度で落ちてくるわけです。
35mmの砲弾っていうとオロナミンCぐらいのサイズですからあんなのがバラバラと降ってきたらとんでもない大惨事なのですね



▲持ってきただけだと装弾も出来ません コンプレッサーと電源車 それぞれに2名 その運搬(運転)に更に4名、接続出来たら 発射体勢にするため銃座の油圧を抜きます  やり直し出来ませんよ 

射撃手(射撃管制手)が手元のトリガーに触ると 砲は急旋回します   ぐい〜〜ん  なぜって エリコン砲には “レーダー追跡射撃”  “手動射撃”  の2個しかパターン無いからです。 




イメージ 4





  • 顔アイコン

    屋上に軍事施設設置は断固反対ニダ!
    機銃の振動と重さで建物が崩壊してしまうニダ!

    [ ひまー ]

    2016/10/26(水) 午後 4:25

  • 顔アイコン

    韓国人は南北統一なんてやる気ないんでしょうねえ、ホンネは。

    [ パクりパクって中進国 ]

    2016/10/26(水) 午後 4:58

  • 顔アイコン

    瓦が割れるどころか味方の高射砲の破片が落ちてきて少なからぬ死者がでたようです。カンコクもクネのおやぢの時代までは国籍不明機がソウル上空に飛来した場合は即発砲して流れ弾で死者がでたはず。

    [ bin*t*ng*elata*7 ]

    2016/10/26(水) 午後 7:42

  • 顔アイコン

    ロッテが賄賂で認可を取って建てた超高層ビルにもあるのかね。たしか基地のそばで、戦闘機の離着陸を邪魔する位置にあった気がしたけど。

    [ dad*o*68 ]

    2016/10/26(水) 午後 8:27

  • 顔アイコン

    これって、完全な軍事施設になるから
    有事には排除対象となりますよね

    マンション住居部に、爆弾投下されても
    文句言えない訳だ

    [ ]

    2016/10/26(水) 午後 11:24

  • 顔アイコン

    試射もしない兵器が有事の際に動くのかね?
    100%無理だと思うけどw

    [ 鉄人4号 ]

    2016/10/27(木) 午前 11:40

  • これをイスラム国がやると、住民を盾とした軍事拠点、という表現になりますね。

    [ コウ ]

    2016/10/27(木) 午後 1:08

  • 顔アイコン

    高いビルの上を軍事的に提供させるのは間違ってはいないでしょうけど
    機関砲はダメでしょってw
    高層ビルからボルト一個でも落としたら人が死ぬのに。

    [ sha*e*ta* ]

    2016/10/28(金) 午前 0:19

  • 顔アイコン

    作動させなきゃ見た目だけは、兵器っぽい w

    [ mu***am*00** ]

    2016/10/30(日) 午後 3:30

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事