ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]



済州島のカジノがとてつもない墜落 中国人は?
上半期の売上高が前年同期21%水準まで急減



イメージ 2
[暮らしのミーナ]31日、韓国朝鮮日報は、済州地域のカジノ産業が深刻な低迷の沼に落ちたと報道している。

31日、韓国のカジノ業観光協会によると、今年上半期の済州地域の8カ所のカジノ売上高は922億3200万ウォンで、前年同期4372億2800万ウォンに比べて79%も急減したという。


昨年の済州地域のカジノ業の売上高(暫定)は、5112億ウォンで、2017年の1769億ウォンより3342億ウォンが増加したが、成長を6ヶ月も維持できなかった。
それどころか

このようにカジノの売上高が下がると、済州地域のカジノ業者が納付する観光振興基金も昨年470億ウォンから今年は100億ウォン程度に低下すると予想されている。
済州観光振興基金のうち総収入比でカジノ徴収構成比率が2016年50%、2017年58%、2018年55%の割合を占めきたが、これは、地域内の産業の活性化のための財源として編成されている。これが無くなる危機にあるわけだ。

済州島内のカジノ産業が生き残る危機に追い込まれた理由は、サド(THAAD・高高度ミサイル防衛システム)やニホン人観光客の韓国離れによる寒波がまだ与えているという分析だ。

韓国国内で韓国人が出入りできるカジノは江原道の江原ランドが唯一だ。韓国経済はどん詰まりだが江原ランドの売り上げは相変わらず絶好調だという。一攫千金を狙う韓国人は相変わらず多いということだ。


(ソウル/みそっち)




過去カキコ


韓国の主婦は朝から賭博三昧

警察の取り締まりを避けて逃走しやすいように午前6〜7時から屋外テントでご開帳
暴力団員など42人一斉検挙 毎回4億・計240億の賭け金推定


イメージ 1
[サイコロミーナ]全国を回りながら早朝から野山で賭博場を開設し、賭博を日常的にやってきた組織暴力団などが大量に摘発された。
京畿道南部地方警察庁広域捜査隊は賭博場所の開帳などの容疑で、キム某(44)氏など6人を拘束し、別のキム某氏(51)氏など20人を在宅起訴したと5日明らかにした。

キム容疑者らは昨年9月から今年3月の間、59回にわたり全国を回りながら山にテントを張って賭博師たちを集めて別名 'トリジッコテン' 賭博をするようにした容疑を受けている。

5枚の花札の札を受け、そのうち3枚の和と10の倍数であるような10、20、30のうち、一つを作って、残りの2枚で勝敗を分ける。 11月の雨と12月の桐を除いて1月〜10月まで使用するが、カス20枚を除いた20枚とすることもあり、カスも含めて40枚で行うこともある。

イメージ 2



彼らは賭博場からある程度離れた1回目の集結地にギャンブラーたちを呼んで身元を確認した後、午前6〜7時から賭博場を開き、正午前に完了するなど彼らは警察の取り締まりを避けて運営したものと調査された。

また賭博場内部の隠しカメラ撮影を防ぐために電波探知機まで動員した。

常習賭博などの疑いで立件されたイ氏などは賭博場を設置したキム容疑者らから連絡を受けて随時賭博場を出入りしており、職業はほとんどが主婦で、会社員などもあることが分かった。

掛け金は毎回4億ウォン程度で計240億ウォンほどが賭場で交わされたものと把握された。

警察関係者は "毎回100人ほどが賭博をしたものと推定したが、確認された常習賭博者だけを立件しており、賭博場を開設した彼らが賭博に参加したりもして今回の犯行としていくらを得たのかは把握し難い"、"賭博資金が暴力組織運営資金に使われたかどうかを確認する一方、このような野山賭博場に対して持続して取り締まる方針"と話した。

(ソウル/みそっち)



これはもうそういう社会なんですよ。老人憩いの家でも監視してないとすぐにはじまっちゃう
バッカス公園のお年寄りのスゴロクだって取り巻きの見物人が賭けちゃうわけです。

娯楽の少ない郡部になると、ご開帳ってだけで100人とか集まっちゃうのです。
やりとりされるのは1000ウォン札のようですが10枚で束ねてありますね。




充実した過去カキコ



韓国の独居老婆 花札の胴元を刺し殺す

加害・被害者いずれも独居老人なのに殺害されるに至った債務の恨み
隣人殺害し、遺体毀損した60代の女性検挙…被害者の遺体は一週間放置



イメージ 1
[NEWSミーナ]頼れる家族一人いない独居老人たちの会の内部で債務関係から芽生えた恨みが殺人劇に至った。

この16日午後3時頃、光州北区斗岩洞のある賃貸マンション9階の家の中でA(81・女)氏が死亡していることを区庁の社会福祉士が発見した。

捜査に着手した警察はアパートの閉鎖回路(CC)TV映像を分析して社会福祉士がA氏を最後に目撃した今月8日以降、唯一この家を出入りしたソン某(67・女)氏を容疑者に特定した。

近所のA氏とソン氏は、皆、独居老人であり、基礎生活保障需給対象者として平凡な日常を一緒に送っているこのアパートの老人会の構成員である。

イメージ 2
ただ、住民らが話す彼女らの生活には縮めることができない隙間が存在した。

比較的懐事情が良かったA氏は余裕資金を転がして、近所の間で '村金庫' の役割を果たした。 隣人の暇つぶし花札で '銭主'の役割をする時も多かった。

世情暗い老人たちがA氏を訪れる時は敷居高い銀行と違って、複雑な書類を準備する必要がなく、欲しい時には、すぐに現金を握ることができた。

ソンさんも事情がうまくいかない時は、A氏に手を広げた。 金額については '50万ウォンだ'、'400万ウォンだろ' など近所の間に記憶が分かれた。

犯行を否認していたソンさんは執拗な追及が続くと、お金のためにAさんから心が傷つけられたことを打ち明け始めた。

ソン氏は "私を中傷して無視した。 私からだけ高い利子を受け取った" とし、鈍器を持ってAさんの家へ向かった事件当日の状況を供述した。ソン氏の具体的な犯行動機を調査していると17日明らかにした。


(ソウル/みそっち)


イメージ 3

イメージ 6

▲花札のルールはよくわかるが社会のルールには無関心な韓国のお年寄りは問題だ





違法なとばく場の急襲してみたら…賭博に熱中する韓国主婦ら

ここで捕まったら”負け”を取り戻せないニダ、刑札は暴力団の味方をするニカ
送り迎えから追加の資金貸し出しまで でも場所は秘密だったハズなのに


イメージ 1[ソウルミーナ]倉庫に不法賭博場を開設し、賭博を行った暴力団の一味が警察に逮捕されました。
とこでこの賭博場の常連客とはどのような人たちでしょうか。
意外にも、主婦たちが殆どでした。

-最高60倍にお金を増やすことができるという誘惑に、主婦が群がったというんですが。賭博に熱中する主婦ら。今日は、この問題を見てみます。

まず4月9日だからすぐ先週末の状況なんですよ。警察が急襲した不法賭博の現場画面で見た後話続きます。
サイコロ数字を当てるゲーム盤の一ヵ所に主婦数十人が駆けつけています。
いわゆるサイコロ賭博にすっかり夢中になっています。

イメージ 3


そこに警察が押しかけて賭け場は瞬く間に修羅場になります。

この賭博場を運営した一団は39歳のキム氏などの暴力組織員8人。この2月彼らは、京畿道光州(クァンジュ)の人跡まれな倉庫3ヵ所を借りて賭博場に改造しました。 倉庫の内部には防音材を設置して賭博の音が外に漏れて出ないようにしました。 場所を知られずに賭博師たちを運ぶため、車の中では外が見えないいわゆる真っ暗闇のタクシーも動員しました。

一日に動く掛け金は6000万ウォン程度、主婦30人余りが引っかかりました。

-光がさして出ないようにしておくために現場を警察たちが分からないということで安心をさせます。 そのためにたくさん来るようになったのに。。特に、配当率が最高60倍に達するという点のために一度に多くは30万ウォンずつをかけ、賭博に陥りました。

イメージ 5


これがどんなものですか。 -簡単に申しますと、カジノの一種類です。 多分サイコロを3つを同時に投げるんです。 それではそこに出てくる数字の合計を当てるとか、又は奇数、偶数を当てるとか。 またはその中で二つを当てるとか。 それで事実は出てくる確率がちょっと難しいほどバッティングをする割合自体が増幅されるようになるようです。

イメージ 4


見ると、今回摘発された人たちが5、60代の主婦たちなんです。 主婦たちがこれが実際に賭博に熱中する主婦らが多いでしょうか?

-そうだと見なければなりません。 私たちが一般的に犯罪件数では男性が圧倒的に優越します、特に賭博としたら、男性がもっと多いという先入観があります。
強盗、窃盗、詐欺などを見ると、少なくとも9:1の割合で事実は男性が多いのです。 女性による犯罪は10%に過ぎない。

しかしここで興味深いことに賭博犯罪は女性が占める割合がかなり高いです。 それでここ数年前から賭博事犯の割合によってもなんと40%ぐらいが女性による賭博犯罪であります。 さらに、常習賭博の場合では似たような恥である30%ほどがほとんどが主婦でした。 それで他の犯罪と大別される点が女性による犯罪性が発現することが賭けだこのように評価できるようです。



以下読まずにお進みください

そうですね。 賭博を続ける夫のためお腹を腐った妻は、または賭博に陥ることになるそのような悲惨な事故もいるということだがなぜそんなに賭博にはまっていいですか。 -家庭主婦のような場合は、いわゆるうつ病とか家庭における例えば疎外感また、40代、50代になって空巣シンドローム。このように何か寂しくてうつ病のようなものがいるからこれからの脱出のための方便で、最初は興味本位で小さな規模の賭博が開始されているということですね。 しかし、最初にこうしてスタートになった場合にこれを一時的な娯楽にとどまらなければならないが、結局一緒に通っている方たちが情緒的な共同体の役割を担当するから。 -一種の連帯感を感じ始めたんですね。 -そうでしょう。 そして現実から逃避するための適切な手段で初めてにウオンヒバッティングをしたが、そこにそれなりの成果があるという錯覚。そうしてみたら初期の好奇心が結局は中毒といった症状まで進化、発展しているわけですよ。 -実際に主婦として博打に溺れたが、今はやめた方なのに一度私達が電話で連結を一度やってみます。 匿名で連結をします。 お元気ですか。 -こんにちは。 -こんにちは。 -今はやめたと言ったが、どうして賭博に陥るようになりましたか? -さっきインタビューした住んで私も同じ場合です。 主婦の時の友達、赤ちゃんお母さんの友達が家に赤ん坊を連れて遊びに来いといって、ふたつがいると退屈だから、それを遊び半分で一緒にしたことだが、私がそれを学んでハウスに行って間の経験があります。 -だから親しい友達を付き合っている過程で知り合いが勧めてみたら一緒にするようになったこのようなお話ですが。 ところが、賭博に陥ることになると、だんだん日常生活も手によくつかない、そうじゃないですか。 どうでしたか?私もそのまま家庭生活、子供らの子供教育、こんなところにパターンが台無しになります。 それに関連すると、。 家族の管理とか。 生活のリズムが崩れているんです。 ギャンブル中毒になるからです。 何も見えませんよ。 -また家族たちには秘密にしなければならないから。 どれほどまた、心の中では気苦労多くしたでしょう。 -そうして見るから次次と嘘をつくようになってずっと生活が疲弊するのです。 人生の質が落ちて。 何の主婦の役割が、母親の役割がまたそんな役割がにならない。 -最後に一つだけもっとお聞き致します。 今この瞬間にももし、博打に溺れている方たちに一言してくれたらどんなおっしゃっていただけますか。 -私も、紆余曲折を通り過ぎました。 私がそのような一時の失敗をしたが、本人の意志があれば中毒も抜け出すことがあります。 なぜなら今はとても生活が長くからこの家庭...5、60台分をみると新しい暮らしを求められる自分の努力が必要です。 また、成果をなす見ると、本人の自尊感も高まってしたら、賭博中毒ということも十分に脱することができます。 -難しいインタビューしてくれましたが、ありがとうございます。 -お話ありがとうございます。 音声変調をしていたら、電話がとてもよく聞こえなかったが、それでも賭博を完全にまた、やめられた方のそんな直接事例を聞いたらちょっと信頼も行ってまたは賭博というのが中毒性が強いことはしかし、断ち切ることができますか。 -そうです。 ただし、重要なことは早期治療をするのが非常に重要なことです。 ところが、本人自らは私は賭博中毒者ではないとこんなに夫人をするために結局は10年以上が経過してからその次に治療を受けるこのようなものが韓国の平均状態なんです。 結局、これは基本的に脳が最初に記憶をします。 その興奮状態を。そうしてみたらこれをしなくなると、いわゆるて禁断現象が起きてその次には、いわゆる言ってこれを引き続きさらに増加しなければならないいわゆる耐性が生じるこのように表現されているということですね。 これが中毒なのに。 これが一つの意志としては確かに限界があるが、専門家の治療を受けるといえば、明確に断ち切ることができる病気だこのように評価できるようです。 -私の状況を客観的にちょっと見る必要があるね。 それが最初のですね。 -ある調査結果を見ると韓国の成人男女10人のうち8人は競馬やまたはカジノやないとできず、花札でもこのような射幸活動をしてみた経験があるこのような調査結果があるが…。 そうと10人のうちに8人が、こんな賭博中毒に陥るわけではないでしょうか。 -そうでしょう。 -どんな場合に陥ることになりますか? -まずは、誰がより脆弱なのか。 こんなに科学的に証明されなかったが、それでも研究結果によると生物学的に見たとき、テストステロン数値が高い人のような場合には喜びを感じることに簡単に衝動的に感じという点があります。 性格的に見ては、いわゆる刺激を追い求めて好奇心が多くていいように評価すれば、勝負師気質がある性格を持っている人が中毒される可能性が大きい。 またその逆の場合においては、遅くて賭博を開始した場合とか家庭の主婦においてはうつ病とか情緒の不安感がかなりひどくた場合、中毒になる確率が高いと言われています。 。実はやめたい気持ちがあっても一人はちょっと大変じゃないです。 支えられする方法があるそうですね。 -基本的にこの事実自体を明確に述べることが必要でです。 そして公式的にはその機関に、例えば韓国の賭博問題管理センター1336があります。 ここに専門的な助けを借りることができます。 -今日のお話ありがとうございます。 -ありがとうございます。


(翻訳、貼り付け:2ちゃん番長)



韓国ではお葬式のあとは花札をするというのが一般的によく知られていますが、これは鎖国をしていた朝鮮にニホンの文化が半島に伝わった19世紀末から始まった風習ですね。それまでの貨幣社会の発達しなかった朝鮮時代までは”丁半賭博”というものは全く存在しませんでした。
その後、急速に賭博文化が広まった朝鮮半島ですが、なにしろお金というものが無い世の中ですから、まさかコメを賭けたりするほどのこともあるわけがありません。
ニホンによる統治と現地で通用する貨幣の鋳造などの流通を通して徐々に貨幣社会へ変わっていったのです。つまり”賭博”を教えたのはニホンであり、賭博をするために欠かすことのできない”貨幣”を朝鮮にもたらしたのもニホンだということです。

例えがアレかもしれませんが、石器人って賭博しないでしょ、縄文人が掛け事をしましたか?そいうことです。



手慣れた売春業でお金も儲けていくカジノ
現金稼いで賭けもして遊べるなんて
拠点を用意しチラシ3万枚まで作って江原ランドにやってきた5人
 


イメージ 2
[暮らしのミーナ]大当たりを夢見て、江原ランドを訪れるギャンブラー。しかし、ほとんどの輩は初めての夢とは違って、有り金を全て失って、それでも足りず、様々なルートを通じて金を借りて最後の賭けをすることになる。 勿論それも90%以上は失敗する。 本殿どころか、借金ばかり背負っているのが常なのだ。
 

江原(カンウォン)ランドカジノを訪れる輩の性比は男性が80%、女性が20%ほどだ。 男性が女性より絶対的に多い数値だが、それでも女性の数字は侮れない方。 

このような状況のためか、江原ランド周辺ではお金を失った女性たちが賭け金資金を用意するために売春を行うという噂が出回ってきた。 これはあくまでも噂だった。

しかし、最近、江原ランドで組織的に売春行為をしていた仲間が警察に摘発され、そのような噂が事実であることを立証された。 警察に逮捕された被疑者らはソウルで風俗店を転々とするが営業がうまくいかないと、江原(カンウォン)ランドカジノで大儲けをしたくて来たが、とんでもない道に陥ってしまったのだ。 
景気不況は利益を狙うギャンブラーたちだけでなく、風俗店従事者まで遠い江原ランドに向かうようにしたものだ。 

この2月25日、江原道太白警察署に捕まったチェ某さん(35・ソウル市冠岳区)、チョン某さん(女・27・ソウル市江南区)、キム某さん(女・27・ソウル江南区)、李某さん(女・21・ソウル江南区)。 そしてまだ警察に捕まっていない一人の女。 

当初互いに分からなかった仲だった彼女らが、売春を向けて団結したのはこれらの中で最も年長者のチェ某さんが残りの4人の女性に性売買営業を提案してからのことだ。  

チェ氏は、ソウルでマッサージ店をした時から知っていたブローカーを通じて4人の女性たちを紹介された。 もちろんこれらのお嬢さんも、チェ氏と似た考え方を持っていた。

警察調査によれば、チェ容疑者の一行がソウルの風俗店を折って江原ランドに向かったのは、2月16日のこと。 

当時、チェさんは自分が運営していた遊興業店がうまくいかず、店を処分し、新しい事業を物色しているところだった。 その途中、チェさんがこの前にマッサージ店を運営する時に知っていたブローカーから江原ランドで性売買をすれば大もうけできるという話を聞いて動いた。

普段、風俗店で働きながら、江原ランドのうわさが頻繁に入ってきたチェ氏一行は夢を抱いて旅に出た。 手慣れた売春業でお金も儲けて、カジノで賭けをして遊べるという漠然とした幻想に浸ったのだ。  

イメージ 4
この2月16日、江原ランドがある、舍北(サブク)に到着した彼女らは、市内のFモーテルに部屋をキープして営業に必要な車両をレンタルした。 夜には江原(カンウォン)ランドカジノに入って事前探索をしたりもした。 
彼女らは江原ランドで使用するために特別に制作した名刺を駐車場の車両扉に入れた。 

この名刺には雑誌から切り取った女性の写真と名前と電話番号がカラーで印刷されていた。 ソウルなどでよく見られる'女子大生バイト' のようなビラと似ていた。  


彼女らはこのように名刺を配ってからはカジノで賭博をしながら数日の雰囲気を探索した。 当然彼女らはカジノに常駐するギャンブラーと顔見知りになった。 ある程度カジノの雰囲気に慣れてきて彼女らはもっと大胆な営業を開始した。 
名刺大の紙切れに名前と電話番号を直接ボールペンで書いてカジノで賭けをしているスケベそうな男性たちに渡し始めたのだ。チラシを差し込んでおくことよりはるかにに効果的だろうという考えからだった。 もちろん、メモを受けた男たちはそれが何を意味するのか、すぐに気づいた。  


イメージ 3

▲チェさんらがソウルで撮ってきた広告の名刺は3万枚だった。
紙に直接名前と電話番号を書いてカジノ客に配ったりした。


子マダムが娘を紹介し、売春宿の主人格であるチェさんは車で男を連れてくる
※새끼마담 = 子 マダム

イメージ 5
予想したとおり効果が現れ始めた。 メモを受けた男が連絡をしてくれば、子マダムが娘を紹介し、売春宿の主人格であるチェさんは車で男を連れてきた。 
彼女らが一回に受け取った金額は30万ウォン。しかし、条件と価格は駆け引き次第だった。 男性たちは、高価とややためらえば5万∼10万ウォンを減免することもした。
 

しかし、問題だったのは彼女らが客寄せのために使用してきた方式があまりにも公開的だったという点だった。 彼女らが営業を開始して10日も経たないうちに、江原ランド内にうわさが広がって、当然警察の諜報網にもかかってしまった。 情報を入手した警察は2月25日お客に変装し、チェ容疑者などに連絡をした後、売春が行われていたモーテルを襲った。
 
警察は、このような売春組織が江原ランド周辺で大手を振るっているという情報を過去にも何度も接したが、尻尾をつかめなかった。 売春業で稼ぎに来るが、大半が思ったより成績が悪く、数日しか経たずに撤退するということ。  

太白(テベク)警察署の関係者は "田舎だから人々があまり多くない上、江原(カンウォン)ランドカジノに来る人たちは主に賭博を目的で来たのであって、他の目的で来るのではないため" と分析した。

事情がこうだが、知らぬうちに江原ランド周辺には似たような浮き草の売春組織が絶えず集まっているというのが警察の話だ。 勿論、ほとんどの売春組織は小規模であり、陰性的に営業をしているために摘発するのが容易ではない。 

捕まったチェさん一味は大金を稼いで見ようという欲に出しておいて広報をして警察につかまったケース。彼女らがソウルで持ってきた広告の名刺が三万枚に達したという事実で、彼女らがどれほど虚しい夢を見たのかうかがうことができる。  

捕まったチェさんなどを調査していた警察は被疑者らが "淪落(売春)行為防止法違反で処罰されるより、カジノ出入り停止処分を受けるのがもっと残念だ" は反応を見せてびっくりした。

調査結果、彼女らは風俗営業が期待ほどなかったため、ほとんどの時間をカジノで賭博をしながら送るようになって、結局賭博中毒にされてしまった。利益の夢を抱いて江原ランドを訪れ、金どころか、犯罪行為で手錠にかかったうえ、賭博中毒者までなってしまった。 

この事件を担当したチョンウクチャン刑事班長は "カジノ周辺では想像できなかった犯罪がしばしば起こる。 今回の事件はこれまで密かに行われた犯罪が警察に発覚したということに意味がある。 健全なカジノ文化の定着のためにはこのような犯罪が一掃しなければならない" と話した。


(ソウル/みそっち)










首都圏埋立地管理公社、紙新聞購読全面中断。新聞社反発
韓国は何もかも変(知ってたさぁ)何でも反対ってどうよ



イメージ 1
[暮らしのミーナ]3日、首都圏埋立地管理公社などによると、埋立地公社は今月から中央日刊紙と地域日刊紙、環境専門誌などの紙の新聞153部の購読を中断することを決定した。

公企業が紙の新聞の購読を中止したのは異例のことだ。
※韓国では慣習的にお役所や商業ビルなどに押し紙する文化がある

これに韓国新聞協会は、公共機関が紙の新聞購読を全面中断した事例を、これまで接してみたことも無かったと強調した。
埋立地管理公社(Sudokwon Landfill Site Management Corporation, SLC)は、スマートフォンなどでオンラインで記事を見ることが普遍化し、紙の新聞の利用率が低くなり、購読を中断することになったと説明した。

これまで購読していた新聞153部は埋立地公社の従業員2人当たり1部の割合で過剰であるし、購読中断によって年間2千300万ウォンの予算を削減することができると付け加えた。 ※年間およそ200万円の新聞購読料ってこと


また、廃棄物を資源化する役割をする埋立地公社が新聞数万部が読まれないまま、毎年捨てられることを、よりは放置することができなかったと強調した。
埋立地公社は、首都圏地域の廃棄物を搬入・埋め立てて埋立ガス・汚泥・温廃水などを資源化する役割を担う。

埋立地公社は、紙の新聞購読を中断するが、電子スクラップを利用したオンライン購読方式で新聞記事の監視は継続する計画だと伝えた。

埋立地公社広報チームの関係者は、「捨てられるゴミさえ資源化している公社で正常な資源である新聞が読まれないまま捨てられることに対する負担があった」と説明した。※新聞を読まないことについての言及は無い


イメージ 1

▲環境部傘下機関である首都圏埋立地管理公社が資源浪費防止と予算削減などを理由に紙新聞購読を全面中断することにし、新聞社が大きく反発している。



しかし、地元の新聞販売店などマスコミは、公企業が公的機能をする新聞の価値を切り下げたと反発している。
また、様々な世論を聞くことができる窓口を公企業が自ら失くしたと指摘した。

埋立地公社の事例を根拠に、公共機関が紙の新聞購読を中断することが拡散するかもしれないという懸念も新聞業界の間で提起されている。

ギムデホ仁荷大学メディア情報学科教授は、「インターネット上で世論が消化されているといっても、地域の公共機関は、地域のメディアなどの新聞を監視し、行政遂行に反映しなければならない」とし「新聞購読を壊すことは、世論を把握しようとする側面が疎かという気がする」と指摘した。

韓国新聞協会は「公的任務を遂行する公企業の関係者が揮発性の高いオンライン記事のみ露出されるのは望ましくない」とし「しっかりとしたジャーナリズムは、肯定的な外部効果が大きい代表的な公共財であるため、新聞の公共財的特性をもう一度考えてみるきっかけになることを願う」という立場を明らかにした。

(ソウル/みそっち)



公社ですから公務員ですよね。公務員には下っ端とそれを束ねる組織があります。
毎朝届く新聞をとっている。韓国には150種類も新聞があるわけないので部署ごとに全紙とっているってことですね。

そこには新聞を配達する人があり、それを各部署に正確に分配する職能を持った人がいて、毎朝数紙が業務机の上に無いと気が済まないインテリもいて、それを出して片付ける業務のためにもうひとり必要で、読まなくても畳んで廊下に出しておく公務員がいて、それを集めて回る清掃員の雇用があって新聞に関する公務員と業務が出来上がります。

なんだかそれを読んでいるだけのひとを毎年採用しなきゃならないような気がしますけどね。
※韓国のオンライン版の記事には自動要約と言う機能がある、これによって韓国型の無理解単純賛同票が記事の内容の理解をせずに上位コメントにイイネを押すという構造になっている


◇ ◇ 


イメージ 3

すでにみなさんはハングルの手書き文字というものが、もう解読不能な書写レベルであることご存知だと思いますが。まぁとにかく韓国では書いて伝える機能を担う文字がフォント(活字)になっていないと他人の書いた文字は理解できないっていう人がとても多いのです。 

事実、韓国では手書きのハングルは支払いのサイン程度だと考えています。これってつまり高校の授業で黒板に書いたものをノートに写すという行為を完全に否定するものなのです。

そいうわけですから、高校の授業では、黒板に板書するものはすべて紙に印字して学生に配る>>>そういうことになっています。

とにかく他人の書いた手書きメモは読めないレベルなんですよ。いえいえ多分ご自身でも自分で書いたメモが何を書いたのか理解できないと思いますけどね。

たとえば重要な会議で、発言中にメモが回ってくるところを想像してみてください。「そこはまずいよ」みたいな内容でしょうか。ところがハングル人はそのメモを理解しません。韓国人のすべてが例外なく悪筆なのもありますが、韓国人は手書きのものは信用しません。それは読めないからです


さあ、どうしますか? 

韓国人には出来ないことを 認めること は本能として出来ません。つまり読めないとは認めませんから 知ったかぶりが訂正しないということが繰り返されるしかないのです。

これは手書き文字の解読だけではありません、相手のいる交渉であっても韓国人のほとんどは自分の持ってきた結論が認められないと発火します。

間違いをみとめることは本人の全否定である>>>>まさにその通りですから相手の主張を聞いてそれに反論するという風には出来ていないのです。
※相手の意見を聞く=自身の全否定と言う意味

イメージ 2


このあいだ輸出管理に関する事務的説明会というのがありましたよね。これは当日の韓国人参加者にとっては「カラオケの次の曲に何を入れようかな」っと全くこっちの歌を聞いていない状態のあとに、「そいじゃもう一曲」という時間延長で5時間になったわけです。

しかし彼らは決してマイクを放さないわけじゃないのです。カラオケではマイクを持った人が歌いますが、韓国人は自分の順番を待てないので大きな声を出します。
もう韓国人ってこっちのハナシを聞いてだけないので、何度も何度も何度も何度でもおなじことをリクエストしてないのに繰り返すのがの韓国人のやることです。


もちろん説明会でも通訳もいるし口語で翻訳するわけですが、こっちの言うことは最初から聞いてないんですから、説明会なんて15分で終わる内容が5時間かかっても平行線ってことですよ。
しかもこっちのハナシを聞いてない(自分の言いたいことを言う順番を待っている)ので、ホワイトボードに貼ってある漢字は韓国人には理解出来ませんから「実務者協議」って言い張るんですよね。

仮にもあの日のメンバーは韓国のお役所の課長ですから、韓国社会での世渡りだけは上手なんでしょうけど韓国人であるだけに人の話が聞けないという点では例外が無いってことです。





◇ ◇ ◇ 


 再掲載 

ハングルは意思を伝えるツールとしては非常に不適切である

韓国人の完全愚民化こそが治世者の望み
たまに自身に降りかかってくるけどな。

【大文字・小文字の区別は無い】
ハングルの欠点は、大文字・小文字、筆記体・ブロック体、日本語のひらがな・カタカナに当たる区別がないことだ。視覚的アクセントに乏しい。これは非常に重要な問題だ。
例えば、日本語をハングル風にひらがなだけで「きょうは らっきいな いちにちだった」と書いた場合と「きょうは ラッキーな いちにちだった」とカタカナ混じりで書いた場合、どう考えても視覚的には後者のほうが意味が分かりやすい。
【手書きは読みにくい】
筆記体が無いために、日本語同様、個人の個性溢れる文字となる。
韓国人の手書き文字はクセ字が強くて非常に読みにくい。元々ハングルはよく似た形の文字が多いため、手書きにされるとさらによく分からなくなる。1字1字を丁寧に書く外国人の文字を見て「キレイな字だ」と絶賛するわけだ。
韓国人と手書きでやりとりする時は判読である。何度も強調するが、綴りミスだらけなので、辞書を片手に勉強している初心者時代には解読に手間取ることとなる。   http://honyakuka.jugem.jp/?eid=230


イメージ 6
このように同じ文字要素をあらわすのにも上記のように幾通りかの表記方法がある、インターネットでよく使われている書体ではニホンでいう丸ゴシック(写研だとナール®)のフォントがニホン製であることから一部のハングル論者には格好のネタともなっているのです。ハングルというくくりのなかで同じような表記が同時に存在するというのも問題ですが、読めない書けない、機能性文盲だ。っというだけでは済まされない問題なのですね。これを”失読症”だとしてしまうには韓国人の発症率が高すぎるのです(30%以上)

たとえば生活に困ったのが”基礎受給申請”のために自治体の窓口に行くわけですよ、窓口ではいくつも書類を書かなきゃなりませんが、その段階でほとんどの”基礎受給申請者”は諦めて帰るんだそうです 名前を書く欄でさえ「ハングルで書く事」と書いてあるのが分からないそうです(ハングルしか書けないけどハングルが何を意味するのか分からない)

これね、今は教えなくなった”漢字混じり”の過去新聞記事が読めないっていうのとは別の問題なのです


イメージ 5

ほら、わかんないでしょ、同じ文字を表しているように見えますか?
そう言われてみればそうかもしれないけれども、現代人の韓国人にとっては、”読み飛ばす対象”になっちゃうのですね

もちろん意味は通じませんよ こんなふうにワカンナイ解読不明の文字を彼らは日常的に読み飛ばすのです

何しろ彼らにとって「ワカラナイ」というのは屈辱ですからね。それで知ったかぶりをするし嘘ばかりを繰り返すのです。

韓国人にとって嘘つき呼ばわりされることは全人格の完全否定ですからね。
口から出た言葉はかれらの脳内で真実になるのです。 これが韓国人の脳内変換です


ものごとの本質を理解できないというのを”実質的文盲”と言い出していますが、韓国人にはそれがわからないのです。わからないから”世界一優秀なハングル”っていうのを信じちゃうのです。これが愚民化政策の成功例と見るべきなのか、情に左右されやすい”韓国型感情論”としてしまうのかは今後の研究が待たれるところです。



イメージ 5





全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事