ここから本文です
母に贈る絵手紙
故郷に暮らす母にお花の絵手紙(はがき絵)を贈ります

書庫全体表示

さて、2回目です。
パソコンで絵手紙を描いていきますが、いろいろと準備があります。
ややこしいところもあるので、文章を読むのがめんどうな方は、画像だけながめていただければと思います。

2. お絵かきソフトでハガキサイズを準備する

私はWindows版のAdobe Photoshop CS6を使っています。
ハガキの標準サイズの幅100ミリ、高さ148ミリにします。
解像度は300pixel/inchです。

イメージ 4

適当な名前(チューリップの花-ハガキ縦)で保存します。

3. 写真からお花を切り取って配置する

チューリップの写真を開いて、花と茎と葉の部分を(なげなわツールで)おおまかに選択したらコピーして、ハガキにペーストします。大きさを拡大縮小して決めます。

イメージ 1イメージ 2イメージ 3

3つの花をペーストして、配置を試行錯誤して、こんなレイアウトで描くことにしました。
右下の花は、あえてはみ出すようにしています。
3つの画像をひとつに統合します。

4. お花の輪郭をなぞって、選択範囲を保存する

チューリップの花の部分だけを切り取るように、輪郭をきれいに抜き取るように選択範囲を作ります。
いろいろな選択の仕方があるようですが、私は地道に手作業でなげなわツールを使って輪郭をなぞって選択範囲を作っています。
選択範囲を適当な名前(チューリップ-01)で保存します。
それを使って花部分だけをコピーして、新しいレイヤーの同じ位置にペーストします。

イメージ 5                イメージ 6

同じように花弁と周りの白い部分も選択範囲を作って保存します。

5. 花びらの部分と花弁の部分を分けて塗りはじめる

写真から花びらの基本となる色をスポイドで抽出します。
選択範囲を読み込んで、まず単色を塗ります。
花弁部分の色も同じようにして別レイヤーに塗ります。

イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9

今回はこのへんで、また次回つづきをお楽しみに!

いやぁ、お花ってホント不思議すてきですねぇ!


massiは、ブログランキングに参加していますので、応援のクリックをよろしくお願いします。

   

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事