ここから本文です
母に贈る絵手紙
故郷に暮らす母にお花の絵手紙(はがき絵)を贈ります

書庫全体表示

作成手順ご紹介の3回目です。塗り色の準備をしたら、描きはじめます。

6. 花びらの色の段階を作る

別のレイヤーに花びらの赤色を、明るいハイライト部分から濃い影の部分の色まで9段階ぐらい作ってみました。最も濃い9段階目は若干くすんだ赤色にして、7段階目を最も鮮やかな彩度にしています。

イメージ 1

6段階目の色で花びら全体を塗りなおしました。

7. 写真からハイライト部分を塗って花びらの形を明確にする

お花部分の写真を下に見えるようにして、新たなレイヤーにハイライト部分を3段階目の色でなぞります(左側)。花びらの形がわかるようになればOKです。(常にお花部分の選択範囲を読み込んだ状態にして、形の外にはみださないようにしています。)

イメージ 2       イメージ 3

濃い影の部分を8段階目の色で、中間の部分を5段階目の色でおおまかになぞります。写真のレイヤーを隠して、先に塗った6段階目の色で塗ったレイヤーと統合します(右側)

8. 花びらを描きこむ

ここからは、お花の写真(左側)と見比べながら描きこみます。私はモニタを2台(普通のと液晶ペンタブレット機能付きモニタ)をつないでいるので、別に保存しておいたお花の写真を別アプリで開いて見ています。太めのブラシ(38px)を使ってひととおり花びらを描きます。

イメージ 5         イメージ 4

ここの描き方のノウハウが最も重要なのですが、長くなるので別の機会に…(笑、、)。
花びら1枚1枚の成り立ちがわかるように描ければ、しめたものです(右側)。

9. 花弁の部分を描く

花弁の選択範囲を読み込み、周りの花びら部分の明暗を塗ります(左側)。
次に別レイヤーで花弁を描きます(右側)

イメージ 6   イメージ 7

とりあえず、お花部分ができてきました。
今回はこのへんで、また次回つづきをお楽しみに!

いやぁ、お花ってホント不思議すてきですねぇ!


massiは、ブログランキングに参加していますので、応援のクリックをよろしくお願いします。

   

  • 顔アイコン

    まっしさん こんにちは〜(^o^)

    なんだか難しそうで私には無理そうです(^_^;)
    まっしさん すごいです!

    Adobe Photoshop CS6は 無料でダウンロードできるのですか?
    無料で絵を作成できるものがあればいいなあと思っているのですが。

    えがお

    [ acchan39 ]

    2014/5/9(金) 午後 0:12

  • えがおさん、コメントありがとうございます。

    http://www.adobe.com/jp/downloads/.html
    こちらから体験版であればダウンロードできます。

    えがおさんのチャレンジ精神があれば、不可能はないですよ。
    すでにもういろいろと作成されているではないですか!

    massi

    2014/5/9(金) 午後 1:53

  • 工程を見て分かりました!
    PCのデジタル画だったんですね♪
    勉強になりました(^-^)ノ

    [ 智春 ]

    2014/5/10(土) 午後 4:39

  • チハルさん、コメントありがとうございます。

    アナログも好きなのですが、引っ越してスペースの関係で画材を広げるのがおっくうになり、デジタルに埋没しております。

    massi

    2014/5/11(日) 午前 8:47

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事