【NBA】デリック・ローズ、CLEと1年契約

イメージ 1

デリック・ローズが、クリーブランド・キャバリアーズと1年契約を結びました。

『まぁ、、なんだなぁ、、、もう、今年は何も驚かないぞ〜。誰がどのチームと契約しようが、もう驚かないぞ〜。』

っていう感覚がマヒしたような感想とともに、やっぱりデリック・ローズという人間が好きなので、どのチームに移籍しようが、『私はあなたを応援します』と、心の底から思えてしまう、そんな感情を抱かずにはいられないのでした。

忌憚なく言ってしまうと、、、今のデリック・ローズとカイリー・アービングを比べるのは酷かもしれません。MVPを獲得した頃のデリック・ローズであれば、もちろん負けてはいないでしょう。繰り返された膝の怪我の影響で、当時の爆発力は失われました。それでも彼がクリーブランド・キャバリアーズと契約したのは、彼なりの覚悟だと思うのです。恥も外聞も関係なく、このチャンスを活かすんだと、自分に言い聞かせたんじゃないでしょうか?

カイリー・アービングは移籍間違いなしのため、先発PGの座は、デリック・ローズが務める事になりそうです。プレイタイムを制限しつつ、怪我の無いシーズンを向かえ、プレイオフで大暴れして貰いたい、そう思うんですよね。もちろん、NBAチャンピオンリングを目指して頂きましょう。

その他の最新記事

すべて表示

ミネソタ・ティンバー・ウルブズのアンドリュー・ウィギンスのイラストが完成したや否や、クリーブランド・キャバリアーズのカイリー・アービングのトレード志願騒動で、ウィギンスがトレード候補として検討されているとの噂が流れてきました。 ...すべて表示すべて表示

フランチャイズプレイヤーのトレード志願に、朝からびっくりです。 噂か本当か、誠か嘘か、今日は朝からざわめいてます。 レブロン・ジェームスとは別のチームで、実力を試したいという真意があるようですが、まぁ、もう少し ...すべて表示すべて表示

レイジョン・ロンドが、ニューオリンズ・ペリカンズと1年契約しましたね。 我れ先にと、次々と移籍ラッシュが続く中、レイジョン・ロンドは少し時間を掛けてチームを選択しましたね。 サクラメント・キングス時代に同 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事