以前からお客さまからホットドリンクがエントランスロビーで飲めればよいのに言われていました。 確かにコールドドリンクはセルフコンビニと称する冷蔵ショーケースから飲めるのに温かいものはありませんでした。  ホット用のショーケースを導入すれば解決できるのですが、あえてウォーターサーバーを設置してみました。
リゾートホテルっぽい方がいいかなと思ったからです。

イメージ 1

コスモウォーターという会社でサーバーのデザインが気に入っています。
無料でコーヒーや紅茶、お茶などを用意しましたので利用してみてください。
天然水は静岡産を主に利用しているようです。

イメージ 2

水の出し入れが楽です。 今後は使いながら良いサービスになるように工夫していきたいと考えています。

イメージ 3

この記事に

開く コメント(1)

石巻B級グルメ 

今日は久しぶりにFUTABAINNより徒歩6分くらいにある大王(ターワン)に行っていました。  ここは東日本大震災前は中央という場所にあり被災し、立町で再開しました。
創業はきっと40年は超えていると思います。 石巻で育った人なら必ず一度は行ったことがあると思います。   多くの熱烈なファンがいて、ターワンをもとめて郊外に引っ越した人もわざわざ食べに来ます。 

イメージ 1

このラーメンの評価は食べログなどの基準では測れません。
しょうゆ味とみそ味のタンメンでしかなく、野菜たっぷりの出汁と化学調味料の絶妙なハーモニーは野蛮でかつ迫力があります。

イメージ 2

特製みそタンメン細麺です。
きっと石巻が故郷の人は懐かしいでしょう。
ごちそうさまでした。

この記事に

開く コメント(0)

台湾自転車旅行

台湾と自転車を聞いてすぐにジャイアントと反応するのが正式チャリダーです。
いまや世界一の自転車メーカーになったジャイアントは私の若いころは無名のメーカーでした。  日本のミヤタやブリジストンやパナソニックも世界一になれたのに、日本人としては悔しい限りです。  
そのおひざ元の台湾には政府とジャイアントが肝いりで作った自転車道「環島」 ぐるっと島一周コースがあり、今回は遅い夏休みと称して挑戦してきました。

イメージ 1

こんな感じで国道のわきに立派な自転車とスクーターのレーンが設けています。
もちろん街中で途切れる時もありますが日本のように車から煽られるということはありませんでした。 台湾はチャリダー界から見ると日本のはるか先を行っています。

イメージ 2

環島1号線コースはいつも看板があり、道に迷うことはありません。 
コンビニも多くあり快適です。

ただし、
この恵まれたコースを自転車旅行しているチャリダーは4日間、見ませんでした。
9月24日から出発したのですが日中の気温が39度くらいで昼に直射日光を浴びると皮膚が痛い感じ、走り続けると上半身から汗がペダルにポタポタ状態です。
台湾自転車旅行は暑さとの戦いでした。

イメージ 3

当然、ビールのためにペダルを漕いでいるようです。
やっと1/3くらいまで行きました。 また今度、挑戦します。
 

この記事に

開く コメント(1)

ワンちゃんとの旅行

最近のホテル業ので悩みはペットを部屋に泊めるかどうかです。
介助犬や盲導犬はもちろん一緒の部屋に泊まっていただきますが、ペットとなるとどうするか迷っています。
先日も小型犬と一緒に旅行されているご夫婦がいらっしゃいました。

イメージ 1

私は個人的にはペットはOKですが、神経質なお客様のことを考えると
悩んでしまします。 ホテルは清潔が一番ですから
今回は曇り空で夜間の温度が上がらないのでワンちゃんは車で泊まりました。
通常の夏では車でワンちゃんが過すのは難しいのでお部屋に
泊まるしかないでしょう。  
部屋を決めて小型犬OKの部屋を作ろうかなと考えています。
もちろん躾がちゃんとできて吠えないで、トイレも間違わないのが条件ですが・・
チェックアウト後のルームメイクは通常より時間をかけてやるようにすれば
ワンちゃんも泊まれるようにできるかな。


イメージ 2

もっとワンちゃんと旅行できるような世の中の風潮になってくれれば助かるのですが
FUTABAINNとしてはペット宿泊は小型犬でしたら相談してください。
今回のワンちゃんは躾がよくて賢そうでした。
隣の公園で遊んで楽しんでいる様子でした。

この記事に

開く コメント(0)

今日はまたリボーンフェスに行ってまいりました。  やっぱり素人にはなかなか理解できないところもありますが、良くなってきました。
様は現代アートの先端で活躍しているアーティストの皆さまが考えて発表されているアートを凡人がすぐにわかるわけはないのです。  
今日は、日常使っている頭をすこし柔らくして鑑賞してきました。

イメージ 1

これは中瀬にある外人さんが設置しているレーザーを使ったアートです。
地上の筒から夜になると緑のレーザービームが発射されて夜空に
直線が描かれます。
それを鑑賞者がやや仰向けで見ることだ出来ます。
今日は蚊が多くてすぐに退散しましたが、風が吹けば蚊が飛べないのでビール片手に何かを悟ることができそうです。

イメージ 2

この作品は牡鹿半島の先端にあります。
アーティストは増田セバスチャンです。
木に、なにか昆虫の卵みたいな物体がくっついていて中に入れます。
これは気に入りました。
地元券は一日1000円なので何度でも行けるのでまた行きたいです。


この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事