特撮 プロップス 倉庫

懐かしんでくださいましねぇ。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

.





大きなお友達なら、買われた方も少なくないと思います。

昨年末に 『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』 と同日に発売した

BANDAI TAMASHII Lab製の『科学特捜隊光線銃 スーパーガン』です。

「当時のプロップの複製品をスキャンし、再現された造型。」が売りでした。

ですが、コレ最近WEBやfacebookなど、SNSで騒がれていますよね。




大きくは2点

1)物凄く軽い

2)一回り大きい


そこを『特撮 プロップス 倉庫』なりに解釈してみたいと思いました。


1)軽い!
  実は僕も手に取った時「ゲッ、軽い」と叫んでしまいました(笑)
  オリジナルプロップは鋳物製ですから、ずっしり重いんです。
  でもこれはオモチャメーカーの商品ですから小さな子供も手にするわけで
  PL法(製造物責任法)を考慮して重たくは出来なかったんだと思います。
  (コスト軽減・量産効率かねて)

2)大きい!
  これは皆さんが何と比較して「大きい」と言われているのか・・ですよね。
  冒頭画像、手前にあるのは僕が持っている当時のプロップのからの素抜き品です。
  コレとの大きさは、ほとんど差を感じません。
  厳密に比べればBANDAI製がほんの気持ち大きいですが
  この商品の原型としたプロップ複製品も
  複製した時に成型の肉瘠せが生じて小さくなったので
  商品は気持ち大きく補正したんだろうなぁ〜と思う程度でした。



BANDAI TAMASHII Lab公式サイトからの商品画像
(試作品段階のイメージ画像)
イメージ 2

公式サイト
http://tamashii.jp/item/11477/






個人的に気になったのは違うところでした。


3)なぜオリジナル・プロップと微妙にパーツ形状が違うんだろう。


『ウルトラマン創世記展』に展示されたオリジナル
イメージ 3



『東京スカイツリー-ウルトラ作戦第634号2』(2016)に展示されたオリジナル
イメージ 4



先にあるBANDAI商品イメージ画像では良くできているんです。

そもそも何故、現存するプロップから直接造形データを起こさなかったのか?

まぁ、これは版権上の問題で、完全オリジナルから複製品販売してしまうと

更にそれからレプリカ模造品が出回って版権問題がぐちゃぐちゃになってしまうので

オリジナルと微妙に違う物を販売する・・と言った理由でしょうか。

もしかしたら先のサイズが大きい・・も同じ理由で意図的なのかもしれませんね。


それにしても、パーツ形状が微妙に違うのは気になります。

きっと参考にした「当時のプロップの複製品」の形状が、現存している物と違ったのかも知れませんね。

当時の銃は「美術」造形ではなく、怪獣とかの電飾担当「機電」で造形していたんです。

銃の木原型から砂型起こして鋳物を注型して作る造形なんですが

砂型なので1つ作っては抜き型を壊して、また新しく砂型作って・・・。

仕上げの金属削りも手作業ですし、完成品も微妙に違ったりします。

そんな中の1つからの複製品だとすれば、違った形状なのも納得です。



まぁ、僕の憶測ですけどねぇ(笑)

グダグダと話しが長くてすいませんでした。

______________________________

● 科学特捜隊オリジナルスーツの過去ログ
 ↓ ↓ ↓ ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/imaginerjp/19204593.html
http://blogs.yahoo.co.jp/imaginerjp/9383920.html

● 科学特捜隊 流星バッチの過去ログ
 ↓ ↓ ↓ ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/imaginerjp/16862319.html

● 「ブレード・ランナー」ブラスターのプロップから複製して、アクション用に使った銃の過去ログ
 ↓ ↓ ↓ ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/imaginerjp/53006315.html




https://tv.blogmura.com/tokusatu/img/tokusatu88_31.gif 皆さんにお願いがあります。
        【にほんブログ村】に参加しています。
         良かったら1日1回ココを
         ↓  ↓  ↓
● ● ● ● ● ●  この文字をクリックッね  ● ● ● ● ● ●

この記事に

開く コメント(10)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事