日本ビール党の部屋

引越しました→ https://japanbeerparty.blog.fc2.com/

なんちゃって俳句

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
新元号「令和」が発表されて一夜明け、ブログ友達で飲み友達の如月静さんが、私的平成の思い出をブログに書いていたのを見て、自分のもごく簡単にまとめてみる。

私の平成はバブリー気分を引きずって始まる。昭和天皇崩御の報は北海道にスキー旅行に行く飛行機中の放送で知り、平成天皇即位の礼の連休には仕事ナカマなどとまだ返還前の香港に遊びに行ったっけ。

1995年(平成七年)1月は、早朝のテレビから阪神淡路大震災のニュースが流れた。当初は被害は限定的との報道だったけれど、高速道路が倒れている映像はただ事ではない。被害の実態は徐々に明らかになった。
3月、世間に衝撃を与えた地下鉄サリン事件の日は、たまたま所用でお仕事をお休みしていて家でテレビにくぎ付けになってたな。

90年代の終わりに拓銀・山一證券・長銀・日債銀などが相次いで破綻や廃業となり、メガバンクがどんどん合併する金融再編の時代となり、そのあおりを食ってまあお仕事では色々とあったよね。

2001年(平成十三年)の全米同時多発テロの頃はちょうどお仕事多忙のピーク、働き方改革どころじゃない日々だったけど、帰りのタクシーでテロのニュースを聞いて茫然、これまたテレビにくぎ付け。

2005年(平成十七年)、この頃世の中でブームになっていたブログに興味を持って、このブログを開設する。まさかそれがこんなに続くとはびっくり、でもそのブログもまもなく終わり(引っ越すけど)となる。

2011年(平成二十三年)の東日本大震災の時はお仕事中で、交通網の混乱で会社にお泊り。テレビで伝わる被害の様子にわが目を疑った。その後もしばらくは電車の運航制限や計画停電、節電と暗い日々が続いたね。
この年の秋にひょんなことから俳句を始める。まさかそれがこんなに続くとは、これまたびっくり。
ブログを見ても分かるけど、だんだんゴルフや野球観戦が減り、俳句関連イベントが増えていく。

2018年(平成三十年)9月末、平成の終わりを待たずにお仕事をリタイア、家族との時間と俳句との時間(と、その後の飲み会との時間)を楽しく過ごす今日この頃。

皆さんにとって、平成はどんな時代だったのかな。
そして令和はどんな時代になるんだろうか。

と、ここまででほぼ1記事分になってるけど、以下無理やり数日遅れ日記も追記。
これも一種のコネクトメソッド(笑)?


3月30日の土曜日は、お仕事辞めて久しぶりにほぼ見てる朝ドラ「まんぷく」の最終回でスタート。
そして昼からは銀漢亭にてOh!花見句会に参加。
店は休業日だけど貸切で特別営業、30人以上の超結社の俳人が集っての句会となる。
まずは兼題(あらかじめ出されているお題)花筏・桜鯛・春休み・アスパラガス・春の星で五句出しの句会。
投句、清記まですませたところでヴーヴ・クリコで乾杯となる。
このヴーヴ・クリコも含めて豊富な差し入れ(特に酒類が多い)、楽しく飲んで食べながらの句会だ。

一回目の句会が終わると二回目の席題(その場で出されるお題)、白魚・風船・花冷の三句出しが指示される。
さらに三回目は席題が四月馬鹿・入学で二句出し。

昼に始まった句会も全部終わるころには夜となり、精鋭たちは大金星にて飲み直す。
更にもう一軒との動議もあったものの、さすがに力尽きて解散。
どうもおつかれさま♪


◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。

◆大金星(ダイキンボシ) 千代田区神田神保町1-14-12 1F,2F 03-3518-2566


〜 今日の俳句 〜
 スクリューに吸ひ込まれゆく花筏
 美吉野の風に散りさう春の星
 いつまでも蛹ぢやないぜ春休み

 花冷を満たして青きガラス瓶
 柔らかや白魚太き玉子とぢ

 母とつなぐ手を離す時入学児
 無職てふ自由と不自由万愚節


いつもはシャッターが下りている週末だけど、この日は貸切営業。
イメージ 1

差し入れの酒類たちと、何故か置かれているメロンパン。
イメージ 2

イメージ 3

お料理は差し入れも含めて次々に出て来る。ブーケも差し入れ。
イメージ 4

イメージ 5

ヴーヴ・クリコを紙コップで飲むところが粋なのだ。
イメージ 10


終了後は居酒屋に場所を移しての飲みなおし。
イメージ 6

梅水晶。
イメージ 7

アスパラベーコン焼き。
イメージ 8

ポテトコンビーフ焼き。
イメージ 9

開く コメント(22)

開く トラックバック(0)

3月28日の木曜日は、銀漢句会に参加した。
いつもは第三木曜日に開催されているこの句会だけど、今月は第三木曜日が春分の日でお休みだったんで一週間ずれた。年度末間近になったせいもあってか欠席者が多くて、いつもよりちょっと少人数。
おひささんも所用でお休みだ。

句会は神保町にある公共施設で、ノンアルでまじめに行われる。
この日の兼題は、田楽・虎杖・当季雑詠で五句出し。

<季語tomo君>
虎杖〜イタドリと読み、仲春の季語。タデ科の多年生植物で、春に出て来るタケノコに似た形の新芽は酸味があって生食も出来、山菜としても利用される。スカンポ。

句会の後はいつもの銀漢亭にて、楽しく反省会。
この日のカウンター担当は、Kちゃんだ。
反省会もいつもより人数少な目で、女子は何と3人しかいない。
しかも(自分で言うのも何だけど)3人とも、割と「怖いお姉さん」系だ。
常連の若くてかわいい◎◎ガールズと呼ばれる皆さんも、全員欠席。
そのためもあってか、いつの間にかO師は去り、2次会に行く人も無く平和に解散となったのであった。


◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。


〜 今日の俳句 〜
 虎杖を折る少年の眼に戻り
 春興や少し明るく髪を染め
 田楽の焦げ目は旅の匂ひかな
 鳥帰る人には見えぬ空の道


今夜も銀漢亭〜
イメージ 1

お料理はこんな感じでどんどん並ぶ。
イメージ 2

乾杯!
イメージ 3

俳句カレンダーを前にポーズをとってくれたKちゃん、ありがとね。
イメージ 4

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

3月27日の水曜日、つまり一昨日、近所の桜は五分咲き前後の感じで良いお天気だった。
午前中は野暮用があり、昼頃帰宅して急に思い立って、おにぎりとつまみと缶ビールを持って、ご近所でプチお花見。春だね。

<裏tomo君>
ついこの間偉そうに、原則昼は飲まないとか言ってたよね。


そして夜は、雛句会に参加した。
世話人のTT氏がしばらくお休み中のため、今月もMN氏が代わりに仕切ってくれる。
この句会は事前に投句も選句もメールベースで終わっているので、当日は気楽に飲んだり食べたりしながら楽しむスタイルの句会だ。

今回の兼題(あらかじめ出されるお題)は、椿・春の雪・土筆・鰊・当季雑詠の五句出し。
TT氏の不在を良いことにサボっている某M氏のことなどサカナに楽しく語らい、楽しく飲み、食べる。
私達はいつも一番奥の方に陣取って句会をやっていて、手前のカウンターには普通のお客さんが入って来るんだけど、この日はなぜか他のお客さんは来ずで、ほとんど貸切状態。
こんな日にあんまり長居は野暮なんで(たぶん私たちが帰ったら看板になる)、句会終了後は早々に角の炒飯屋さんに移動。
麻婆豆腐ライスや餃子など摘まみつつ楽しくクールダウンして、解散したのであった。

◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。

◆炒飯屋一(チャーハンヤイチ) 千代田区神田神保町2-2 亀山ビル 1F 03-3263-5545
 角のラーメン屋の向かいにある炒飯屋さん、メニューは中華全般あり。フロアのお姉さんが良い感じ。


〜 今日の俳句 〜
 つくし摘む「売地」看板背にして
 銀の腹ふつくら太き鰊煮る
 初桜友退院の報を待つ
 雨音の夜更けてしづか春の雪


この日の桜はこんな感じ、日差しが暖かいお花見日和だ。
イメージ 1

ってことで、乾杯!
イメージ 2



夜はいつもの神保町へ、手前左側が最近オープンしたお蕎麦屋さん。
イメージ 3

そしてこちらが銀漢亭外観。
イメージ 4

定刻前に到着したけど、すでに宴たけなわな感じ(笑)、さつま揚げは鹿児島帰郷組のお土産。
イメージ 5

鶏肉焼き。
イメージ 8

一応、句会もちゃんとやりながら飲む。
イメージ 6

イメージ 7

魚卵と白子の煮たの、まったり美味しい。
イメージ 9



そして角の炒飯屋さんで、さらに飲んで食べる。麻婆豆腐には当然ライスも。
イメージ 11

餃子ね。
イメージ 12

トマトと玉子の炒め物。
イメージ 10

開く コメント(20)

開く トラックバック(0)

受賞祝賀会から一夜明けた3月18日の月曜日、朝起きたら自分がゾンビだった。飲み過ぎなのだ。
とりあえず午前中の野暮用はキャンセルして遅めに起きだしてシャワーなど浴びて、朝昼兼用のゴハンを食べてやっと人間にもどる。軽くゴルフの練習へ。
ところでウチの近所に1本だけ、標準的な木より3日くらい早く咲く気の早いソメイヨシノがあるで夕刻チェックに行ってみると、果たして開花していた。その後3月21日に東京の標準木の開花宣言が出たのは、ご存じの通り。

夜はひさしぶりに演劇人句会へ。
ここ数か月別件と重なることが続いて欠席していたんだな。

<裏tomo君>
少し夜の予定整理した方が良いんじゃない?


銀漢亭の店内は、何となくまだ前夜の興奮冷めやらずって感じだ。
この日の兼題は菜飯、比良八荒、「ツツ」詠み込み、当季雑詠で五句出し。行く途中の電車の中で何となく句を考えていって、お店に到着してハッピーアワーのビールを飲みつつ、何とか仕上げる。

<季語tomo君>
比良八荒〜ヒラハッコウ、近江の比良明神(白髭神社)で比叡山の衆徒が行ったという、法華八講の頃に琵琶湖周辺で吹き荒れる冷たい風のこと。

<裏tomo君>
そもそも法華八講の意味も分かってないよね。


今回は参加者6名に欠席投句2名と少人数なので話も濃くはずむ。
そして次第に会話は最近の演劇シーンのあれこれなどのディープな演劇話となっていく。
なんちゃって演劇人の私としては、ひたすら飲むしかない展開なんだな。
ああ、朝は今日はお酒やめようと思ってたはずなのに・・・


◆銀漢亭(ギンカンテイ) 千代田区神田神保町2-20 1F 03-3264-7107
キャッシュオンデリバリーの立ち飲みダイニングバー、俳句関係者多いけど、一般のお客さんも歓迎。


〜 今日の俳句 〜
 ただひたすら刻み菜飯の菜となりぬ
 護摩の火の千切れて空へ比良八講
 朧夜やステップはスローなワルツ



近所の気の早い桜が開花してるの、分かるかな。夕刻の写真なので少し露出調整してます。
イメージ 1


祝賀会2次会から一夜明けた銀漢亭。
イメージ 2

まずはハッピーアワーのビール片手に、俳句を仕上げる。
イメージ 3

投句、清記、選句と進んだところで、ビールがでてきて乾杯!
イメージ 4

茹で野菜やその他色々でて、最後は一口お結びで〆。
イメージ 5


イチロー引退のニュースに、様々な大記録やW杯での活躍に思いをはせてます。
今夜はイチローに、乾杯!

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

3月15日の金曜日は確定申告の最終日、もっと早くと思いつつ結局この日の午後に提出する。
サラリーマン生活では、別の収入があるとか控除を受けるとかの事情が無ければ、会社が年末調整をしてくれるので確定申告は必要無かった。昨年9月末で退職して無職になった今年からは、申告が必要なのよね。

確定申告なんでものすごく久しぶり、ネットで所定のフォームに入力した結果を印刷して税務署に持参する。
ネットでそのまま申告することもできるみたいだけどね。
その昔確定申告をやった時には、申告書の作成も難しくて税務署で相談したりして随分と時間がかかった記憶があるけれど、今は簡単な書類チェックだけですぐに提出完了。

翌16日の土曜日はお買い物へ。
デパ地下などをうろついてさて帰ろうかと地上から駅改札に入ってホームに出てみたらビックリ、ものすごい雨が降っている。やばい、傘持ってきていないと思ったものの、あっという間に雨は上がり、無事帰宅。

そしていよいよ3月17日の日曜日。
この日はかねて準備を重ねてきた、所属俳句結社の主宰と若手俳人KH氏の受賞祝賀会だ。
会場は学士会館、そう言えば以前ここのビアホールに来たことがあったね。

開場11時半、開始12時とのことで、私達は10時半に集合して受付などの準備をする。
11時過ぎには早くもいらっしゃる方もいて、結局200人を超える人たちが集まり、大盛況となる。
おひささんを中心に制作を続けてきた画像も大好評、良かったね。

2次会は、銀漢亭へ。
本来はお休みの日曜日だけど、乾きものとドリンクだけってことで特別に貸切開店。でもなんせ200人以上の人達の多くが流れてきたから、全く店の収容能力が追い付かず、店内は満員電車状態で、店の前の路上も大量の人がプラコップのお酒を片手にたむろするっていう、すごいことになる。
私はあんまり食べずに飲んでいたせいもあって、この辺りで完全に酔っ払い状態、以後の記憶はおぼろげだけど、どうやらこの後3軒くらい行ったみたい。

受賞のお2人にはあらためて、おめでとうございます!
来てくれた皆様、ありがとうございます!

そしてみなさまどうも、お疲れちゃん♪



ひさしぶりの学士会館。
イメージ 1

イメージ 2

嵐の前の静けさ。
イメージ 3

お祝いの日本酒もたくさん。
イメージ 4

いよいよ始まる。
イメージ 5

おめでとうの、乾杯!
イメージ 6


開く コメント(12)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事