ここから本文です
ブログ始めました!
P2250(六ウ)
ヨロコブコト
喜_歓(一)」。又曰ク、「男ハ不封一侯、女ハ作妃一キト」。「只今女御后ニモ立、国
母仙院モ立給ナムズ。イミジカリケル幸哉」ト申〓ルト被
                       九
聞召一テ後ハ、又敢被召一事ナシ。御志ノ尽ルニハ非ズ、只代ノ
謗ヲ思食被也。サレバ常ニハ詠ガチニテ、夜ノヲトヾニゾ入セ
給ケル。大殿此事聞召テ、「心苦キ御事ニコソアレ。申ナ
グサメ進セム」トテ、御参内有テ、「此様ニ叡慮ニカヽラセ
                      一〇
給ハヾ、何条御事カ候ベキ。件女房被召一候ベシ〔ト〕覚候。俗
性尋ラルヽニ不及一。忠通猶子ニ候べシ」ト申サセ給ケレバ、
「イサトヨ、大臣ノ被申一処モサル事ナレドモ、位ヲ退テ後ハ、
サル事有ト聞ドモ、正ク在位ノ時、アコメナムド云テ、スソモ
九「非」は底本「悲」とあるのを改める。
一〇「ト」底本なし。
P2251(七オ)

この記事に

P2249(六オ)
         カン
物哉」トテ、帰テ叡感ニ預リケル上ハ、不及申一、敢テ勅勘無リケ
リ。カヽリシカバ、、アヤシノシヅノヲ、シヅノ妻ニ至マデ、只此君ノ
万歳千秋ノ御宝算ヲゾ奉祈一ケル。サレドモ人ノ願モ空ク、
民ノ思モ叶ハザリケル世ノ習コソ、悲シケレ。
四〔青井ト云女内へ被召事付新院民ヲアワレミ給事〕 
建礼門院入内之比、安元ノ始ノ比、中宮ノ御方ニ候ワレケル
女房ノ召仕ケル女童部ノ中ニ、アヲヰト云ケル女ヲ、思ワザル
外ノ事有テ、龍顔ニ咫尺スル事有テ、ナニトナキ白地ノ事ニテ
                   七
モナクテ、夜ナ/\是ヲ被召ケリ。御志不浅一カラミヘケレバ、
主ノ女房モ此ヲ召仕事ナシ。還テ如ニ主一ノ寵キケリ。此事
         八 エウエイ有ニィ     カナシブコト
天下ニ聞ヘシカバ、当時ノ謡−詠右云、「生女一勿(二)悲_酸一、生男一勿(二)
          ウタフ シノバシム
七「浅」、底本「残」とあるのを改める。
八陳鴻『長恨歌伝』に、「当時謡詠有r云、生r女勿二悲酸一、生r児勿二喜歓一。又日、男不r封r侯、女作r妃」とある。
P2250(六ウ)

この記事に

P2248(五ウ)
禁獄ニモヤセラレムズラム。将又流罪ニモヤ被行一ズ
ラム」ト仰含ム。此等誠ニ下臈ノ不覚ノ誤りナレバ、不及力一。
「何ナル目ヲカミムズラム」ト、アヘナク後悔無益一テ候。蔵
人モ何様ナル逆鱗カ有ムズラムト、胸打騒テ居タル
処ニ、御ヒルニ成ケレバ、例ノ者、朝政ニモ及給ワズ、夜ノヲトヾ
ヲ出デモアヘサセ給ワズ、イトヽクカシコヘ行幸ナリテ、
紅葉ヲ叡覧アルニ、故ラ跡形ナシ。「何ニ」ト御尋有ニ、蔵人
可奏一方ナカリケレバ、恐々有ノマヽニ奏聞ス。天気殊ニ御
         四
心ヨゲニ打咲御テ、「『林間煖(レ)酒焼(二)紅葉(一)、石上題(レ)詩払(二)緑
苔(一)』ト云事ヲバ、其ニハ誰ガ教ヘタリケルゾヤ。艶ク仕リタリケル
四『和漢朗詠集』巻上、秋興、白楽天、『白氏文集』巻一四「送二王十八帰一r山、寄二題仙遊寺一」。二句目「払」、朗詠集、文集では「掃」。
P2249(六オ)

この記事に

P2247(五オ)
           一
突、紅葉ノ山ト名テ、櫨ハジ鶏冠木ナムドノ、色ウツクシク
モミヂタル枝ヲ折立テ、終日ニ叡覧有ケレドモ、猶不飽足一思
召ケルニヤ、或夜野分ノハゲシカリケルニ、此紅葉吹タヲシ
テ、落葉頗ル狼籍也。殿守ノトモノミヤツコ、朝雪メセ
ムトテ、悉ク是ヲハキステズ。残枝散ル木ノ葉カキ集テ、風
                        三
スサマジカリケル朝ナレバ、縫殿ノ陣ニテ酒ヲ煖テタベケル
薪ニシテケリ。近習蔵人、行幸ヨリ先ニ行テ山ヲ見ルニ、
紅葉一枝モ無シ。事ノ次第ヲ尋ルニ、シカ/\ト申。蔵人
手ヲ打、驚テ、「サシモ君ノ執シ思食タリツル物ヲ加様ニ
シツル、浅猿シキ事也。不知一、汝等只今馬部吉上ノ
一「ハシ」は「櫨」の訓。
三「へ」平声濁。
P2248(五ウ)

この記事に

P2246(四ウ)
正クシ給キ。末代ノ賢王ニテ渡セ給シカバ、万人奉惜一事、
一子ヲ失ヘルヨリ甚シ。実国大納言、御笛ヲ教奉リ御シケレバ、
人不知一レ哀ニ悲クゾ被思ケル。殿上ニテ彼ノ御諱ノ沙汰有ニ付
テモ、「高倉何ナル大路ニテ憂名ノ形見残リ、東山何ナル
嶺ニテ終ノ御栖ト定ラム」ト思モ悲シ。大方ハ賢聖ノ名ヲ揚、仁
徳ノ行ヲ施シ御ス事、皆君成人ノ後、清濁ヲ分タセ御シテノ上ノ
事ニテコソ有ニ、此君ハ無下ニ幼稚ニ御シ時ヨリ、性ヲ柔和ニ受
サセ給テ、難有一哀ナリシ御事共コソ多カリシカ。其中ニ
去嘉応、承安ノ比、御在位ノ始ツカタナリシカバ、御年十
歳計ニヤ成セ給ケム、紅葉ヲ愛セサセ御テ、北陣ニハ山ヲ
二底本「モ」の下に「終」と書いて見せ消ち。
P2247(五オ)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事