蕎麦ウォッチング

アナログ男がブログを始めました

全体表示

[ リスト ]

根津「夢蕎庵」

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6

イメージ 6

2011年4月27日(木)曇り

今日は雑誌のイラストのため根津の夢蕎庵へ写真撮影に行って来た。

この店には過去何度も来ているが相変わらず雰囲気はいい、店の雰囲気と言うものはいろいろな要素があって内部のインテリアの趣味だったり、従業員やお客がかもしだす雰囲気だったり、でお客にとっては食事の成否を決める大切なものだがこの店の雰囲気は昔から変わらない。

しいて言えば下町にどっぷりと浸かったざっかけない雰囲気である。

中も外も民芸調で統一され、それが同じ位置に同じものが配置されていて何年たっても変わらない、それはそれで強く印象付けられるのだが、少々くたびれた感は否めない、やはりメンテナンスは欠かせない気がする。

店内には大きな絵馬型の板に紙の短冊が付いている「称牌」といわれる看板などたくさんの「蕎麦猪口」と並んで一見に値する。

そばは経営者の女将さんを支えて長年打ち続けている本田さんのこれも変わらないしっかりと打たれた滋味のあるそばで、下町風の天ぷらの盛り合わせなどかなりの人気商品だ。

下町風とは?定義は定かではないが町場の古い暖簾店とはちょっと違った品位のある下町店ではある。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事