ここから本文です
スリットカメラ鉄道写真館のブログへようこそ! このブログはスリットカメラで各地を撮影したときのことをお知らせするものです。
 前回はヒガハスの撮影地探しについてのブログを書きましたが、今回は探し当てたその撮影地での実際の撮影活動について写真で説明していきたいと思います。
 撮影場所は、線路で行き止まりになっている道路の脇の田んぼをまたいで撮影できる場所で、田んぼはちょうど扇形となっていて、その扇の要付近がカメラをセットする場所でした。左側に道路がありますが舗装されている道路ではありません。
イメージ 1
 今回はまずこの上の写真の真下辺りに三脚を立てることにいたしました。下の写真が三脚を立てた状態です。三脚の右足が草の中に入っていますが、この場合草の上に足があると足が浮いた状態ですから、下の土の中に確実に押し込めてあります。なお、三脚の雲台を高く上げているのは、下り列車の車輪が少しでも隠れないようにカメラの取り付ける位置を高くしているものです。
イメージ 2
 この三脚の立て方次第でカメラが不安定となり撮影中画像が揺れることになるので注意が必要です。地盤は土が一番で、コンクリートだとコンクリートの表面に伝わる列車の振動を感じて揺れることが多いです。以前にマンホールのふたの上に足をかけた時はその影響が顕著に出たことがあります。
イメージ 3
 次にカメラと1脚保持用の手作りの金具を三脚にセットします。ここでは下り列車を撮影するためにカメラを天地逆に取り付けます。列車の進行方向とフィルムの移動方向が常に逆になるようにしないといけません。これはフィルム式スリットカメラの基本中の基本です。
イメージ 4
 本来はカメラは水平でなければなりません。その場合はこのように水準器を使って調べます。三脚にも水準器はついていますが、カメラをセットしてから別の水準器を使って計ります。
 この撮影場所では左に川があり鉄橋を渡るために線路が少し坂になっているのです。そこでその場合は、ファインダー内を見て左右の線路の高さが均等になるように三脚の傾きを調整しています。ただ、もし画像が傾いていたとしてもパソコンに画像を取り込めばソフトで修正できるのであまり神経質になる必要はありません。
イメージ 5
 カメラのファインダーを見て撮影方向やズーミングを行って正しい撮影位置にセットを行います。これを誤ると撮影する範囲ばかりでなく、フィルムの列車速度との対応にも影響しますので慎重に行います。
 今回は下り列車を撮影するので下のレールと上の奥側の架線がファインダー内の上下に来るようにカメラとズームレンズの位置を調整します。これを誤って手前の架線に合わせるとその分下り列車が小さく写るので、フィルム速度が適正でも列車は引き伸ばされて写ることになります。また、マニュアルカメラなのでレール面でピントを合わせることも忘れずに行います。でないと全てピンボケな写真となります。
 真横撮影を行う場合には、ちょうど線路の向こうの電柱辺りにカメラを向けますが、このように事前に通過列車をデジカメで撮影して真横撮影の場合の位置を決めます。
イメージ 6
 カメラの方向が決まったら、レンズとカメラを固定しますが、写真のように1脚を使ってレンズ先端を固定します。1脚の足の部分も先端が地面についていないとレンズの揺れにつながりますので、地面に足をしっかり押し付けます。
イメージ 7
 写真では見えませんが、かばん内に電池ボックスがあります。それとコントローラを結線し、さらにケーブルでカメラと接続します。
 次に使用済みのフィルムを使ってテストを行います。フィルムを装てんして通過列車を待って一定時間フィルムを巻いてフィルムの移動コマを示すカウンタを見ます。
イメージ 8
 カウンタは歩数計を改造したもので、ギアボックスの脇に表示部が取り付けてあります。磁石の動きでカウントするリードスイッチの配線部分を外に出し、ギアに取付けた回転する磁石でフィルムの移動量をカウントするようにしたものです。
 カウンタは、例えば時速90Kmの速さの10両編成であれば、10秒間で20カウントすればよい設定になっています。10両編成だと編成長は200mなので、時速90Kmなら秒速25mということで8秒で通過します。これに編成前後約1両分の糊代をつけることで10秒という数字になったものです。20カウントは列車長(この場合200m)のちょうど1/10になるように設計しています。実際にその時間で回してみてカウンターが指定の値になるようコントローラーのボリュームを調整してテストを行います。その日の気温による電池やコントローラーの影響、使用フィルムの状態などで、実際に撮影する前に試すことが重要です。
 このフィルム速度の設定は色々な経験から考えたものなので、初めての撮影場所で速度のわからない列車では使えません。
イメージ 9
 最後にこのときに撮影した下り北斗星のスリット写真の一部をアップしましたのでどうぞご覧ください。
 まずヒガハスとは鉄道ファンなどの間で有名な東大宮−蓮田間の地名を略した鉄道撮影地のことです。今回は事前にこの地を訪れているのではじめての訪問ではありません。また、今回の撮影は某出版社の依頼によりヒガハスでスリットカメラの撮影をすることとなったので、当初から撮影記を書くつもりでデジカメ持参で撮影しました。
 最初に蓮田駅に着いたところからご紹介します。私の場合は宇都宮線の下りを使って来るので、平日でも朝のラッシュの時間帯でも大して混まないでここまで来ることができました。
 駅の改札口の手前に「蓮田駅開業130年記念展示」ということで今年7月16日に開業130年だそうでミニ鉄道博物館なるものが、展示されておりました。これは宇都宮線開業130周年記念行事に合わせたもので、宇都宮線開通と共に開業した駅はみな130年というわけです。
展示物の前を通りトイレに向かいます。撮影地には近くに公園のトイレはありますが、いつも駅に着くと用を済ませます。今日はけっこう日差しが強いので熱中症予防のため次に自販機で飲み物を購入します。
イメージ 1
蓮田駅は東口に降ります。西口もありますが行ったことはありません。
イメージ 2
 かなり昔ここに来たことがありますが、駅前はかなり変わりました。駅前には大きなロータリーが出来てタクシー乗り場やバス乗り場ができました。
イメージ 3
 撮影場所は大宮寄りですので東口に降りて右方向へまだ線路は見えませんが、線路と並行した道路を大宮方面に歩いて行きます。途中交番がありました。この辺は岩槻警察署の管轄ですね。
イメージ 4
 しばらく行くと右に下ったところに踏切がある交差点に出ますが、道なりにまっすぐ行きます。
イメージ 5
 上の写真の道路を直進して正面の細い路地に入ります。
イメージ 6
 ここは車は一方通行のようですが、この細い道を数百メートル直進します。
イメージ 7
 細い道の先には右にマンションがあり、下り坂になりますが線路脇の道に出ます。
イメージ 8
 坂を下って右に曲がり道なりに行くと線路脇の比較的広い道に出ます。この下には線路下を横断する道路があり上の道路と立体交差になっています。写真ではわかりにくいですが、すぐ右手が線路です。
イメージ 9
 このように線路脇の道路に出ます。この道をまっすぐ進めば撮影地です。
イメージ 10
 この辺も道路わきに空き地でもあれば、線路がしっかり見えますのでスリットカメラの撮影は可能ですが、道路わきが住宅なので適当な場所がありません。また線路の手前に道路があるので、たまに車が通ることで撮影に支障がでる可能性もあります。
イメージ 11
 ついにヒガハスの撮影地に着きました。普通のカメラで撮影する場合、下り列車を狙うのはこの場所で、上り列車を狙う場所は、画面の左に見える木が生い茂っているあたりです。
イメージ 17
 今度は下り列車の撮影場所から上り列車の撮影場所を見ています。右の黄色い建物の線路脇でガードレールが見えるところです。田んぼの中にはこの2箇所の撮影場所を結ぶ線路に沿ったあぜ道があります。
イメージ 12
 今度は上り列車を撮影する場所に近づき先ほど述べた田んぼのあぜ道から見ています。今は誰もいませんが、上り北斗星が来る日の午前中には林の下の塀に沿って多いときは十数人の撮り鉄たちが三脚を立てて横に並ぶのです。この場所は樹木の日陰になるので長時間居られる場所のようです。この右に曲がる道のあたりで右に向かって撮影すれば、線路まで30m程度で草をよけて撮影できる場所でした。
イメージ 13
 出版社の依頼では、先ほどのあぜ道の中ほどから線路に向かって撮影して欲しいというものです。しかし夏季では線路脇に写真のように多くの草が生い茂っています。またこの場所は線路から50m程度あるので私のスリットカメラでは40mが限度で遠すぎてよい撮影場所ではありません。線路により近づくためには、このあぜ道を左方向に移動すれば可能なのですが、そうすると先ほどの写真のような大勢のカメラが構える撮り鉄の人たちの前に出るので、彼らの邪魔となりトラブルとなる可能性が大です。そこでこの撮影場所はあきらめて他の場所を探すことにしました。
イメージ 14
 来るとき列車の中からも探していたのですが、ようやく探し当てたのがこの場所です。左の森のようなものが、先ほど上り列車を撮影する撮り鉄たちの撮影場所があるところで、そのすぐ近くに見つかりました。この写真は線路脇から写したもので、撮影場所は道路の中ほどの茂みのあたりです。ここは行き止まりで車も地元の人以外には入りません。
イメージ 15
ここは右方向に樹木が生い茂っていて上り列車の見通しがまったく利かないところですが、右側に踏切があるので列車の接近が音でわかります。
イメージ 16
 新しい撮影場所から線路方向を見た写真です。左方向に川と鉄橋があるのでここはゆるい上り坂となっていて、何よりも線路が高いので草に邪魔されず撮影できるのが良いところです。ここでは下り列車も上りのレールで少し車輪が隠れますが十分撮影できる場所です。
イメージ 18
 先ほどの線路脇を拡大した写真です。レールが良く見えているのがお分かりいただけると思います。また、真横撮影する場合、線路の向こう側にフェンスがあるのでカメラを向ける目印にし易い場所であることでもうれしいです。
イメージ 19
 下りの列車が通過中の写真ですが、車輪まで良く見えているのがお分かりいただけると思います。さて撮影場所を探せたので、これからスリットカメラの撮影準備を行いますが、ブログが長くなったのでここで撮影地探しのレポートはひとまず終わりにして、これからの写真や説明については後日に別のブログで行いますので、お楽しみにお待ちください。
 先週の今日、6月20日(金)に信越本線の前川駅でスリット写真を撮影していたら午前10時過ぎに直江津方面から長岡方面に向かって4両編成のE653系が回送で走ってきました。
 以前に常磐線で特急フレッシュひたちなどで撮影したことのある電車ですが、短い4両編成に改造され、今後特急いなほに使われるものと聞きました。
 回送電車ですが、客室の窓はすべてカーテンが降ろされ室内が見えないようになっていました。
 予定にはなかったものですが、撮影する方向の列車だったので一応撮影しました。
 編成はK354で左からクハE653-104、モハE652-20、モハE653-20、クハE652-104の順です。
イメージ 1
 5月19日(月)と20日(火)にそれぞれ盛岡と福島で新幹線を撮影に行きました。
 
新幹線撮影といっても盛岡駅や福島駅で新幹線を撮影するわけではありません。
一般の鉄道ファンのように駅で撮影できるものではなく、スリットカメラの場合は駅と駅の間の区間で撮影場所を探さなくてはなりません。
 
盛岡駅では秋田新幹線は前部7両が切り離され田沢湖線へと入っていきます。
田沢湖線は在来線で、高架部分は少なく、また、新幹線の速度も最大で130Kmになるので十分撮影できると考えました。
 
田沢湖線は盛岡から秋田まで伸びていますが、撮影する場所は撮影できる場所があればどこでも良いので、盛岡から一つ目の大釜駅で降車することにしました。
4月にツアー旅行で秋田新幹線に乗る機会が有り、新幹線の車窓から撮影できそうな場所を物色しておりました。
 
大釜駅を通過して秋田方面に向かうとしばらくして山を登るように線路が急になるのですが、山を登る線路に入る手前は平坦な田園地帯を走ります。そこで大釜駅から秋田方面に歩いて田んぼの中を撮影できそうな場所を探しました。
イメージ 1
この写真がカメラを構え撮影した場所です。線路から20mぐらい離れてあぜ道に
カメラを構えました。線路脇には雑草が生い茂っていましたので、雑草の少ない所を選んでカメラを向けました。田んぼより線路の道床が1mほど高くちょうど良い高さです。線路の向こうには美しい雪を頂いた岩手山が真正面に見えとても素晴らしい撮影場所でした。
 
2014年5月にサイトの移転に伴い「スリットカメラ撮影記」もYahooブログに移転しました。
以下は各記事について掲載年月日と表題の一覧です。(平成25年11月分まで)

2013年11月22日(金) 京都山崎付近の水無瀬川土手での撮影
2013年10月11日(金) 京都山崎サントリーカーブ付近での撮影
2013年2月9日 (土) 画像に現れた濃い帯のような線の原因について
2012年7月12日 (木)  黄色いチェーンが切れてました。
2012年4月30日 (月)  スリリングな撮影 185系あまぎ色塗装車
2012年2月6日 (月) 「山手線特集」の企画について
2012年1月31日 (火) 山手線の撮影方法
2011年5月5日 (木) スリットカメラ製作記 01〜26
2011年1月28日 (金) 雪の降る中でスリットカメラ撮影 湖西線にて
2010年12月29日(水) 物井-佐倉間の総武本線撮影記
2010年8月22日 (日) 京成押上線で京急電車を撮影
2010年7月10日 (土) 大阪ほんわかテレビの取材を受けました。(1)〜(4)
2010年4月29日 (木) 近鉄京都線の車両を撮影に行ってきました。 (1)〜(3)
2010年3月12日 (金) 真冬の早朝の撮影 寝台特急北陸と急行能登
2010年2月14日 (日) フラットベットスキャナーの使用法-フィルムが曲がらずにスキャンする方法(1)〜(3)
2009年12月28日(月) 広島市現代美術館で開催されている特別展「一人快芸術」に行ってきました。
2009年11月23日(月) 京成電鉄荒川土手撮影記
2009年9月26日 (土) 山手線命名100周年記念復刻調ラッピング電車スリット写真撮影記
2009年8月9日 (日) フラットベットスキャナーでフィルムを切断しないでスキャンする方法(1)〜(15)
2009年8月2日 (日) 寝台特急あけぼの号撮影記(川口駅西口付近にて)
2009年7月24日 (金) 寝台特急北陸撮影記(川口駅ホームを見下ろす撮影場所にて)
2009年2月8日 (日) 最後の東海道線ブルートレイン「富士・はやぶさ」撮影失敗記
2009年1月12日 (月) 最後の東海道線ブルートレイン「富士・はやぶさ」撮影失敗記
2009年1月12日 (月) 最後の東海道線ブルートレイン「富士・はやぶさ」撮影記1〜4
2008年12月14日(日) 東武伊勢崎線撮影記1-3
2008年11月8日 (土) スリットカメラで撮影した側面方向幕についての話題
2008年10月13日(月) 新京成撮影記
2008年9月15日 (月) 東急東横線撮影記
2008年5月11日 (日) 東急大井町線撮影記
2008年3月30日 (日) 小田急MSE撮影記パート2
2008年3月22日 (土) 小田急MSE撮影記
2008年1月19日 (土) 京浜東北線209系等撮影記1-4
2007年11月20日(火) スリットカメラ撮影記(京成本線臼井-ユーカリが丘間にて)
2007年11月4日 (日) スリットカメラ撮影記(京成電鉄臼井-佐倉間にて)その1〜3
2007年5月20日 (日) スリットカメラ撮影記(1 三脚を立てる〜8 撮影準備完了)
2007年5月13日 (日) 1 撮影地を探す〜4 撮影場所を変える(常磐線の例)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事