主イエス・キリスト・御言葉の黙想

み言葉が開けると光を放って、無学な者に知恵を与えます。詩篇119:130
わたしが来たのは、正しい人を招くためでなく、罪人を招くためである。マタイ9章13節
私は汚れ果てているのでとても主の御許に近づくことはできませんと、勘違いしていることはないでしょうか。
クリスチャンになることに全く関心が無く、自ら近づこうとしていない人はともかく、クリスチャンになりたい、と願っているにもかかわらず、クリスチャンになることについて勘違いをしてるなら大変もったいないことです。
イエス様は、私の元に来なさいと優しく命じておられるのに、「私みたいなものがイエス様の元へ行っていいのだろうか?イエス様は私を拒まれるのではないだろうか?」と恐れを抱いてしまい、せっかくの招き、救われるチャンスを逃してしまっていることはないでしょうか。

1,私たちはここで、父なる神様に近づくこととイエス様に近づくことを混乱してはいけません。
神は祝福に満ちた唯一の主権者、王の王、主の主、ただひとり死のない方であり、近づくこともできない光の中に住まわれ、人間がだれひとり見たことのない、見ることのできない方です。誉れと、とこしえの主権は神のものです。アーメン」Ⅰテモテ6:16
と記してあり、罪ある汚れた人間は、神様の聖の前に、誰一人近づくことはできません。近づくことはできないという自分に対する感覚はとても大切なものです。
しかし私たちは、クリスチャンになるために、または罪を許していただくために、神様に直接近づくのではありません。
私たちは、みなイエス様に近づくのです。

神様は、汚れた人間が直接近づくことができるようになるために、キリストを人の姿をとってこの地に送ってこられました。この大切な真理を忘れてはいけません。
汚れていて、不義にまみれていて、不道徳で、世の楽しみに染まっている私たちであっても、イエス様には直接近づくことがゆるされているのです。これが、イエス様が罪人の友と言われるゆえんです。
キリストは神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることができないとは考えないで、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられたのです」ピリピ2:6
イエス様は徴税人マタイに目をとめ、マタイの名を呼び、ご自身の御許に招かれました。
マタイは立ち上がり、イエス様に近づき、イエス様と共に食事をしました。その後、マタイは変えられてイエス様の弟子として歩み始めました。はじめの一歩は、ありのままの姿でイエス様に近づくことです。
イエス様は今日もあなたを招いておられます。

2018.6.24 茅ヶ崎集会 メッセージ要約

この記事に

開く コメント(0)

そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。使徒2章3節
火はものを燃やし尽くし、その後には灰が残ります。
全焼の生け贄は完全に灰になるまで燃やし尽くされてこそ、神に受け入れられる捧げ物でした。
私たちの肉の情熱、宗教的な熱心さはまず、焼き尽くされなければなりません。
聖霊の火が臨むと、聖霊はまず私たちの肉の情熱を焼き尽くします。
働き人の多くは、情熱をもって活動し、やがて燃え尽きる経験をします。それは、よいことです。
肉の情熱は、神の前では何の役にも立ちません。
肉が焼き尽くされ、灰になってからこそ、人は神に受け入れられるのです。
聖霊の火はさらにのぞみます。それは、燃え尽きることのない火です。
人の情熱はやがて消えますが、神の情熱は燃え尽きることがありません。
ペンテコステの日、神の情熱である聖霊の炎が弟子たちに下りました。
万軍の主の熱心がこれを成し遂げます。

2018.6.10 茅ヶ崎集会メッセージ要約。

この記事に

開く コメント(0)

使徒行伝の書かれた目的:全世界に出て行きすべての造られたものに福音を宣べ伝えよ。
1:使徒の働きを伝える
2:働きの主役は聖霊である
3:教会の始まりと広がり
4:聖霊による伝道の継続
☆一度救われれば、あとは聖霊を神に求めなくてもよいのではない
☆聖霊の満たしが必要であること。
☆教会の働きの継続のためには、常に聖霊の油注ぎを切に祈り求めることが必要であること。
☆これらの認識を持つこと。
使徒の働きによる宣教により人は救われ、救われた者は教会に加わり、教会によって養われ、真の礼拝者となって神に栄光を帰し、愛を学び、聖霊に満たされてまた遣わされて福音を宣べ伝え、神に栄光が帰されていくというサイクルの連続が使徒の働きであり、主イエス様は雲に乗って再び来られるその日まで続けられていくキリスト者の営みです。
 
教会の働きのすべてにおいて、聖霊を認識するということの大切さ。
聖霊の上よりの臨在をいつも求める。人の熱心さ、人の業ではなく、神の熱心さ、神の御業によって成し遂げられていくことを認識していくこと。
同時に、神様は人を通して福音宣教の御業を成し遂げられようとしている。人が用いられる。
教会を用いる。
 教会が一つとなって聖霊の降臨を求め始めると不思議な御業が教会に起こり始めます。
 
今の時代、真心からイエス様を信じて、信仰告白をし、水のバプテスマを受けた者は、同時に(若干、人により時間的なずれはあるようですが)聖霊がその人の上に臨まれます。
そして、その人の霊は新しく生まれ変わります。現実に生まれ変わります。ヨハネのバプテスマは、旧約時代に属するので、形だけでしたが、新約時代にはすでに聖霊が来ておられるので、水のバプテスマと同時に、聖霊によって、古き人が死に新しく生まれ変わります。
 使徒たちも、ペンテコステの日に聖霊が臨み、新しく生まれ変わりました。
 
教会とはキリストの花嫁となるために特別に集められる神の民のことです。今は恵みの時です。ユダヤ人もギリシャ人もなく、主イエスを信じる者は皆救われ、教会の民として迎え入れられます。(旧約時代に主を信じたダビデやもろもろの預言者たちは、地上の御国、すなわち約束されたイスラエル王国を受け継ぎますが、教会の民に天の御国を受け継ぎます。)
教会はキリストの花嫁として、キリストとともに神殿の中でしもべとして仕えていきます。
(旧約の聖徒はおそらく、神殿の周囲において平和な国と受け継ぐことと思います。)
教会の民にとって、大切なことは、主ご自身と親しく交わり、主ご自身を節に待ち望み、主ご自身に礼拝を捧げる生活ですが、それは、何もしないで過ごすということではありません。新しく生まれ変わった時に与えられた、神様からの召命と賜物が何であるかをよく認識し、それを用いて互いに教会に仕え、また世に向かっては福音を宣べ伝えます。教会の業として、イエス様がなされていたことを世に顕していきます。

聖霊が臨むことによって受ける力とは、大きくいうと二つに分けられます。一つはキリスト者としてキリストに従って生きる力。キリスト者としての品性を産み出す力です。
一つは、福音を証し、そとに出て行く力です。
この聖霊による上より力を常に意識して求めて行くことが大切です。
2018.5.27 茅ヶ崎集会、要約。

この記事に

開く コメント(0)

マルコ13
131
先日、息子と皇居を散歩してきました
江戸城の石垣が大きくとても素晴らしい景観でした。もし、江戸城全体が残っていたら何と素晴らしいお城でしょうと驚嘆の声をあげることでしょう。
弟子たちは、ヘロデ大王が造ったイスラエル神殿の素晴らしさに心奪われていました。きっと素晴らしい建造物であったことでしょう。
132 
弟子の声に対してイエス様は、この建物は崩れると、彼らの感動の心を削ぐような返答をします。ここに、この13章全体の伏線が引かれています。
私たちの心はどこに向いているのでしょうか?
イエス様は、私たちの心をどこに向けるようにと促しているのでしょうか?
133 
イエス様は宮を眺めながら、イスラエルの未来に目を向けていました。それは、主ご自身の十字架の道と、また弟子たちに臨む迫害、そして、主の来臨に来る大艱難、これらすべての未来について思い巡らしていたように思います。
13413 
ーマ軍により、AD70年にイスラエル神殿は崩壊し、イスラエルの民は大勢殺され、国は滅びました。その時代には、すでに皇帝ネロによるクリスチャンの迫害も始まっており、クリスチャンにとっては困難の時代が始まっていました。彼らに求められたことは、最後まで耐え忍ぶこと、そして、福音を証すること、その時、聖霊が語ることを教えるので、主に信頼をしていることでした。
131437
この後、イエス様は、再臨について語り始めます。なんと遠い未来まで見通して、主は私たちに語られていることでしょうか。
31節がキーワードです。この天地は滅びます。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。
まだ先のことだからと私たちはこの言葉に心を止めなくて良いのでしょうか。
私たちは、目の前にある素晴らしいこと、栄華に目を奪われています。目の前に起きる様々な困難に目を奪われ、心を騒がしてしまいます。この天地は滅びると言われたイエス様の言葉のほうが、真実なのに、普通に生活しているとイエス様の言葉のほうが絵空事のように聞こえてしまいます。このような私たちであるからこそ、今日再びマルコ13章に聞く必要があるのです。
34節には、しもべと門番の2種類の人物のたとえがあります。
しもべに対しては、それぞれの仕事が割り当てられ、その責任を果たすことが求められています。
門番に対しては、いつ主人が帰ってきてもすぐに迎え入れることができるように目を覚ましていることが求められています。
私たち一人一人、主のしもべとして、主人の帰りを待ち望みながら、主人より与えられた仕事の責任を誠実に果たしていきたいと思います。
2018.5.26 片瀬山集会

この記事に

開く コメント(0)

1:マルコ1328節から34

「神を愛することは、隣人への愛の行いと結びつく」

29節、30節 あなたの神である主を愛せよ。
あなたの神とは誰か?まずこの問いに対してどのように答えるかが大切です。私の神は、ナザレのイエスであると告白することができているか。ゾロアスターの神ではなく、エホバの証人の神ではなく、私の神はナザレのイエスであると告白することができているか?
あなたの主人となっている神は誰であるのか?
イエス様を愛するならば、イエス様の愛が心の中に流れてくるはずです。それは、兄弟姉妹、隣人への愛へと広がります。しかし、ナザレのイエス以外があなたの神であるならば、それは、偶像の神であり、その心にキリストの愛は流れてきません。それは、破壊であり、嫉妬であり、不品行であり、他者への愛は現れません。
まことの神を愛することは、隣人を愛する愛のもといです。
 
復活されたイエス様はペテロに向かって私を愛するかと訪ねられました。漠然と神を愛するか?と問われたのではなく、目の前にいるこのイエス、私を愛するかと問われました。そして、このイエスを神として、心を尽くして愛するかと尋ねられました。そして、ペテロの告白は、そのまま“私の羊を養いなさい”という愛に結びついていった。
 
238節から44
「宗教的偽善に気をつける」
「小さなことに主の愛を込めて」
「神は人の心を見ておられる」
Ⅰサムエル16:7 「人はうわべを見るが、主は心を見る」
イザヤ5715「心砕かれて、へりくだった人とともに住む」
Ⅱ歴代誌169「主はその御目をもってあまねく全地を見渡し、その心がご自分と全く一つになっている人々に御力をあらわしてくださるのです」
マラキ316節から18節「主は耳を傾けて、これを聞かれた。主を恐れ、主の御名を尊ぶ者たちのために、主の前で記憶の書がしるされた」
 
もとより、神は霊であって、人の心の姿勢を見ておられる方であります。信仰というのも形式ではなく、行為ではなく、その人の神に対する心のあり方である。人への見栄や飾りや人からの誉れではない。
しかし、神への愛はその人の行いに現れてくる。
イエス様は宮の中で献金を捧げる人々を見つめていた。金持ちは、わざと見えるように、お大金を献金箱に投げ入れていた。周囲の人々も彼らのことを気にし、どれだけ入れるかと見つめ、お金持ち同士の献金額を陰で競っていたのではいか。一方、貧しいやもめには、人々は全く気にもとめず、何の期待もかけず、やもめが献金箱に近づいていったことさえも気がつかなかったかもしれない。しかし、イエス様は目をとめていた。やもめはそして、大切な生活費を投げ入れた。人々は全く目にとめなかったが、イエス様はやもめの行為の奥にある心の姿勢・動機を見ておられた。
    イエス様は人の行いのもとにある動機、神様に対する、を見ておられる
    愛するという行為は、目に見える形の大きさには比例しない。小さなことに主の愛を込める。
参考:Ⅰ歴代誌11:1925
2018.428 片瀬山集会

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事