主イエス・キリスト・御言葉の黙想

み言葉が開けると光を放って、無学な者に知恵を与えます。詩篇119:130
1:マルコ1328節から34

「神を愛することは、隣人への愛の行いと結びつく」

29節、30節 あなたの神である主を愛せよ。
あなたの神とは誰か?まずこの問いに対してどのように答えるかが大切です。私の神は、ナザレのイエスであると告白することができているか。ゾロアスターの神ではなく、エホバの証人の神ではなく、私の神はナザレのイエスであると告白することができているか?
あなたの主人となっている神は誰であるのか?
イエス様を愛するならば、イエス様の愛が心の中に流れてくるはずです。それは、兄弟姉妹、隣人への愛へと広がります。しかし、ナザレのイエス以外があなたの神であるならば、それは、偶像の神であり、その心にキリストの愛は流れてきません。それは、破壊であり、嫉妬であり、不品行であり、他者への愛は現れません。
まことの神を愛することは、隣人を愛する愛のもといです。
 
復活されたイエス様はペテロに向かって私を愛するかと訪ねられました。漠然と神を愛するか?と問われたのではなく、目の前にいるこのイエス、私を愛するかと問われました。そして、このイエスを神として、心を尽くして愛するかと尋ねられました。そして、ペテロの告白は、そのまま“私の羊を養いなさい”という愛に結びついていった。
 
238節から44
「宗教的偽善に気をつける」
「小さなことに主の愛を込めて」
「神は人の心を見ておられる」
Ⅰサムエル16:7 「人はうわべを見るが、主は心を見る」
イザヤ5715「心砕かれて、へりくだった人とともに住む」
Ⅱ歴代誌169「主はその御目をもってあまねく全地を見渡し、その心がご自分と全く一つになっている人々に御力をあらわしてくださるのです」
マラキ316節から18節「主は耳を傾けて、これを聞かれた。主を恐れ、主の御名を尊ぶ者たちのために、主の前で記憶の書がしるされた」
 
もとより、神は霊であって、人の心の姿勢を見ておられる方であります。信仰というのも形式ではなく、行為ではなく、その人の神に対する心のあり方である。人への見栄や飾りや人からの誉れではない。
しかし、神への愛はその人の行いに現れてくる。
イエス様は宮の中で献金を捧げる人々を見つめていた。金持ちは、わざと見えるように、お大金を献金箱に投げ入れていた。周囲の人々も彼らのことを気にし、どれだけ入れるかと見つめ、お金持ち同士の献金額を陰で競っていたのではいか。一方、貧しいやもめには、人々は全く気にもとめず、何の期待もかけず、やもめが献金箱に近づいていったことさえも気がつかなかったかもしれない。しかし、イエス様は目をとめていた。やもめはそして、大切な生活費を投げ入れた。人々は全く目にとめなかったが、イエス様はやもめの行為の奥にある心の姿勢・動機を見ておられた。
    イエス様は人の行いのもとにある動機、神様に対する、を見ておられる
    愛するという行為は、目に見える形の大きさには比例しない。小さなことに主の愛を込める。
参考:Ⅰ歴代誌11:1925
2018.428 片瀬山集会

この記事に

開く コメント(0)

死への備え

死への備え。ヨハネ13章1節から36節

イエス様はこの世を去り、父のみもとへ行く自分の時が来たことを悟られると、主はご自身の愛を残ることなく弟子たちに示されました。イエス様の愛の行いは私たちの生きる希望となりました。私たちも、やがて父なる神の御許に召されます。イエス様の愛の行いは、私たちも死を前にしたとき、愛する者とどのように向かい合っていけばよいのかを教えてくれる気がいたします。
131 神の時を知る
イエス様は、ご自分が父のみもとにゆくことをはっきりと自覚し、そのことが弟子たちとの最後の交わりを有意義にするきっかけとなりました。イエス様がご自分の時を知ったとき、イエス様の弟子に対する愛の想いはさらに強くされたと想います。
133 自分の死後についての所在をはっきりと知る。
イエス様は、弟子たちにご自分がどれだけ弟子たちを愛していたかを示す為の時間を十分にとりました。人は時間的存在です。自分の過去と現在と未来のつながりを必要としています・ですから、自分がこれからどこへ向かってゆくのかということを知ることは生の充実につながります。
135 愛する者と関わりを持つ
イエス様は弟子への愛を示すため、自ら腰を低くして、身をかがめ、弟子の汚れた足を洗い始めました。イエス様の方から、わざわざ関わりを持たれました。最後まで関わりを持とうとされたイエス様。イエス様は愛する弟子たちに近寄り、足を洗い始められた。イエス様から関係を持たれた。愛する者と関わりを持つことが生を生きることになります。
13:8 相手の善意を受け入れる。相手のしたいことを認める。
イエス様のされることを止めようとしたペテロであるが、主は洗い続けた。イエス様はそのようにしたかったから。逝く人が何をしたいのか、その願いをできるだけ素直に受け止め、行える環境を作ることも大切かと思います。
13:12〜愛する者に真正面から向かい合う。伝えたいことを伝える。話を受け止める。
イエス様は、遺言として、弟子たちに語り始めた。逝くもの話を受け止めてゆくことが大切。
お互いに家族が向かい合い、真実を語り合うという場を持つということは大切なことではないでしょうか。
13:14から17 愛するものとの和解の場を持つこと。
イエス様は、足を洗うことの意味、願いについて、弟子たちに解き明かし、理解を促しました。このように、死への備えは、お互いの誤解を解く時でもあるかと思います、そして、家族との和解のために時間を設けるということ。
13:31  死は敗北の時ではなく、神の栄光を受けるとき。死も、神の恵みの時である。
死そのものに対する、理解をもちたいと思います。キリスト者にとって、死は敗北ではなく、神の栄光、めぐみを現す場であります。死も神の恵みの一つなのです。死は復活への、永遠の生への入り口です。このことを、家族で確認しあうことができれば、お互いの慰めとなります。
13:34から35 家族の和解を促すとき。
イエス様の最大の願いは、弟子たちが愛し合う関係を持つことでした。家族の関係を修復するために、最後の時をもちたいものです。
13:36  死後の希望について確認する。残された者への慰め。
死は終わりではないということは、逝く者、残される者の両者にとっての希望です。私たちには天に住まいが用意されています。死後の再会について確認しあうことは、お互いの希望です。
2018.4.22,29 茅ヶ崎、中野集会

この記事に

開く コメント(0)

私たちはどこから救い出されたのか?

まず、人に対する理解の大前提として、人は霊であり、霊の上に物質の肉体を着せられています。心も肉体に入ります。霊(魂)と心と肉体からなっています。

1:私たちの救いとは、人の霊の救いです。

2:私たちは救われる前は、すなわち、イエス様を信じる前は、罪過と罪の中に死んでいた者であり、
不従順の子らの中に働いている霊に従っていました。
つまり、悪霊の支配下にあり、悪霊に捕われていたのです。
あなたがたは自分の罪過と罪との中に死んでいた者であって、そのころは、それらの罪の中にあってこの世の流れに従い、空中の権威を持つ支配者として今も不従順の子らの中に働いている霊に従って歩んでいました。エペソ2章1,2節

3:私たちの救いとは悪霊に捕われていた魂が救われること、それは、悪魔の支配の下で悪魔の奴隷となっていた魂が神の支配の下に移されることです。
神は、私たちを暗闇の圧政から救い出して、愛する御子のご支配の中に移して下さいました。コロサイ1章13節

4:将来においてさばかれないというこも救いですが、時間的な水平面だけでなく、垂直的に悪魔の支配から神の支配に移されることこそ救われることの本質です。すくいは垂直的なものです。
クリスチャンの中にあっても、イエス様を信じていても、自分が一体どこから救われたかを知らない方も多いのではないでしょうか。
字違いますが、金魚すくい、ドジョウすくいのイメージはわかりやすいと思います。泥の中から、ざるで掬い上げられる。汚れた迷いの霊の世界、死の恐怖の奴隷の世界から、清い聖霊の世界に救い揚げて下さった方がイエス様です。
一生涯死の恐怖につながれて奴隷となっていた人々を解放してくださるためでした。ヘブル2章15節

5:上記のみことばを把握した上で、エペソ書4章8節から9節を理解することができます。
イエス様が救いの御業を十字架上で完成されてから、霊において捕われていた私の魂を救うために、解放するといったほうがいいかもしれません、悪魔の支配する霊界(よみ)にまで降り、引き上げて下さり、すなわち、キリストの復活と共に死んでいた私たちの霊もよみがえり、キリストが天に引き上げられたように、キリストと共に天にまで引き上げられ、キリストと共に神の子としての身分を与えられ、さらに神の子として生きるために、教会(キリストのからだ)の働きに従事するための賜物を分け与えて下さったのです。
そこで、こう言われています。「高いところに上られたとき、彼は多くの捕虜を引き連れ、人々に賜物を分け与えられた。」 この「上られた」ということばは、彼がまず地の低い所に下られた、ということでなくて何でしょう。この下られた方自身が、すべてのものを満たすために、もろもろの天よりも高く上げられた方なのです。エペソ4章8,9節
6:このことを知って1ペテロ3:18から20節を理解できます。
旧約聖書の出来事はすべて新約時代の予表です。
第一ペテロ3章19節は、生きている間に福音を信じなかった人が死後に再び救われるがチャンスあると言っているわけではありません。
悪霊捕われていた私たちの霊救うために、十字架で罪の購いを成し遂げられた後、地低いところ(悪霊の支配下)にまで降りて下さって救われる私たちの霊を引き上げて下さったのです。
20節に記されていることは、ノアの時代にしたがなかった霊のところに行き宣教しましたが、その結果救われたのは、ノアの家族だけだったということがのべられています。イエス様が命じられた福音宣教の命令は、「信じてバプテスマを受ける者は救われます。信じない者は罪に定められます」マルコ16章16節と信じる者と信じない者の両者に対する約束が同時並行で語られています。
従わなかった霊に対しては、滅びの宣告となり、信じた人の霊に対しては救いの宣告となったことが第一ペテロ3章19,20節の意味です。
私たちもかつては悪霊の支配下に閉じ込められていましたが、あらかじめ救いに定められていたゆえに、宣教の言葉によって救いあげられたのです。何と驚くべき感謝なことでしょうか。

あなたがたが救われたのはただ恵みによるのです。キリストイエスにおいて、ともによみがえらせ、ともに天の所にすわらせてくださいました。エペソ2章5,6節


茅ヶ崎集会 2018.4.8


この記事に

開く コメント(0)

何ということをしたのか


このようなわけで、一人の人によって罪が世に入り、罪によって死が入り込んだように、死はすべての人に及んだのです。ロマ5:12
エバが、たとえ蛇にだまされたとしても、アダムに善悪を知る木の実を与えてしまった行為は、永遠の命を失ってしまうという取り返しのつかない過ちとなってしまいました。彼らは自分たちが何をしでかしたのか事の重大さに気が付きもしませんでした。しかし神様は、一瞬のうちに、全人類に及ぶ苦難と悲しみの歴史をご覧になりました。
『何ということをしたのか。』エバに対する神様の深い嘆きの声が聞こえてきます。罪を犯した人は、罪の結果として苦しみの道を歩み、そして罪の責任として、神の公平な裁きのうちに、滅びなければならない。彼らの将来を思って激しく心は痛み、憐れみの情でいっぱいになったことでしょう。一方、エバをだました蛇に対しては『何ということをしたのか』と激しい怒りを覚え、すぐさま呪いを宣言されました。なぜなら神は、神に従う自由意思を人に与えてエデンの園を任されましたが、蛇は狡猾な悪知恵でその自由意志を逆手にとり、神に背かせたからです。 
 神はこのキリストを立て、その血によって信じる者のために罪を償う供え物となさいました。ロマ3:25
このとき、神様は一つの大きな決断をされました。『私が彼らを造ったのだから、彼らの罪の責任は、私自らが背負おう。私の言であるキリストに人の姿をとらせて世に送り、人の罪を彼に負わせよう』。と。
 イエスとなったキリストは父なる神様の深い憐れみの心と一つとなっていました。それゆえ、イエス様はただ父なる神様の御心を成し遂げるためだけに、一心にその生涯を歩まれました。それは、十字架の上で人の罪を背負うための道でした。
わたしと父は一つである。ヨハネ10:30
イエス様は父なる神様そのものです。イエス様が父なる神と一体であるように、父なる神もイエス様と一体でした。
父なる神が、自身は犠牲を払わずに子なるキリストを罰したのではありません。父なる神自らが、人の姿をとり、人の罪を負われたのです。それは神ご自身が人として痛みを負うということでした。そして、人には本来背負うべき罪の罰を免れさせたのです。
   ああ、神の富と知恵と知識のなんと深いことか。だれが神の定めを究め尽くし、神の道を理解し尽くせよう。ロマ11:33
 『何ということをしたのか』という神の嘆きから始まった人の罪の歴史も、イエス様の十字架を見上げるとき、何という素晴らしいことをして下さったのかという感嘆の声に変わります。失敗をして落ち込むことがあっても、自分に失望するときがあっても、主イエス様の十字架を見上げ、嘆きを喜びに変えて下さる神に感謝し、新しい一日を歩みたいと思います。
茅ヶ崎集会2018.2.18

この記事に

開く コメント(0)

神様からの召命。予期せぬ出来事を受け入れていく

マリアにとって、受胎告知は全く予期せぬ出来事でした。
しかし、マリアはその告知を拒否することなく、神から発したことであるならば、素直に受け入れますと従順に従う道を選ばれました。

私にも時々、まったく思いがけない予期せぬことが起こります。そのような時には、これは、神様からの知らせではないかと思い巡らすようになってきています。

思いがけないからこそ、(言い換えれば、自分の想定内のことは自分で対処できる、)
神様からの知らせであり、そこになにか恵みが隠されているのではないかと立ち止まって考えてみる。

あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。ルカ1章31節

身ごもるとは女性の体に変化が生じてくること。今までになかった変化を受け入れていくことを、子を産むすべての妊婦は受け入れていかなければならない。
神様からの召命を受け入れていくということは、
そのために、まず自分自身に変化が生じていくことを受け入れていかなければならいということ。
自分自身の考え方や、感じ方や、振る舞い方、自分の内側に生じてくる変化に耳を傾け、その変化していく自分を慈しんでいかなければならない。

御使いは、男の子を産んだならその子をイエスと名付けるように命じられた。
マリアは神の御心のままに、イエスを宿すことを受け入れ、産まれると命じられたとおりにその名をイエスと名付けた。イエスとは、主は我らと共にいますという意味であることを私たちは聞いている。

つまり、変化を受け入れた結果、神様の用意された新しい世界、新しい命が産み出されることになるが、その新しい世界は、’インマニュエル’神、我と共にいますという名をつけることのできる世界なのである。


『マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。』ルカ1章30節

マリアは、その名がイエスであることを御使いから聞いたとき、不安の中にも希望を見いだし、恐れないで子を産もうと信仰を抱いたのではないでしょうか。
予期せぬ、思いがけない出来事により、自分自身が変化させざるを得ないとしても、そのこと自体恐れるものではなく、恵みであり、変化の過程の中にも神の恵みがあり、新しく産まれた、新しい世界は、主が共におられることを信じていく。

『聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む』ルカ1章35節

この変化を進めていくのは、自分の力ではなく、聖霊による。いと高き方の力が私を包むことによって成し遂げられていく。

思いがけない出来事が私たちの前に開かれることがあるとき、自分の想定とは違うとすぐに拒否してしまうのではなく、そこに神様からのなにか新しい召しが隠されているのではないかとふと立ち止まって考えてみる。自分が変わらなければならない不安感もあるかもしれない。しかし、その変化の先には、イエスという名、つまり神が我らとともにいますという世界が広がっているということを信じることができるなら、その変化に身を委ねることもできるのではないでしょうか。

2017.12.10 茅ヶ崎集会

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事