全体表示

[ リスト ]

May 10, we all driving up to North to visit our frined potters Fare.
First stopping at Guillermo Cuielra and meet Simon Levin ~~~
and visitng around 7 other potters studio in the area.
 
イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6
 
5月10日から開かれた、ミネソタ州、セント・ポールに近いところには、益子の浜田庄司、
また、英国のバーナード・リーチと交流のあった、アメリカ人陶芸作家・ウォレン・マッケンジー
(88歳)が工房を持ち、彼の弟子たちが、この近辺に工房を開いて、活躍。
毎年、このポッタリー・ツアーを開いています。
益子参考会館で数年前、このマッケンジーの作品紹介の時、今回訪ねたお弟子達の
作品も紹介されました。 この中でも、私は一緒にサイモン・ラビンの穴窯を焚いた、
ギルモア・クエラさんはベネズエラの出身、それ以来、仲良し。 サイモン・ラビンは今のアメリカ陶芸界でも、
認められた、新進の作家。他には、英国のセント・アイヴィスにも度々、訪れるジョン・エストレックなど、
素晴らしい作家が多く活動しているところ、
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

ミネソタでそういうツアーがあるのですね。
ウォレン・マッケンジーの作品の一部をネットで拝見しました。
渋くてすてきです。

高校時代からのPFがミネソタ出身で、
いまはノースダコダにいるのです。
いつか会いたいPFも、ポッタリーツアーも参加したいけど
その前に忘却の彼方の英語ですね。(^_^;)

2012/9/24(月) 午後 10:09 [ wan*o*ko*oko*o ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事