全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
This 2011, I am running around to Wood fire circuit! like a Wood fire Gypsy!
Since April of this year, I really enjoy this hard labor Wood firing work. My result,
some were acceptable, but most of my work, need to lean more~~about Wood firing.
 
I did fire with Ken Bechell of Iowa , and David Smith from Madison , Wisconsin and
great opportunity to fire with Simon Levin. ,, What an experience I had, and learn a lot
from, especially, I wanted to get " FIRE COMET" on my work. which I have never
successes in past !  I thought may be my CLAY ?, NO! it was juts how you placed
work in a Kiln. Simon Leven is the most aspiring Ceramic artist in America , today.
2011年、春からまるで、薪窯焚きのジプシーのように、機会があると、出かけていたので、
落ち着かない日が続きました、
まず、ケン・ビッセル(アイオワ)、デヴィッド・スミス(マデソン)と4月から穴窯焼成、
自分の窯では、毎年、塩釉焼成、これらを含めて、最高の機会は、今、アメリカの陶芸界で
新進アーテストのサイモン・ラビンさんに招かれて、他の彼の親しい仲間、ジャステン・ランバートさん、
と、ギルモア・クエラさん、ジャステン・ランバートさんは、フロリダで活躍、
ギルモア・クエラさんは、ミネソタで活躍、
 
両者、アメリカの陶芸世界でも活躍している作家と一緒に過ごせた時間は
とても、有益でした、、
 
望みの”FIRE COMETs”        
イメージ 1  イメージ 2 イメージ 3
1週間、お世話になった、研修生のお家の庭で取った、アップル、
こんな形で飾ってみました、
イメージ 4   
 

Lazy Summer, 怠けてる〜

Already SUMMER of  2011 ,
This year, since May, running around with SALT/ANAGAMA wood firing for
the last 3 month.  Now I am ready to go again, Gypsies Wood firing !
 
Since my class @ Harper is in vacation session, so putting around in my studio,,
Then, before the class was over, try to fix one of student's works with Japanese
fusion technique " KINTUGI",, This Poison Ivy tree sap act like a Epoxy but
must to be careful. cause a rush all over~~, ending up at Hospital emergency IV.
 
2011年、夏、今年は5月から、塩・穴窯焼成と走り回って、来週から
また、サイモン・ラビンの招きで、彼のウイスコンシン工房の穴窯焼成に
参加の予定。
 
その間、ハーパーのクラスは夏季休暇に入ったので、怠けながらっも、
我がスタジオで、物つくり、、、
 
10月にガレナのプロ・陶芸作家達グループに招かれて、
ガレナスタジオ・ツアー(陶器市)に参加することに〜〜〜。
アートフェアえの参加は苦手!しかし、招かれた以上は断れず。。。
なんとか、3日間、参加してみる?
 
バッドニュース、今年も、”Stricktly Functional"コンペに落選!これで、
4年、、凄いプロばかりの出展、私のアマチュアが入選なんて、
考えられないけど、、チャレンジ!
 
問題は、自分の作品、創造性の方向が定まって無いから、
まるで、作品は技が進むにつれ、範囲が広がって、充実性に
欠けてきてる、、本心は”アートフォーム”を好む私が、
一般食器に手を出して楽しんでいるから、、
 
最近の作品、ゴルフトーナメントのトロフィー作品(未完成)
イメージ 1 イメージ 2  イメージ 3
 
work with Porcelain clay and inlay black dots. Compellation looks like oneof test work...イメージ 4
私のスタイルとは、異なってるけど、
これも、面白い〜〜?
 
 
 
 
 
Continue---, My work from May Salt firing.
  ブルー化粧土、磁土 ( Blue slip)                                          タタラ板の皿、志野・化粧土装飾   
  イメージ 4     イメージ 3  イメージ 5      
A lot more to learn about SALT firing.  Cleanup  work !
今後の課題は沢山、出てきました。      窯場の大掃除,
イメージ 6 イメージ 1 イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
I forgot about, my April ANAGAMA-firing with my colleague and
will up loading next.
 
4月にも、穴窯を焚いたの、忘れてました、、今年は、毎月、陶芸仲間からの招待があり、
あちら、こちらと、日程が追いかけてきます。次回には、4月の穴窯の作品を紹介します。
余り、多くはないですが、満足な結果、
それと、また、7月には、同じ、窯で仲間と一緒に焼く約束ができてます。
 
作品に花を入れてみました。
イメージ 1 イメージ 2  イメージ 3  
 
同じく、今回も、磁器を焼いて見ましたが、とても、綺麗に仕上がりました、これも、化粧土の装飾だけでしたが、
還元で、白青磁に似た感じに焼けました。
 
イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6
 
まだ、工房には、未完成の作品が箱に詰まってます、、それと、施釉をしなとイケナイ、
作品も箱に詰まってます。私は棚には置いてはいません、紙で包んで、大きなプラスチックの
箱に詰めて保管します。棚に置く時は、全て作品はプラスチックの袋に入れてます。
 
それと、大きな作品はシャワーキャップを被せて、埃を避けます。100円ショップで買う、
 
イメージ 7
今日はこれで、
 
  
 
      
 Beginning of 2011, I have been very lazy ,,, just planning about what to do.
Anyway, starting just working on my creation ! prepare for May Salt firing.
We did good firing. Only,,,went something wrong----was never expected fast temperature rise. For many years, we fired this Kiln, never,never, well for raising its temperature. 
   イメージ 1  イメージ 2  イメージ 3
 
合計、35時間で、1300℃になり、期待してない調子の良さに便乗、
塩の投入など、スムーズに完了。ところが、仲間に一人が、
コーンの11が曲がるまでと〜〜、頑張ってのには、誰もストップを掛けず、、
私は、もう、完了したものと、判断して、窯場を離れ、翌朝、ビックリ、
こりゃ、トーストだよ!それと、今回は、塩の入れすぎ!
 
でも、経験しないと、判らない人には、作品がトーストになっても、
これが、一生のお勉強です。
 
私の作品はすべて、施釉はせず、化粧土、(スリップ装飾)このため、
釉薬が塩の量・温度の影響、受けずに完成してました。
私のドラム、太鼓シリーズ、花器。
イメージ 4 イメージ 5  イメージ 6
 
イメージ 7  イメージ 8  イメージ 9
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事