全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
A Happy New Year !  For my Winter break, did play around and work very hard on my project. Some what I am ready for the spring semester.....
I did tried a "HOTARU-TE" ancient technique from Chinese pottery, last year
made few of  HOTEARU-TE decoration, and lean some fault and way to correct it.
 
イメージ 1 イメージ 2
 
2011年を迎えて、プロジェクト作品の作陶に励みました。
昨年の夏には、”蛍て”技法を磁土で作陶、失敗も経験、結果は
今回のテストです。
 
今後も、アマチュアで頑張って、陶作を楽しんで行こうと思ってます。
In  my garage studio, I have ready to go for a Bisque in Kiln, and some of
my works are waiting to go for the 2011 Wood firing~~.
(I use a shower cap for priventing dust)
 
イメージ 3 イメージ 4 
 
ガレージ工房では、窯には素焼きの準備、棚には、今年の薪窯を待つ
作品、、、(施釉薬前の埃を防御する為、シャワーキャップ)
 
まだ、予定の作業がバックログ、”木の葉・天目”とステーブン・ヒルズの
釉薬テスト器 など、、、
 
頭の中の予定表には、作業のリストが順番を待っています。
 
 
2010 will be over very shortly,,,,,,
It was a good year and Ok for me so far working with CLAY.
Not much exciting throught the year but, FINE.
 
2010年も残り少ない〜〜、粘土と遊びながらの1年は
普通のOK って、感じだったかも〜
 
イメージ 1
 
Wish you a Happy New Year !
 

Project One - 課題の骨壷

Working on my project, Dust to Dust, ASH to ASH ? well, tried my best for this project,
the Urn.
Very experimental layered glazing, it's RUN ! Application of five layered glaze and
careful to clean up the entire bottom. A lot of work. All sizes are 7 inch - 6 inch high
5 inch diameter with lid.  Fired in Reduction     
 (You can click for enlarge)
イメージ 1  イメージ 2  イメージ 3
 (画像をクリックしてサイズを広大出来ます)
 
課題として、”アーン” 骨壷、灰から灰?最近のアメリカでも、こうして、
火葬後の灰を壷に入れて保管する傾向が出てる、そこで、この課題に
なったのだろうと、推察してるけど、〜〜
 
この釉薬はストロンチュームDを基本に、調合、重ねて施釉 して
窯の温度と化学変化を見ることが、この釉薬の特徴。
粘土は白陶土。 還元焼成 1280℃
 
この骨壷の他、大皿を同じ釉薬で仕上げて見たが、流動性のある、
装飾になり、一般食器でなく、壁に掛けるインテリアー向き。
サイズは11インチ径 磁土 還元焼成 1280℃
 (画像をクリックしてサイズを広大出来ます)
イメージ 4  イメージ 5 イメージ 6
 
I received a package from St. Ivies, Banerd Leach musium. My favorite artist
Jack Doherty 's work。 They are so lovely and soothing my feeling.
His works are fired in SODA kiln. use Corwall stone slip& Copper  for color.
 
 (画像をクリックしてサイズを広大出来ます)
イメージ 7
 
無事に届いた、セント・アイビスのバナード・リーチ工房から手に入れた、ジャック・ドーティーの作品、
この色合いがなんとも優しい、気持ちを安らげる、私の好み。
 
 
 
 
 
 
 
Visiting South west of England and more less end of the world ?
Tip of the promontory far end.. the day we visited was very stormy day, I was
Clinging to a flag post to take pictures.
May be too small to look this map but you can get an idea, where I was.
 
イメージ 6
 
地図は少々小さいが、赤線のところが、セント・アイビス。
 
イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4
They have an old theatre build by one woman on this place.
The Minack Theater's Summer Season lasts for 15 weeks, and features shows
 from Shakespeare to Opera to Musicals.
イメージ 7 イメージ 8  イメージ 9 イメージ 5
この岬、ランズ・エンドには、岸壁に屋外劇場(通称・ミナック劇場)を造った女性が居て、
1930年代から此処で、オペラ・シェクスピア劇など夏に上演して、現在も夏の間、15週間は毎夜、
催されるとか。
絶壁と海は壮大な眺め、そして、飛び込める感じで、、荒れた海など、表現出来ない。
訪ねた日は天気予報も、荒れ模様、雨が肌に痛いほど打ち当り、空と海が一緒になり、
ぶつかり合う感じでした。
  
 
 
 
After spend time at Leach Studio and met very interesting artist and find more
interesting things
I met artist, Jack Doherty at Leach Studio. He is a director of this institution.
His work is wonderful and gives me his detailed information on about work.
イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4
His work is done with Soda firing at Leach studio kiln. He published a book about
"Porcelain" All his work purpose is a Decorative art as well as a Functional.
 
http://dohertyporcelain.com/
 
リーチ工房では、アート・デレクターを勤める、ジャック ドーテーに会い、彼の作品について、
詳細な情報を教えてくれました。 彼の書いた、ポーセラン(磁器)の本は是非とも、手に入れたい。
 
彼の作品では、淡い青磁いろ、そして、ソーダー焼成のカーボン・トラップは、素晴らしい。
釉薬でなく、スリップでこの淡い青磁いろが出せるのは、感服!
勿論、この緋色も同じ効果がでている。 作品はオブジェでもあり、実用性のある器。
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事