全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
Then, way to London , stopping over in Cotswold near Oxford .
Husband & Wife artist John & Jude Jelf  studio.
 
Way to their studio              Gallery window           John & Jude                  John's YUNOMI
イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4
Jhon 's picher                Jude's sclupture picher    Jude's work                  Great ! my GUINOMI is in !
イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8
 
 コッツボルトはロンドンからも1時間半ぐらいの距離で、古いイギリスの田舎町、
オックスフォード大学にも近いので、風向明媚な町。
 
観光客が多く訪れて、町を散策するので、有名、ここに工房を持つ陶芸作家
ジョーンとジュデ・ジェフ達はバナード・リーチ工房で勉強したアーテストの
一員。 奥さんの作品は陶刻系、ご主人は伝統工芸的。
彼らの作品は著名なイギリス陶芸作家としても、本に紹介されている。
 
訪ねた折に、私の”ぐい呑み”カップを早速に彼のコレクション棚に入れてくれたのは、
嬉しいけど、恐れ多い感じ。他の作品は全て、超有名作家の物の仲間入り。 
 
 
 
After Penny Simpson's studio, we drove to Cornwall are to St. Ives.
I am always wondering why Banard Leach & Shoji Hamada found this place to set up
their Studio?  
In St Ives, one of wealthy family offered to Leach & Hamada for
the opportunity to  area for the calture development. 
Way off from London and coast of sea, they called Bristol Channel .but beautiful town.
 
St Ives is the beautiful place and in summer, many of vacationer will pack this town. 
An atmosphere is the old english town.
Just before the Land’s End. Near by found many famous names, like Plymouth
all around in this coast. The port of Plymouth has the historical meaning to American,
(Some picture are thumbnail, you can click it to enlarge) 画像をクリックして大きく出来ます 
イメージ 1 イメージ 2 イメージ 6 イメージ 7
 
イメージ 12  イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15
 
 
イメージ 8 イメージ 9  イメージ 10 イメージ 16
 
イメージ 11 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5
 
ペニー・シンプソンの工房からこのセント・アイビスまで、
古いイギリスの 風向明媚な場所、夏は避暑客で賑わうところ、町は小さく、
冬にでも、訪れる観光客が多い様子、
 
何故、こんな場所にリーチと浜田達は?
この土地の文化を奨励するために、裕福な名士が、場所を彼らに提供したそうな。
只問題は、作陶のための粘土の取得には、大変だったとか、、
この回りには、最初にアメリカに移住の為、出航した有名なポトマウス港、
もある。また、海賊達の良い、住みかでもあった、地名・ペンザントも海岸沿いに
残っている。
 
バーナード・リーチ達の工房は現在、展示会場・ミュージアムと、陶芸家を目指す
人達えの研究所になっている。
 
海岸では、潮の大引きの時は、歩いて回れるぐらいに、なっているのだが、
嵐の時には、海岸沿いの家は大波を受けるとか、、、
 
 
 
Historically in Japan , many of the Potters Kiln site are build around area contained 
good CLAY for pottery making. In England around Devon area provides this.
Visiting Clive Bowen's studio was a treat.
 
He is Apprenticed to Michael Leach at Yelland
 
A long drive of winding road running through the farm and get to his studio, middle of the
farming village.  He has several style of Wood firing kiln & stack up many sagers.
 
As he show us about his way to making his pots are imaging! He told us going around his
back yard, and dig Clay out.... Very simple work process.
All picture are thumbnail, you can click it to enlarge) 画像をクリックして広げられます 
イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4
 
歴史から見ると、日本の陶器産地は土の良い場所から発展して、イギリスでは、特別に
土に拘るところに陶芸家・陶器産地が集まるとは限らないとか、、でも、セント・アイビスのコーンウォール
から北上した、デボン地域からは良い土が取れる、、作陶する、訪ねたアーテスト、クリーブ・ボ−エンの工房は長い、細い畑の道を延々とドライブして、到着。彼の作品は牧歌的な植木壷から英国の食器類、
壁タイルなどを数個の薪窯で焼いている。
彼が言うには、裏庭から必要な粘土を掘り出して、装飾はスリップ・ウエアー(英国の古い装飾技)。
素朴な田舎の持ち味の作品が多く造られて、好まれている。
 
彼のところに行く前に、目的のセント・アイビス・バーナード・リーチ工房の紹介を抜いたので、
旅の経路からちょっと、戻る〜〜?
On the way to St. Ives, we stop at John Leach' studio and after his studio, we were at
Penny Simpson's studio.  Her work is Slip wears but originally she visited KYOTO , Japan
and fascinated Japanese Pottery in Kyoto . Her works show, Oriental flavor mixed with an
English Slip wears decoration? 
Nice of her to preapred for a hearty lunch at her home.

 
ペニー・シンプソンのウエッブ:

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3
 
セント・アイビスまでの途中、ジョン・リーチの工房訪問、その後はペニーシンプソンの工房
を訪ねました。予定に無いストップでしたが、京都で日本の陶芸に魅せられ、英国に戻ってから
英国の技、スリップ装飾を彼女なりのスタイルで、表現した作品を作ってた。
親切にも、彼女手作りのお料理・シチューのランチを頂いて、全員が温まった感じ。
 
After her studio, going to the Banard Leach' Studio in St. Ives.
この後は目的地のセント・アイビスにある、バナード・リーチの工房、ミュージアムを訪ねる。
Very short trip to UK , visiting the Banard Leach studio in St.Ives.  England.
From London approximate 3 hours drive and way off to southern coast of England .
 First stop we did at John Leach's studio in Summerset.  
He is a grand son of Banard Leach and older brother of Simon Leach.
 When we are visiting, he was working with Wood firing. but spend time with us for
demonstrating his way of Handle making. etc.
All picture are thumbnail, you can click it to enlarge) 画像をクリックして大きく出来ます 
彼のハンドル(取っ手)の技、器の削り、デモストレーション。
  イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13
His 3 chamber wood firing kiln ( 薪窯) 
イメージ 7 イメージ 8  イメージ 9 イメージ 14
His studio and Kiln, (彼の工房と薪窯サイト)          His New work (新作 品/ 炭化焼成)
 イメージ 1  イメージ 2  イメージ 3
 
ロンドンから3時間のドライブで、バナード・リーチの工房、セントアイヴィス
を訪ねる旅、短い旅でしたが、有益な訪問、まず、最初はバナード・リーチの
孫、ジョン・リーチをサマセットに訪ね、彼が窯焚きの最中でも、親しく
いろいろな話、そして、彼の技、ハンドルなどの仕上げなど、器の削りも
含めて、気を配ったお持て成しを受け、感動。
ジョンはサイモン・リーチの兄に当る人。
 
この地方で好まれる、リンゴ酒。このビンジョン・リーチの工房が造る酒ビン、 これが欲しくて、
近所の醸造所まで、、、
イメージ 4 イメージ 5  イメージ 6
The Apple cider is very well-known around this region and one of the Brewery has
 a bottle made by John Leach's studio. 
 
Next stop is: Artist name Penny Simpson on the way to St. Ives
セント・アイヴィスまでの途中に次のストップは陶芸家、ペニー・シンプソン。
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事