全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
My new challenge, cookingup since this Spring, finally made ! Base is wheel-thrown and upper part is
coil built. Fired Oxidation Cone 6, Glaze my own creation, For White looks like a snow leopard,
For Black turn in to dark chocolate and Lava effects.
イメージ 1   イメージ 2
新たなチャレンジ、この春から試して、やっと完成、ベースはロクロで挽き、上部は紐で作り、
型を形成、物凄い時間の掛かる作品。 釉薬は自己調合、白の方は、スノー・レオポルドの様に、
黒点が現れ、最高! 濃いチョコーレートは噴火流のような焼き上がり、だい満足。
これ、誰かが”キャベツ”だって。
 
For another work, from Wood firing,
Last fall firing with Simon Levin, "Draken Sake bottle" and 2010 May, Salt firing
"condiment lided Jar" & "Plate"the resoult are 100% satisfied.
他には、去年秋にサイモン・ラビンと窖窯で焼いた、”酔っ払い酒ビン”、今年の5月の
薪塩窯で焼いた、”漬物入れ”と”大鉢”
化粧土・灰・自然釉などの窯変が綺麗にでて、これも、満足100%
注:”漬物入れ”は茶器の水差しの感じ、でも、サイズは小さいのでアメリカでは、ピクルスとか入れてる。
 
イメージ 3
イメージ 4イメージ 5
 
夏休みで時間が出来たので、ブログにも投稿ができるけど、次は”蛍手”の実験、
また、磁土をテスト、透明度の高い磁土を求めて〜〜。
でも、難しい〜〜〜
明日から、先週の窖窯、窯開けに出かける、、ワクワク?結果は?
 
For Wood Firing at Adamah Wood Kiln Firing, in Wisconsin.
The weather was HOT !but the kiln site area was very country side and good  air !
 
On Sunday evening starting fire, and for 6 days firing ? Openning the Kiln on August 7th.
Well, hope to see a good result !
イメージ 1
イメージ 2
Oh, cone 6, HIKi-Dashi, Chawan,had a good result !イメージ 3
In the meantime, prepared my Objective work for a shot! all
very satisfied. Also, I have to work on pieces for the Wood fiirng
in Japan.

7月末からの窯焚き、蒸し暑い日が続いていたが、なんとか、、
作品が期待どおりに〜〜、しかし、予測には当らないことの方が多いけど、、
 
 
 
引き出し”黒”茶碗は良かった、
やっと、オブジェの写真が撮れた、これから、修整することに〜〜
また、明日から蒸し暑くなる? 9月までに送る、お友達の窯で焼く作品作りもしないと、、、、

Kind of Mess ! 混沌?

Try to mix glaze,and made @$^&(*,,,,, must test ! mixed up with Titanium Dioxide & Tin Oxice.
Well, I have to try again may be,,
Getting ready for this ANAGAMA firing and this time I love to fire a COMET marks on my paltes.
Photo:Tara Wilson
 
急ぐとろくな事にならない!釉薬を調合中、ケミカルを間違えて混合、これ、結果はテストしないと、
わからない!やり直しかも〜〜〜
 
穴窯焚きの準備、今回は大皿に流星のような緋色をつけたいので、これも、お試し、、イメージ 1
作品はタラ・ウイルソンの皿 
 
 カップの手、粘土を引き伸ばして作るのが、苦手!
面倒!しかし、全てが基本、頑張ってポーセランから
ストーンウェアーまで、ちょっと、やりすぎ?
イメージ 2
 
 
In April. I attend GAIL NICHOLS workshop lecture at Waubonsee Community Collage,
it was very resurceful and impressive work I ever seen in years.
4月にオーボンジー・コムニテー・カレッジで、遥々オーストラリアからのゲスト・アーテスト、イメージ 3
ゲイル・ニコルスの研修・講義を聴講に参加した。
 
イメージ 1イメージ 2
 
Originaly she is from Michigan, and married with an Australian , make her home in Australia for
many years. Her technique for the SODA firing, her clay contained high Alumina and Glaze
will reacting the result.  Dark shadow was created with wad contain compond of DOLOMITE.
ゲイル・ニコルスはミシガン州出身で今はオーストラリアに住んでいる。
作品はソーダー焼成で、彼女独特の釉薬、粘土はアルミナを含んだ土のため、
ソーダー焼成と釉薬が変化を起すそうで〜〜。黒い影は、目土にドロマイトを混ぜ、
緋色が黒く付くそうだ。
イメージ 4
イメージ 5
 
I got organized SALT firing result and getting on to my newest work, work with Porcelain clay, and once
with hands on, I like it.
最近の実験陶作、磁土は苦手、ところが、案外に面白い、しかし、まだ、まだ、塩焼成のほうが面白い。
 
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
With SALT firing, hard work but, it was a fun. 重労働だけど、楽しい〜〜
イメージ 3
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事