全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4

イメージ 4

Attend Steve Hills workshop, technique I learned, about Multiple Glazing.
method and single firing. GAS or ELECTRICAL.

All his glazing recipes, I collected and he is very gracious enough to
offer his techniques.

At first, I was a little puzzle to work on a green wear glazing and for drying
naturally ready to fire.

However, the result was 100% except, some of my pieces a little timid to
glazing come out like a toasted hera and there (because of glazed too thin)


ステーブンの施釉方法で頑張ってみたけど、、
ピッチャーの成型は得意では無い、それにハンドルがとても、面倒!

急須の色がとても満足、これからも急須に熱中しようかな?

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4

イメージ 4

8月にはシカゴ近郊のサンドウイッチで陶芸工房を持つ、アメリカのセラミック・マンスリー
陶芸誌にも頻繁に出る作家、ステーブン・ヒルズの研修を受けに1週間滞在。

この小さなサンドウイッチの町は同じシュガーグローブからもお隣で、トウモロコシ畑に
囲まれた、スリーピー・ターン(眠くなりそう〜な町)、町には大きな鉄道線が横切っている、
シカゴから1時間半ぐらいのドライブ。

ステーブは3年前にカンサス州から此処に移転、工房を開いて多くの研修プログラムを
紹介している、有名陶芸作家。

彼の得意な技は、彼、独特のシングル・ファイヤーリング、すなわち、生焼き、
素焼きをせずに施釉して、窯で焼成する。
施釉方法は、スプレーを使い、作品には、5種類以上の釉薬を重ねる。
焼成は弱還元、ガス窯と電気窯の両方で行っている。

彼のシグネチュアー作品はメロン・ピッチャー、
私は、彼の勧めで、スプレー用具などを揃えて、各種の釉薬を重ねて施釉する方法を
これから始めます。

中々、味の有る結果が出てもっと、試してみようかな?

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5

イメージ 5

I am attending a Harper Community College in Palatine, taking the Ceramic art class,
for some time now.
Since I owned a time sharing KILN in Galena, I offered to my Ceramic Class "Salt Firing"
this July.

Starting on the July 17 and total member of 30, a little bit too much to deal.
However, juts for new experiment for the young student,, including some matured people
too. The first, did not think so many of participants will come, but Wow,
This was very stress full to me.

Anyway, SALT firing was Ok, kind of a Summer Camping event. some are complain,
some are a happy result.

I think 2010 will be back to normal my regular colleague to Firing.


私の通うハーパー・カレッジ、陶芸科の生徒達に薪窯・塩釉焼成の経験をと、
教授からの依頼で、日程を組んで7月17日にスタート。

私はこの塩釉焼成の窯をアイオワ州に住む陶芸家たちと共有、若い生徒達に、塩釉焼成、
薪窯の醍醐味をと、、思った〜〜が、大変でした。
最初は参加者は少数?ところが最終カウントでは30人に膨れ上がって、今更〜〜
断れず、なんでも、もってこい!
窯に入らなければ、ツー・バッド!

生徒達は田舎など知らないエックス(X)ジェネレーション、テントでキャンピング!
凄かった! こっちはストレスで伸びそうになり、、

夜の星空がこんなに綺麗とはと、、感動していた生徒もいたけど、、
とにかく無事終了!

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4

イメージ 4

Lerna Meaden, she is a rising star of ceramic artist, young and very interesting
technic.

彼女の作品の紹介、
アメリカの陶芸界の新進作家、ヨーロッパの雰囲気となんとなくルネサンスを
感じさせる、作品。

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5

イメージ 5

I started sometime ago for my BLOG and technically , I am not for sure,
so all my effort was despaired.

In Jun, schedule to participating " Lerna Meaden" work shop at a Woubonsee Community
Collage in Sugar grove, Illinois.

last year, I was in Lake Tahoe, Sierra, Nevada to taking BILL Van Gliders work shop,
It was very helpful!


全部消えてしまった、ブログ、はじめに戻って、
編集と画像アップです。

6月にシカゴから西に行くと、シュガーグローブという、小さな町があり、
此処はオーロラと言う大きな地方都市の郊外に当たる町。

此処にはコミュニテーカレッジ・オーボンジーでは、著名な陶芸作家を招いて、
研修講座を開きます。

時折、私は夏休みを利用して、西海岸、レイク・タホのシエラ・ネヴァダ大学など
講習を受けに行きました。

今年は、不景気な時勢でもあり、遠くに飛ばないで、シカゴの近郊で開かれる
ワークショップに行き、6月は、若い陶芸作家、レオナ・ミーデン、Lerna Meaden、
シカゴ出身、現在はコロラド州に築窯、彼女は、ソーダー焼成が特技で、
成型はルネサンス・スタイル、細かい技の良い作品を作ります。

ただし、彼女の作品のスタイルは私のスタイルでは無い、でも、技と、ソーダー焼成の
釉薬のアップリケーションは勉強になりました。

日本には無いスタイルで、新いゼネレーション、世代のスタイルと感じてますが、、


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事